FC2ブログ
4/5 赤岩尾根
COVID-19の脅威が音もなく近づき、外出自粛モードの週末。あれこれ検討した結果、行くことになりました。

メンバー: imarin他 妖怪2名
日窒廃墟 7:45 - 8:55 赤岩峠 - 12:30 1583mピーク - 15:15 P1 - 16:30 日窒廃墟

赤岩尾根は両神山の北西に位置する岩稜、日窒の廃屋が登山口です。
01 廃墟

登山道は一部崩れていて迷ってしまいましたが、1時間ほどで赤岩峠へ。そこからほどなく正面壁。今回は時間がないので、登攀はお預け。

正面壁。
02 正面壁

登るのはちょっと左のここかな。ブッシュで支点を取るカンジ。
03 登るのはこちらかな

と偵察を終え、左を巻きます。が、だんだん吹雪いてきてさぶい~
岩は濡れて滑るし、ヤ~なカンジ。赤岩岳を超えたあとに出てくる凹角は古いロープが張ってありますが、あてにならないので自分たちのロープを出します。一応登山道なのでテープもありますが、足元に気を取られて一つ見落とすと行き詰ることに(-_-;)
前衛峰から1583mピークの手前のコルに降りるところは懸垂。

1583mピーク。
1583P_20200412232510c07.jpg

ピーク基部まで悪いトラバース。過去の記録ではフィックスロープもあったようですが、昨年の台風で崩れたのか?核心の1583mピークも、下部にトラロープがあるのみ。すごく難しいわけではないけれど、失敗したらサヨナラなので、ロープ必須。そこから急下りで、キレット。

キレットひとまたぎ。
ひとまたぎ

ようやくお天気も回復、P4、P3、P2、そしてP1へ。

1589mのP1。
05 P1

P1直下。あっちから来ました。
06 全景

いつもの集合写真。危ないのでおふざけができない(^-^;
07 お約束

今回はコンディションが悪く、昨年の台風でやられたと思しき箇所もあり、時間がかかってしまいました。
反省点としては、ロックハンマーを携行しなかったこと!妙義ほどではないけれど、やはりザレの登り下りにはあったほうがベター。
それにしても西上州は楽しい!
妙義と違って岩も木も安定しているので、そっちのリスクは低い。これからシリーズ化しそうです(^_^)v
早く、COVID-19が収まってくれないかな・・・
スポンサーサイト



居酒屋うーさん on LINE 開店しました
だって暇なんだもん。


line_135590217110671.jpg

在宅勤務が続き、例会もなくなり、呑み会もなくなり。
じゃー流行りのオンライン呑み会やりましょう、
という事で居酒屋うーさん新装(実験)開店しました。
line_135590590901921.jpg

2020年4月10日(金) 19:30開店

店長:うーさん
お客様:kiku,naho またお前らかーい
      帰宅途中のkitchanがふらっと顔を出した。
ご予約のあったken,kazは所用によりご来店かなわず。

line_135590665946973.jpg

LINEのグループチャットでビデオ通話です。
・事前に開店案内を出します。
・開店時刻を報知して、参加者を募ります。
・新しいグループを作ります。(既存のグループでも可)
・昨日は「居酒屋うーさん」という新グループを開設しました。
・参加者が名乗り出れば、「居酒屋うーさん」に招待しておきます。
準備はここまで。
line_135591046895984.jpg

皆、家で適当に酒とつまみを用意して。時間を待ちます。
時間になると、「じゃー始めますかー」と各自でビデオ通話を開始します。
各自のスマホに参加者の映像が表示されます。テレビ電話ですね。
あとは普通にくだらない話を展開するだけ。
line_135641207026121.jpg

うーさんは、寝室にテーブルを置いて、そこでだらだらと。皆さんおもいおもいに。
顔を見ながら話せるので、まさに居酒屋感覚。普通に会話できます。
LINEのビデオ通話はいろいろアバターが付くので、それで遊んでいるだけで
脳みそが溶けていきます。
line_135641506028100.jpg

だらだらと近況報告し、夏の山行計画をぶつけあう。例会の二次会と一緒ですね。
「帰らなくていい」のが、これまたいい!


「あんなもん何がおもろいんや」と思っていましたがやってみるとなかなかはまる。
今日(4/11)はバンド仲間とやってみます。

留意点
※画像なし、音声のみでも参加できます。
※パケットを大量に消費するので、長時間の場合はwifi環境で

■一斉に話し出すとさすがにわけが分からないので、おしゃべり重視の使い方であれば
4-5名が適当でしょう。
■例会の様に、だれかがしゃべって、ほかの人が聞いている、という使い方だと10名以上でも
大丈夫でしょう。
■利用環境が各自異なるため、会としての公式運営は考えておりません。


次回はfacebookユーザでやってみますね。

3/21-22 戸倉~富士見峠
荒天予報で北からの転戦、あれこれ考えた挙句、雪崩の危険の少ない尾瀬近辺に。雪の状態が気になっていましたが、見ての通りの少なさ、これはGWまで持たないのでは・・・ 写真だけシェアしますので、ご参考まで。

メンバー: imarin他2名
3/21 スノーパーク尾瀬戸倉 10:30 - テンバ - 16:20 富士見峠 - 18:00 テンバ
3/22 テンバ 6:20 - 8:10 戸倉バス停

ゲレンデはこんな有様。
1スキー場

田代原。このあたりで日帰りスキーの人たちと多くすれ違います。
2テンバ付近

アヤメ平には、雪庇が崩れた跡が。
3アヤメ平

富士見小屋。
4富士見峠小屋

ちょっと上がって富士見田代。尾瀬ヶ原の反対側に見えるのは、景鶴?
5なんちゃら平

呑みすぎ注意!
6注意

スキーで登るには最適。でも、アルペンだと下りがあまり滑らないかも。テレマークとかウロコがいいのかな。

阿能川岳・小出俣山から谷川岳
◼️日程:2020年3月20日(金)-3月21日(土)
◼️場所:阿能川(アノガワ)岳~小出俣(オイズマタ)山~俎嵓(マナイタグラ)~谷川岳
◼️メンバー:maru(単)
<行程>
3/20(金)晴、午後風雪 朝一のJR上越線で水上駅へ、タクシーで登山口(仏岩ポケットパーク)へ、09:25発-14:20阿能川岳-15:30(小出俣山手前の鞍部)幕
3/21(日)終日晴 幕06:10発-08:20小出俣山(北端)-10:30俎嵓(マナイタグラ)-11:30オジカ沢の頭-13:20谷川岳-14:30天神平(ロープウェイ)~(バス)JR水上駅

 「何だか気になってた」山、谷川岳の西「国境稜線」オジカ沢の頭の左(南)に、その稜線から外れて緩やかに右回りにカーブした鋭い稜線をもって屹立した山「俎嵓」と、さらに南方の小出俣山・阿能川岳とを結んで残雪期に歩けると知ったのは数年前。今回、(おそらく)例年になく少ない雪、比較的締まった雪の状態で、阿能川岳から俎嵓まではノートレースの中を歩けたのはひとえに天候だったか。自分にとっては、長く起伏多く、谷川岳肩の小屋への登りは足が重かった。

 3/20(金)、水上駅からタクシー乗合いで仏岩ポケットパーク(駐車場)へ、駐車3台、同乗の若者より先に出発、その彼も同じコースで歩くと言っていたが、その後一度も会うことなく、阿能川岳までは先行者のトレースを追えた。雪は標高1,300mくらいから、昼頃から晴天は一転、風雪となり阿能川岳山頂の小さな標識には至ったものの、地形図ではその山頂から200m程戻り、90度方向を変え西へ向け下るのだが、その分岐がわからない。それでも下り始めてわずかにて風雪が弱まり、小出俣山への尾根が見えた、若干の右方向への修正で済む。ここからトレースはなく単独行の力が試される、ワカン(スノーシュー)は「嫌い」なので持ってきていない。ときどき踏み抜きあるものの膝まで潜ることは少ない。小出俣山手前の鞍部で15時、南方に「赤谷湖」を遠望する南側斜面に整地し幕地とし、雪洞を掘り始めるが時間切れ断念、テント泊。

 3/21(土)、朝から快晴、風わずか。1時間ほどで小出俣山の北端に、尾根を越え赤谷川へ下る尾根を少し下り小ピークから右(北)斜面を下り俎嵓への尾根に載り替える。俎嵓までいくつかのピークを越えるが、東側は概ね壁となっていて雪庇が発達、間際を歩くとときに踏み抜きがひどい、西側はアイゼンが効く概ね灌木、シャクナゲの緩傾斜、稜線を避けピークは巻くように進む。ただ川棚の頭から俎嵓の巻きはかなり傾斜がある、左下がりの傾斜は右利きの自分にとってはありがたいが、一度スリップし直ぐに「滑落停止」。俎嵓の巻きで、遥か上方の稜線をオジカ沢の頭から下る2人を今回初めて山中で見る。俎嵓は素直に稜線通しに行った方が良かったのかもしれない。
 俎嵓を越えオジカ沢の頭との鞍部まで来ると安心感の一方で、足が急に重くなる。オジカ沢の頭で男性一人と交差、聞けば俎嵓往復と言う。ここから見る俎嵓稜線はとても人が少なくともロープなしで歩けるとは見えないのだが。オジカ沢の頭で安心していたら、谷川岳へ向けて少し下ったあたりと小屋少し下の岩稜が頗る状態悪い、南側は雪が崩れて降りられず、北側は堅雪の急傾斜をときにはバックステップで、意外なところに難所があった。肩の小屋周りには100人もいたろうか、トマの耳までは行く。天神尾根を下れば1時間半もかからず天神平となる。
続きを表示する
秘密の花園 怪しい探検隊シリーズ
秩父 浦山谷の奥に 「秘密の花園」と言われる 福寿草の群生地がある

2020年3月20日(金祝) 快晴
tommy,masa,kiku,kyoko,saya,u-san


19夜発で魚沼方面に雪山の予定であったが、北日本荒天につき計画変更。

地形図に破線すらない秘密のルート
tommyの怪しい探検シリーズ 今回は「秘密の花園」だ
20200320大ドッケ_page-0001


IMG_4103.jpg

P3200022.jpg

西武秩父からタクシー約4,000円なり。
タクシー#1 「それはもうコロナで大変でございます」を連発するおじさん
タクシー#2 「福寿草ね。あそこはあーってこいって、沢をこうまたいで、ずずずーっと、あーでこーで・・・・・・・・・・」
        延々と口頭で道案内を続けてくれるおじさん。覚えられへんし。
P3200024.jpg

P3200025.jpg
HORIZON_0001_BURST20200320092130716_COVER.jpg

沢を左に見おろすトラバース道
DSC_0013.jpg

途中で鹿柵を間違えて「鹿」の方に迷い込む。

沢に下り、ゴーロをえっちら登る。
DSC_0016.jpg
IMG_4105.jpg

なぜか半袖の人。たぶん去年の夏から迷い続けている。
20200320_110629.jpg
おなかがすいて神妙な顔
P3200028.jpg

P3200032.jpg
P3200033.jpg
HORIZON_0001_BURST20200320114203362_COVER.jpg
IMG_20200320_114410.jpg
IMG_4112.jpg


休み休み歩いて、約3時間

突然現れるお花畑。

DSC_0019.jpg
P3200040.jpg
P3200041.jpg

圧巻の福寿草の絨毯。
P3200043.jpg
P3200046.jpg
DSC_0023.jpg
P3200050.jpg
DSC_0024.jpg
P3200051.jpg
P3200054.jpg

さっき渡った沢は三途の川だったのかもしれん。


妖精もしくは妖怪。
IMG_4129.jpg

美尻コンテスト
IMG_20200320_123842.jpg


いい人でした。
HORIZON_0001_BURST20200320124012811_COVER.jpg

12:45 腰を落ち着けておひるごはん
HORIZON_0001_BURST20200320125449923_COVER.jpg
P3200055.jpg
お昼はごった煮風おでん。おでん風ごった煮?
市販のおでんパックにこれでもかと具を足す・足す・足す。
しゅうまい、ベーコン、水餃子、わんたん、はんぺん。
なんだかよくわからない白い鍋。

IMG_4149.jpg
IMG_4151.jpg



14:10 下山開始

100mほど急登を詰め、大ドッケ
P3200062.jpg
IMG_4156.jpg


下山路はよく踏まれており、傾斜も緩やかで快調に下りる。
間に合うとは思っていなかった、16:00の最終バスが射程に入る。
急ぎつつも慎重に歩いて

15:55にバス停に到着。

浮かれる人たち。
DSC_0027.jpg
IMG_20200320_155636.jpg
P3200069.jpg

20200320_163212.jpg

西武秩父駅前で飲む。
おつまみセット\600
IMG_4157.jpg
IMG_4158.jpg



帰りは新型特急でセレブ宴会
P3200070.jpg
DSC_0032.jpg
20200320_174039.jpg

酔っ払いたちは日の暮れた池袋に降り立ち、そそくさと餃子の王将に足を運ぶのであった。



Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈