FC2ブログ
2012・8・14~18 北ア・剣岳・八峰・六峰
メンバー 島・友

8月14日夜初ー新宿
 15日=扇沢ー黒四ダムー大観峰ー室堂・・雷鳥沢・・剣御前・・剣沢雪渓・・長次郎雪渓幕場
 16日=八峰六峰Cフェース登攀
 17日=八峰六峰Aフェース登攀・・長次郎雪渓・・剣沢雪渓・・剣沢テン場
 18日=剣沢テン場・・剣御前・・雷鳥沢・・みくりが池温泉で風呂・・室堂
     室堂ー大観峰ー黒四ダムー扇沢

夏休みに北アルプス・剣岳で岩登りをしようと春先からトレーニングを積み実現の時が来た。
剣岳


新宿から夜行バスで扇沢に入り、アルペンルートで室堂に降り立つ。
ここからが実質の登山の始まりで、室堂銀座と言えるほどの観光客の多さは何時もの通り。
雷鳥平へと石の階段を下り始めたころから雨に降られ雨具を着る。
川を渡ってからが本格的な雷鳥沢の登りに大汗をかき疲れ切る頃剣御前に着く。
ここからは剣岳本峰の登山者が剣山荘に向かう者、
剣沢のテン場から本峰に向かう者に分かれ
さらには我々のように登攀者は剣沢雪渓を下る者などがいる。
剣沢の長い雪渓を下り平蔵谷目印の大岩先が源次郎尾根、
これを超えさらに下り長次郎雪渓との出会いから
今日一日で一番つらい長い登りにヘロヘロになり暗くなる前に幕営できた。
長次郎雪渓


目の前には六峰の岩場が有り、明日からの登攀意欲を掻き立てられる。
本来なら、ここからチンネ左稜線を攀じる計画だったが雪渓がずたずたで
取り付きまでの時間がかかりすぎ、八峰縦走路から池の谷乗越しで三の窓経由でも無理かも。
で、チンネは中止にして六峰のみ攀じることとする。
登攀初日は八峰六峰Cフェース剣稜会ルート。
岩場が目の前だけに状況で登り始める時間が調整でき、先行者が安全圏に上り詰めたころ
テン場で道具の装着をして取り付きに向かう。
雪渓を超えてシュルンドに入り取り付きにつく。
出だしは浸み出しでヌレヌレは厳しいがそれを過ぎれば快適に攀じれ友のリードも楽しそうである。
リードする友1

ハイライトはナイフリッジの通過で高度感もあり,楽しさ倍増は画像を見た通りで
登攀者友の笑顔と緊張感は何とも言えないであろう。
ナイフリッジ

トポでは5ピッチだが実際は6ピッチで登り頂からは雪渓の全体や剣本峰や剣の帽子など
日本離れした景色に時を忘れさせてくれる。
この場所は攀じって終わりではなく、迷路のような踏み跡を通り懸垂下降してから幕場に帰る。


登攀二日目は八峰六峰Aフェース魚津高ルート。
やはり先行者の状態から準備をして向かうがCフェースとは違い雪渓を渡り取り付ける。
1ピッチ目のチムニーの中が濡れていてヒヤヒヤもので這い上がる。
ふとハーネスを見るとヌンチャクの数が少なく、かなりのランナウトをしいられ
厳しい登攀となり胃への負担も相当なものになる。
Aフェース


友のリードにも気合が入り難なく頂へたどりつき達成感に酔いしれるが
もう来れないかもしれないと悲しそうな表情も見せていた。
下界で聞いたことだが幕場から離れる時”心の中で岩場にさよなら”を言ったとか。
この日は登攀後に幕場を引き払い剣沢のテン場に移動のため重労働が待っている。
幕場

お盆休みの後半で、天気予報も雨模様でしたが意外にもパラパラ雨ぐらいで
雨具を着込むのは初日の歩きだしだけで良かった。
登攀場所までの工程が長く毎回もう二度と来ないと思いながら帰り、
辛いトレーニングや日程調整など頑張ってくれたパートナーに感謝する。




10/29-30 横尾本谷右俣
1日目: 上高地 - 横尾 - 本谷橋 - 横尾本谷カール 幕営
2日目: 横尾本谷カール - 横尾尾根のコル - 南岳分岐 - 天狗池 - 槍沢 - 上高地

imarin、ガッコー友達と横尾本谷へ行ってきました。
てか、まだ穂高のてっぺんをどれも極めてないし、槍の穂先もまだ登ってないのに、
バリエーション好きのベテラン生徒の希望で、なぜかこんなことに。
imarinはテント&食担、お守りのアイゼンとハーネスまで携行というフル装備で、果たして無事に
行きつけるのだろうか!?


初日は良いお天気です。ということは、明日は崩れるのがお約束。
徳澤園でぜいたくに「朝定食」をいただき、冬に備えてはずされたばかりの本谷橋から
いよいよ横尾本谷へ。
ここでおニューの登山靴に履き替え、いざ遡行開始!
が、しかーし! なんと岩に霜がついており、すべる!
こりゃたまらん、と、結局、スニーカーに履き替えます。

横尾本谷遡行中。
沢沿いをいく

ボチャン!しちゃったら、その場でEnd of storyなので、巻き気味に行きます。
フル装備の上、登山靴まで背負う羽目になり、しかも滑らないようにするので足の筋力を
使いまくり。普段お世話にならないストックですが、今回は大活躍でした。

流れの最後で水を汲み、本日の幕営地、カールの底へ。

このへんで幕営。
カール

15:00ごろ到着、テント&ツェルト設営後、キムチ鍋で宴会開始!
Yちゃんは500mlテルモスに純米吟醸を、Tさんは1Lプラティパスに白ワイン、2Lプラティパスに
赤ワイン! 何しに来とんねん。どうりでザックが重かった。

翌朝は6:30出発。
YちゃんとTさんがコンパスで定めたところを目指して、ひたすらカールを登ります。
上部は斜度70-80度?岩だったり草付だったりを、えっちらおっちらコルまで約2時間。
と、思いきや、予定より東にズレてしまい、分岐まで稜線上を行きます。

結構な斜度のカール上部。
カールをのぼる

振り返るとふじさん&南ア。
ふじさんと南ア

無事分岐を過ぎて、天狗池へ下ります。
残念ながら悪天候で、逆さ槍は望めず・・・池のほとりで晴れ間を待つ人が。
本谷橋を過ぎてから、初めて会う人類でした。

雨の天狗池。
天狗池

天狗池を過ぎると30分で槍沢です。
ここから長~い下りが・・・憂鬱だけどしかたない。

槍沢に沿って。
槍沢

かなりのハイスピードで下り、横尾でスニーカーに履き替え、徳澤園で一服し、上高地着は15:45ごろでした。
いや~、40Lザックで使わないアイゼン&ハーネスは、きつかったです。
とりあえず、この重さでもなんとかバリエーションに行けるらしい、ということがわかってよかったです☆

そのほかの写真はコチラ
10/15-16 阿弥陀中央稜
ガッコーで阿弥陀中央稜へ行ってきました。
アルパインとは名ばかり、踏み跡はほぼ明瞭、稜線はしっかりした道ができていました。
冬の実習の下見といったところでしょうか。

大荒れの天気予報にもかかわらず、初日は小雨。
二俣に幕営です。
夜中はかなりの大雨でしたが、下が柔らかいし気温が高かったので、快適に眠れました。

幕営地
広河原

2日目は明け方まで雨が残っており、沢沿いを行くので明るくなってから出発。
登るうちにだんだん天気は回復。素晴らしい眺めが待っていました!

摩利支天より横岳
摩利支天より横岳

今日は出発が遅かったので、摩利支天までで下山。
気温が高いので北アは不明瞭ですが、そのほかはバッチリ。

諏訪湖まで見渡せます。下に続くのは御小屋尾根。
諏訪湖まで

下山後、阿弥陀を振り返る。
阿弥陀を振り返る

その他の写真

冬、来るのが楽しみです♪
imarinでした。
北鎌尾根より槍ケ岳 2010年9月 (水俣乗越から)
日程;9月17日~19日
メンバー;カズちゃん、ao
コース:
17日上高地5:15~大曲10:47~北鎌沢出会14;00~北鎌のコル17;14
18日北鎌のコル5;50~独標取り付き(直登ルート)7;45~独標9;12~P15レリーフ12:28~槍ケ岳取り付き13;35~槍頂上14:25

「北鎌尾根」この魅力ある名前の響き!山を目指す者としては一度は行ってみたいものだと思う。今夏西穂~槍ヶ岳を終え槍の頂上から北鎌尾根に魅了され今回の山行を計画したカズちゃんの誘いに、そろそろ「一丁上がり」の近い自分が「中〆」としてうん十年ぶりにここをやろうと思っていたのは大げさに言えば運命としか言い様がない。
どうせやるなら人のいない尾根狙いで連休前に入山。狙い通り尾根を独占する事が出来た。しかし天狗の腰掛手前のザレ場の危ないトラバースに突っ込んでしまったり、P15の子尾根を無理くり登ったりとまだまだ未熟さを露呈してしまった。全体としてはネットで書かれてるそのままだが半端無い浮石には少しびびってしまった。大きい物は机ほどのものからホールド、スタンスはすべて疑いながらの行程には消耗させらえた。ピークを出来るだけ踏む事を念頭に歩いていたのだがピークの先がどう見ても切れ落ちているふうに見えていても先まで行って見ると簡単に降りれたり逆に本当に切れ落ちていたりとカズちゃんと二人で行ったり来たりで本当に面白かった!?巻き道は結構踏まれており尾根ルートは風化が進み、全体の印象としては夏季の縦走路としては終焉を向かえつつあるような印象を持った。総論として、天候の好し悪し、信頼出来るパートナーの有無、山そのものの経験値の高さ(危機管理の高さ)などが必須の尾根なのだろう。尾根における遭難のほとんどが単独行である。ルー・ファイを間違えて、戻るのも面倒と「行け行け」で突っ込んで行く!結果事故る、それを初歩的ミスと人は言うだろう!でもそれは行って見るとよく分かる!そんな尾根なのだ。相方に感謝!ao


天狗の腰掛より独標を差すカズちゃん

P9180039_convert_20100920192927.jpg



独標頂上より槍ケ岳遠望(北鎌尾根が続く)

P9180051_convert_20100920192337.jpg

その他の写真は下記クリック
写真

独標360度動画(byカズ)
動画1

槍頂上直下第2チムニー動画(byアオ)
動画2


源次郎尾根より剱岳
<源次郎尾根二峰
源冶郎尾根第二峰

2009年9月19日〜21日
メンバー:ao,カズ
19日 扇沢〜室堂〜剣沢キャンプ場(設営後出会いまで偵察)
20日 キャンプ場4:00〜源次郎尾根出会い5:00〜一峰7;40〜二峰8;45〜剱岳頂上10;45〜別山尾根下山〜キャンプ場
21日 キャンプ場〜別山〜真砂岳〜富士ノ折立〜雄山〜室堂

沼ちゃんのリクエストで剱岳源冶郎尾根に行く事になった。不安なので助っ人にカズちゃんを頼んで3人で行く事にした、が出発当夜なんと沼ちゃんが発熱(多分知恵熱か?)男二人で実行する事になったのだが。
続きを表示する
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈