FC2ブログ
7/13-15 ベタですが、飯豊はいいで~
花を求めて、飯豊縦走へ。いくつもルートが取れますが、ピッケルや前爪アイゼンのいらない2泊3日コースを選択。案外情報が少ない山域なので、ご報告。

imarin単独
1日目: 飯豊山荘 9:25 - 梶川尾根 - 15:30 門内小屋(幕)
2日目: 門内小屋 5:40 - 北股岳 - 飯豊本山 - 14:15 切合小屋 (幕)
3日目: 切合小屋 3:55 - 三国岳 - 長坂尾根 - 8:30 川入

夜行バスで米沢入り、米坂線の始発で小国、そこからバスで飯豊山荘へ。バスの同乗者は7-8名でしたが、みなさん石転び沢経由のもよう。
梶川尾根はいきなりの急登、経年劣化の激しい身にこたえますが、梶川峰を過ぎてからは天空の花畑。そこはさながらヒメサユリロード、キスゲやイイデリンドウなどなど、疲れを忘れるひととき。
初日は門内小屋まで。テンバは2張のみ。

1日目:左上から時計回りに、門内小屋から翌日の縦走路、門内小屋のテンバ、梶川尾根の急登、梶川尾根登山口。
iide-0713

夜中にテントをたたく雨の音、出かけるころには上がったものの視界はイマイチ。でも稜線は天国。ウスユキソウ、チングルマ、シオガマ、フウロ・・・いや~、来てよかった(^^♪
北俣岳から先は雪渓のトラバースがいくつもあり、滑落の恐れがあるところは軽アイゼン使用。途中で追い抜いたワカモノ3人組は、アイゼンもストックもなしでかなりキツそう、というか危なそうでした(-_-;)
日本海側からの風が強く視界もないので、大日へ行っても面白くないでしょう、ということで切合小屋まで。

2日目:天狗の庭、飯豊本山、姥権現、御秘所付近の岩場
iide-0714

切合小屋到着からずっと霧雨、テントはびっしょり。
最終日は10:30のバスで温泉に寄るべく、4時前に出発。CTで6時間半、そこそこ長い下りです、と思いきや、下るだけではなかった・・・(-_-;) いくつかのピークや鎖場を過ぎて、ようやく長坂尾根、ここも段差の大きい下りでスピードは出せず。それでも8:30には下山。集落の水場?で靴やウェアを洗って、バスを待ちました。

3日目:剣ヶ峰付近の岩場、峰秀水、川入のキャンプ場にある登山口、長坂尾根の休憩ポイント?
iide-0715

1日の行動時間が長そうだな~と思っていましたが、最新の地図ではCTは長めに記載されており、全装で休憩しながらゆっくり歩いても8.5~9掛くらいです。

要注意箇所特集。
剣ヶ峰付近の岩場:基本的にはフリクションのきく岩ですが、歩く人が多く磨かれており濡れていると滑る箇所あり。
北股岳~本山の雪渓トラバース:滑ると東側の谷底へ・・・何か所かありますが、写真は2枚掲載。
切合小屋~三国小屋の雪渓:ここも雪渓沿いの長い登り下りあり。
iide-sekkei

花特集。ウソついてたらごめんなさい。
ハクサンフウロ、タニウツギ、ヒメサユリ・シオガマ、ヒナウスユキソウ等々
iide-hana

↓もっと見たいかたはどうぞ。
写真はこちら
続きを表示する
スポンサーサイト
日原川 唐松谷
7月13日
丸茂会長、サワラビ篠原会長、ao

平均年齢を少しは軽減可能な古ちゃんが不参加となってしまい、恐ろしく高平均メンバー構成での沢登りです。
気温10度台、水量多し、良く滑る岩、そんな言い訳で、登る気満々だった「野陣の滝」を巻き、またもや得意のリベンジ課題となりました~(泣)

P7130001_convert_20190716150207.jpg

林道1時間歩き、立派な吊り橋。渡ってすぐに入渓。


P7130006_convert_20190716150118.jpg

最初に出て来る、倒木のある淵、2ⅿ位、倒木を股に挟んでからの、このポーズで抜ける。下は激しく水が渦巻いており、落ちるとタダでは済まない雰囲気。


P7130010_convert_20190716150249.jpg

ちょっとしたゴルジェ。


P7130011_convert_20190716150326.jpg

「野陣の滝」左壁中心で登って行くらしい、ここは一段目にも寄らず、左岸巻で林道まで大高巻。もう少し小さく巻く方法もありそうだった。上の大滝もついいでに巻く。



P7130016_convert_20190716151929.jpg

シビア―な左へツリで面白いが、最後のツルツル壁が登れない。巻き上がった丸さんにお助けを出してもらい助かった。
happy wedding in いわどの ウクレレ付き
「世田谷山友会の威信を賭けて祝おうではあーりませんか。」

そんな企画が極秘で立ち上がった。
狙うは6/22。梅雨のど真ん中。絶好の祝い日和である。

■2019年6月22日(土)
■大月市 岩殿山
■tommy,yasuyo,kitchan,imarin,mina,nisshi,kyoko,
u-san,masa,kimura-san(新人)

うーさん&masaは予定していた谷川岳馬蹄形縦走を荒天断念で馳せ参じ。

9:00すぎ 大月駅ゆるゆる出発から既に雨。
西側、稚児落としから東側岩殿山に縦走し、大月駅に周回するルートデス。

うかれぽんち
IMG_6576.jpg

手前が新入会員kimura-san
IMG_6581.jpg

10:40 稚児落とし上部。
IMG_6587.jpg
IMG_6589.jpg

ちょっと降りて、稚児落としを横から。
IMG_6601.jpg


クサリ場。
模範演技
IMG-4925.png

minaさん、はまってますー ひえーたすけてー
IMG_6614.jpg

minaはシャレオツなザックカバーをしてます。
オオゼキのプライベートブランドらしい。(レジで2円でくれるやつ)
IMG_6612-001.jpg


12:40 岩殿山山頂手前の広場。
 あずま屋は先約アリ。
 30mのロープ、ツェルト、トレッキングポール、ペグ、細引き。
 これだけあれば、なんとかなる!
 近くの平らな所でタープを張る。難民キャンプの様相。
IMG_20190622_124405.jpg
でけたー
IMG_20190622_124806.jpg

 連結部はだらだら雨漏りしてますが。

ポップコーン
IMG_6621.jpg

チョリソー&獺祭
IMG_6622.jpg
シャンパン
IMG_6623.jpg

タコのアヒージョ からの
うどん
IMG_6628.jpg

うどんとくれば
ウクレレ
IMG_6632.jpg

いっきにワイキキ! 外は雨!
yasuyoのゆるゆるハワイアンが心地よし。

おっと、あずま屋が空いた。
場所を移して、
目的である「祝宴」
IMG_6634.jpg
IMG_6635.jpg


にやけてんじゃねぇ
IMG_3738.jpg

うーさんもウクレレ参戦だ!「てんとう虫のサンバ」
IMG_6648.jpg

みんな楽しそう・・・
col2.jpeg


最後は謎のきめポーズ。
IMG_6659.jpg

今宵も高尾のサイゼリアは大繁盛であった。

文責:うーさん
南秋川水系矢沢「軍刀利沢」
2019年5月25日
メンバー:,smile-k,imarin,aya.full、ao

真夏の様な天気の中、涼しさを求めて近間の沢へ。2度目の沢ですが、なかなか良い沢です。適度な滝と難しい滝には優しい巻き道が付いており、直登TRYもありで楽しめました。下山は伐採の進んだ軍刀利沢右岸尾根を下ったのですが、ここが一番の核心となりました。矢沢林道に駐車した場所にはぴったしの下山ではありました。


矢沢林道からの入渓点。この先で、伐採作業中で車は通行出来ません。

1_20190527155930ced.png



3_20190527160146381.png

4_20190527160353d8d.png

5_201905271606089ba.png



核心の下山コース!マジ怖かったわ~!

6_201905271606411f3.png

丹沢葛葉本谷(ワラジ始め)
7_201905271510250ff.png



2019年4月21日
メンバー;kyokoちゃん、sayakaちゃん、丸さん、古ちゃん、ao

4月の報告で恐縮です。「葛葉本谷」は沢を始めるならここ!と言われる位の沢で、ケンちゃんデビューにと考えていたのですが、諸事情により、主役抜きになりました。久しぶりに竹村ご夫妻も一緒してくれました。
sayakaちゃんは超久しぶりの沢行との事ですが、以前行った沢の装備は、何と足袋にワラジだったそうです!!
丸さんの時代物ハーネスと言い、ある意味、レジェンドかもしれません。


6 - コピー




8_20190527152305258.png
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ