FC2ブログ

残雪の平標山・三国山

◼️日程:2021年4月3日(金)-4月4日(日)
◼️場所:元橋~(平元新道)平標山の家~(往復)平標山(小屋泊)~三角山~三国山~三国峠~(越後側)登山口
◼️メンバー:maru(単)
<行程>
4/3(土)曇り
 JR越後湯沢駅から、かぐらスキ-場へ向かうスキ-ヤ-で混む路線バスで「平標登山口」バス停へ、数人降りる。
 09:10発、平元新道登山口までの林道はトレッキングシュ-ズで、靴・板は担ぐ。登り始めて少し、雪深く兼用靴に替えるがそれほど沈まない。独りハアハアゼエゼエ、気兼ねなく息できることが、こんなに楽しいことだったか。平標山の家着11::50。登山者数名。 今回は小屋(冬季避難用)泊とする。雪が溶け随分と高くなっている2階入口への鉄梯子を上る、荷物を中に入れ、軽装で板を担ぎ平標へ向かう、上部は霧で見えない。
 登り始めて霧は更に濃く、風、山頂は雪は無し、寒いというではないが展望まったくない、数名、14:00。ヤカイ沢を下るというボーダ-は、今日の予報では晴れのはず、とぼやいている。
 長居する余裕はなく、板(テック)をセットし早速に下り始めるが、数メ-トルほどの視界、怖くて滑れない。タ-ン1回して停まり、方向確認、何とも情けない。小屋の少し上でようやく少し滑れたくらい。
 小屋の外にテント1張あるが、小屋泊は自分のみ、室内は広く整然、トイレきれいで快適。小屋の外の水場では水も取れる。  

窮屈な街を逃れて平標 呼吸(いき)することの楽しさに満ち

4/4(日)晴れ、曇り
 夜の強風は朝には治まっている、外に出ると高曇りの下に平標がよく見え、昨日「滑った」斜面がおいでをしている。今登れば気持ちよく滑れるのにと思いつつ、三国山へ向け06:10発。
 三角山(大源太山)、三国山への稜線は夏道だが、殆どはまだ雪の下、一部ササ藪、担ぐスキ-板を枝にかけるが、ほぼ雪を拾ってツボ足で行ける。三国山の南側を滑れないだろうかとの期待もあったが、雪は殆ど消え、ガラ場の木道は夏のようだ。三国峠に着き、この登山の守護に感謝、越後側へ下る。
 平標小屋上の僅か10分ほどのスキ-滑降、10時間程板(靴)担いで歩く、「山スキ-」はときにこんなもの。
 峠からの旧三国街道、広い道幅、落葉樹のこの時期は明るい。登山口でトレッキングシュ-ズに履き替え、17号線を浅貝まで歩く、10:50着。
  
古(いにしえ)の三国峠を越し人の 覚悟の思いを風に聞く

①平元新道登山口
平元新道登山口
(少し上で雪深く兼用靴に履替える、板は担ぐものです)

②平標小屋
平標山の家/冬季避難室泊
(山の上部は濃いガス、シールを濡らすと面倒で、板担ぎツボ足で平標へ) 

③平標山頂
平標山
(「・・やま」と呼ぶ人を知らない、tairappyouです、私はここで生まれました)

④濃霧の平標南面
平標「滑降」
(1回タ-ンしたら方向確認、先が見えず怖くて滑れない)

⑤朝の平標
微風の朝の穏やかな平標
(夜半は強風でした、よくある山の出来事)

⑥平標(左)・仙の倉(右)
小屋から南下し振り返る
(平標/左・仙ノ倉/右、この間の沢を滑ってみたい)

⑦三角山
三角山/大源太山
(ときにササ藪がめんどい)

⑧三国山(左奥)
三国山へ続く稜線
(残雪を拾いツボ足で進む)

⑨三国峠(右手前)と上信国境
三国山から
(右下に三国峠、遠方上信国境、待っててね近いうちに行くからね)

⑩三国山南面
三国山南面
(この斜面を滑れないかとここまで板担いできたのに)

⑪三国峠
三国峠
(古から多の偉人が越えた峠を凡人はこっそりと/左の碑にはその偉人達の名前が)

⑫旧三国街道
旧三国街道/越後側
(この街道の特にこの時期、ここを歩くだけでも充分)
スポンサーサイト



12/19-20 雁ヶ腹摺シリーズ

地図を眺めてると、ワクワクしませんか?
「わー、このマイナールート、行ってみたいわー」とか、「こんなシリーズ縦走したら、おもろいかも~」とか。
COVID-19に翻弄された2020年、不自由を逆手にとっていろいろ楽しんできましたが、今回はその総括!!
四つん這いになると腹を擦りそうなタヌキが行く、「雁ヶ腹摺シリーズ縦走」(^_^)v

imarin単独
12/19: 遅能登バス停 07:45 - 金山峠 - 姥子山 - 雁ヶ腹摺山 - 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 - 16:00 ビバーク地
12/20: ビバーク地 6:50 - 湯ノ沢峠 - ハマイバ丸 - 大谷ヶ丸 - 大鹿峠 - 笹子雁ヶ腹摺山 - 登山口 - 16:50 笹一酒造

体力低下が著しい昨今、先日の和名倉山も企画しておきながらついていくのに大変だったし、今回も歩ける気がしない・・・
途中ビバークだし、途中の水場も凍結の可能性があるし、ざっくりかつ綿密に(どっちやー?!)計画を立てて出発。単独のアドバンテージは、自分のペースで歩けること、自分が必要なだけの食料があれば良いこと(^^) 自分で決めて、判断して進む楽しさ、ちょっと思い入れのあるルートの場合、自分が真っ先にその地を踏めるのもいい。(ひとりやったら当然やろ)

大月から路線バスに揺られ、遅能登バス停で下車。
途中いくつか民宿を通り過ぎ、登山口へ。金山鉱泉はすでに廃業、建物は跡形もありません。

金山鉱泉近くにある周辺案内。右下からぐるっと上まで行って、左のはずれまで。
2020_1219_08281800_convert_20201222215115.jpg

ここからいったん沢を渡って稜線に出るのが一般的なルートのようですが、今回は沢をつめる最短距離を選択。何度も渡渉を繰り返し、ルートも不明瞭なので慣れない人にはお勧めできませんが、おかげさまで無事金山峠に到着。
ここからは案内もしっかり、ルートも明瞭。まずは、秀麗富岳十二景のひとつ、姥子山へ。

姥子山。東峰、西峰があります。
2020_1219_11140900_convert_20201222213225.jpg

姥子山からのふじさん。
2020_1219_11142000_convert_20201222213314.jpg

次は、昔の500円札(もしや、知らん人もおる??)のふじさん撮影地とされる、雁ヶ腹摺山へ。
残念ながら、眺望はイマイチ。ここで、今日初めて人類に遭遇。

旧500円札の山座同定看板。
2020_1219_12402700_convert_20201222213442.jpg

ここですでに12:40、16時には行動を終えたいので先を急ぎます。
大峠を越え黒岳の分岐、ここは大菩薩からの稜線。西風が強い!さぶい!ビバーク適地を物色しながら牛奥ノ雁ヶ腹摺山を目指します。のどかな草地のコル、でもここは風の通り道かも? その先の樹林帯でビバークすることにし、荷物をデポしてピークハント。

むこうの樹林帯がビバーク地。
2020_1219_15203700_convert_20201222214625.jpg

ふたつめ、牛奥ノ雁ヶ腹摺(^^♪
2020_1219_15415400_convert_20201222213520.jpg
2020_1219_15421200_convert_20201222213551.jpg

デポ地に戻って幕営。今回は軽さ重視かつ自立式、ヘリテージのシェルター。
サイトは多少斜めっていても気にしないのですが、今回は一部がそこそこ急傾斜で、2度もお湯をこぼしました(-_-;)
幸か不幸か気温が低かったのであっというまに凍ってしまい、大惨事は免れました(?)

ディナーは水餃子♪
2020_1219_16422700_convert_20201222215304.jpg

新調したユニクロのウルトラライトダウンのおかげもあって、それほど寒さを感じず朝を迎えました。
外気はおそらく氷点下10度くらいだったと思うのですが、結露がほとんどない!ヘリテイジ、さすがです。

2日目は6:45ごろ出発。
ここから大谷ヶ丸あたりまでは「快適な尾根歩き」と言いたいところですが、西高東低の気圧配置のもとでは、強い西風にさらされます(-_-;) 秀麗富岳十二景を6つ含む今回のルート、雪の少ないふじさんをながめ、文字通りの「白峰」に、夏の白峰南嶺を思い出しつつ・・・

2020_1220_07494300_convert_20201222214707.jpg
2020_1220_09235500_convert_20201222214741.jpg
2020_1220_13044600_convert_20201222214808.jpg

大鹿峠で、ようやく今日の行程の半分くらい?
ここからのお坊山はキツかった(-_-;) さらに笹子雁ヶ腹摺まで2時間、斜度のあるアップダウンが多く、乾燥した下りは滑るしホコリだらけ。

そしてようやく3つめ、笹子雁ヶ腹摺山。誰もおらん。
2020_1220_14433900_convert_20201222213824.jpg

もう眺望はどうでもいい、はやいとこ下りましょ、と、誇らしくホコリまみれで下山。
登山口から駅までの車道歩きが30分以上、クタクタで笹一さんをのぞいてみましたが、時間が遅いので誰もおらず、結局試飲もお買い物もせずに出てきてしまいました(^-^;
次回はリアルに笹一を目指す山行を企画しようと、密かに誓ったのでした。


晩秋の大山闇シチューといで湯の女子会

前から行ってみたかったコース ヤビツ峠~大山~七沢温泉、涼しくなったら行こうと話していて、やっと行くことに。誰かに声かけよう!とあっという間に6人集まる。
コロナ感染者がまた増加し、数人キャンセルでるかと思ったが、1人も欠けず。。
予想通りの賑やか(うるさい)、美味しい楽しい山行になりました。

IMG_0863_20201213113620188.jpg

IMG_0830.jpg

日程:2020/12/6
メンバー:yuki,imarin,kyoko,mina,kaoru,naho
大山〜唐澤峠〜広沢寺温泉 コースタイム2時間50分 標高差1127m
コースタイム:ヤビツ峠8:48ーイタツミ尾根ー大山10:13ー矢草の頭11:30ーランチタイムー唐沢峠13:18ー七沢温泉15:03

前日はお天気悪かったせいか、秦野駅のヤビツ峠行バス停は結構な人だかり。定刻7:44前にすでに臨時バスが2本出発。バス停整理係のお兄さんいわく「こちとら朝からもう200人以上運んでるんで!」いつもありがとうございます。

ヤビツ峠バス停すぐ上に小屋建設中でした。

TRIPART_1206.jpg

IMG_0822.jpg

休憩もディスタンスを取りながら、あははオホホ

DSC_0365.jpg

続きを読む

フジヤマ de スキヤキ


ふじやまとすきやき。
たいていの日本人が好きなものを一緒に楽しんだらどうなるか、という実験。
衝撃の実験結果は、文末に。

■2020/11/23 祝
■kojiro,naho,yukichi,うーさん
■毛無山:登山口~毛無山ピストン 地蔵峠は、なし

富士山の近くにある低山、と勝手に思い込んでいましたが、
いやいやいやいやいやいやいやいやいや、きつい。
山頂は1,964m 標高差1,100m ほぼ直登の急登続き。

PB230087.jpg
PB230089.jpg
PB230094.jpg
PB230099.jpg
3961.jpg


駿河湾から伊豆半島までまるみえ

nahoさんは8合目付近で強烈な足の攣りと格闘。
ほうほうの体で山頂に。3時間半。まーコースタイムですね。
PB230103.jpg
PB230102.jpg


山頂で、ぶるぶる震えながら、さみーねーと言いながら
熱燗にすきやき!
のはずでしたが

3963.jpg


無風、ぴーかんの中、どーんと富士山丸見えで
すきやき!

PB230110_202011280819099b4.jpg

いつものようにあーだこーだとあほなことを言いながら。
このシチュエーションでのすき焼きは、なんかいろいろ楽しい。

締めはうどん
3966.jpg


さんざんフジヤマスキヤキを堪能し、
「今日はこんくらいで勘弁しといたるか」と
撤収を始めると、
なんとフジヤマも「営業終了でーす」とみるみるガスの中。

PB230119.jpg

すっげータイミングでした。

PB230117.jpg
PB230112_20201128081915306.jpg
PB230114.jpg


下山はkojiro激走。あとの三人は、ひーひーえっちらおっちら下りました。

わなくらでは残らなった筋肉痛が、今回は数日残りましたぜ。

三連休最終日の中央道はおきまりの渋滞。
世田谷に帰着し、お疲れ様会で夜は更けるのであった。

実験の結果わかったこと 「めっちゃ楽しい」

うーさん


しゃかしゃか わなくら山 しゃかしゃか


きゃぴってる女子旅に続け!と、女子っぽい3人で落ち葉をしゃかしゃか踏みしめて縦走。

■imarin,kitchan,うーさん(記)
■2020/11/14-15
11/14 秩父湖-和名倉山-八百平(ビバーク)
11/15 八百平-東仙波西仙波-将監峠-前飛竜-サオラ尾根-丹波山村

kitchanのヤマレコはこちら



西武秩父駅 8:30発のバスは満員御礼2台で出発。
三峰口駅から、さらに乗客増える。

秩父湖を過ぎ、自由乗降区間で「埼玉大学 秩父山寮」の前で降ろしてもらうと、
おやまぁ、吊橋への下降点まんまえ、というすんばらしいところ。

降りたのは我々3名と登山者一名。(ちょっと頼りなさそう。大丈夫か)

秩父湖から和名倉山は点線ルート&標高差1,500m
地形図を用意し、ルートも転記し、各ポイントの標高も記入し、
高度計も合わせ、「わしら、大丈夫か?」と緊張して臨みましたが・・・
PB140002.jpg
PB140003.jpg

ピンクテープばっちりでした。危険箇所なし。

強いて言うと、「造林小屋跡」周辺と、そこからの急登ルートが不鮮明ではあります。
2020_1114_11244900.jpg
PB140017.jpg


というと、楽ちんなルートだと思われるかもしれませんが、
そこそこヘビーです。
急登−歩き難いトラバース-急登、修行が続く。しゃかしゃか

PB140028.jpg



和名倉山。
PB140030.jpg
PB140032.jpg

眺望ナッシングですが、南面に歩くと疎林の先にフジヤマ。

とても将監峠まではたどり着かんので、和名倉山から少し下った八百平でビバーク。

ツェルト横丁。
DSC_0101.jpg
DSC_0102.jpg
DSC_0103.jpg


さむいさむいとディナー。
kitchanは「あいたた」と足が攣りまくっている。激痛ウェーブを何度かやり過ごしながら、さてお開きか、と片付けを始めると、、、、
最大のウェーブが来たらしく盛大な「あいたた」が始まった。

「やってるやってる、大変そうやな」と片付けを続けていると、
「あー、だめだめ、うぉー」と様子がおかしい。
ふと見ると、完全にあおむけになってもだえているkitchan。
さすがにまずそうなので、ツムラ68番と白湯を用意。

「kitchan、いつでも飲めまっせ」と声をかけ
悶絶しながらも身体を起こして薬を飲む。。。。その直後。
「あー楽になったー」、、、、、ってほんまか。

いつぞやtaichiも同じ様に、口に含んだ瞬間「治りました!」と言って、
「こいつ、ミドリムシか!?単細胞生物か!」と思った事がありましたが。

そんなこんなで一日目は終了。
PB140043.jpg

ツェルトの中に入ると、あったかい。
夜中も全く風が吹かず、穏やかな朝を迎えられました。

PB150044.jpg
PB150046.jpg

二日目はロング。
PB150051.jpg

東仙波。 ぴーぴぴぴっぴー それはサンバ。
2020_1115_07234100.jpg
2020_1115_07560900.jpg

将監峠
PB150063.jpg



水平道を二時間歩いて、禿岩どーん
PB150068.jpg


前飛竜

サオラ尾根
PB150073.jpg
PB150079.jpg



ええかげん「もうええわ」の後に。
丹波山(たばやま)村に下り立つ。
PB150081.jpg

2020_1115_15431300_20201118202655045.jpg

DSC_0402.jpg

バスは二時間来ないので、飲んで食って。
女子たちはヘビーな縦走の余韻に浸ったのでした。



世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード