FC2ブログ
5/18-19 なんだいまさら奥穂かよ!
はい、すみません。4度目の涸沢から、縁のなかった奥穂へ弾丸登山してきました。

imarin単独
5/18: 上高地 5:20 - 横尾 - 11:15 涸沢 幕
5/19: 涸沢 4:30 - 奥穂 - 9:50 涸沢 10:35 - 横尾 - 15:50 上高地

そこまでの思い入れがないので、どうも混んでる時期は足が向かない。ということで急遽、すいてるこの時期に行くことに。注意すべきは雪崩と落石と滑落、危険回避のため観察と想像力を駆使するのに、単独はいい機会です。

5/18、本谷橋はまだ未開通。本谷左俣を詰めて涸沢へ。
早く着いてもやることないし、北穂往復しちゃう??なんて10%くらい考えていましたが、涸沢が近づくにつれ、吸い込まれるようにルービーの待つ涸沢ヒュッテへ。一杯やってうたたねし、クレーターのように穴だらけのテンバへ。この日は20張ほど。翌日のルート偵察の後はまったり。

5/18。あの岩、わたしではありません。(わかるひとにはわかる)
518.jpg

翌朝は明るくなる4:30出発。ザイテンの右脇を登りますが、雪の急登は飽きるし苦手。穂高岳山荘まで2時間以上かかってしまいました。軽くおなかに入れてから山頂へ。2人パーティ一組のほかは誰もおらず。やっぱこの時期に来て正解!ようやく到達したわりにはそれほどの感動もなく、ようやく宿題を終えた気分(^_^;) 360度の絶景を堪能したら、とっとと下山です。

5/19。
519.jpg

涸沢に戻ると、某雑誌の取材が。いつもKindle読み放題でお世話になっているので、軽めに応じておきました。来年の4月号に載るかも?

下りは本谷橋への道が開通。何度か雪崩の轟音を聞きつつ横尾へ。ここで冬支度を解き、靴も履き替え荷物が重く。覚悟はしていたけれど、ここからの上高地はキツかった~(>_<) 
スポンサーサイト



GW涸沢合宿(北穂・奥穂)
gakuちゃん企画第一弾(春バージョン)!
涸沢合宿のはじまりです。

◆日程
2019年5月2日(木)~5月5日(日)

◆メンバー
gaku(CL)、ao、miya、full、nisshii、kyoko 
※gakuちゃん、fullさんは3日~参加

◆行程
1日目:上高地~涸沢(幕)
2日目:涸沢~北穂高岳(往復)
3日目:涸沢~奥穂高岳(往復)~横尾(幕)
4日目:横尾~上高地

001_IMG_6216.jpg

1日18時に東京を出発。沢渡にて仮眠し、朝イチで上高地入りしました。(釜トンネル一番乗り!)
5時40分出発です。

002_IMG_6221.jpg

本谷橋を過ぎてからは雪たっぷり。沢筋をつめて行きます。

003_IMG_6228.jpg

遠くに小屋が見えます。見えてるけど、遠い~~
定着だからと思って、ザックに食糧詰めすぎました。。

004_IMG_6231.jpg

到着後、休む間もなくテント設営。
kyokoがテントでお昼寝して目覚めると、立派な壁ができていましたw
他の人たちに比べて高さもかなりあり、写真を撮って行く人も。(スコップを忘れたのはナイショ・・・)

005_IMG_6233.jpg

カラフルなテントがたくさん。
わたくし初涸沢ですが、絶景に感動しました~。

006a_IMG_6234.jpg

一通り壁作りに満足したら、お腹ペコペコ。
まずはaoさんのアヒージョで乾杯です。

006b_IMG_6242.jpg

007_IMG_6245.jpg

夜は鶏鍋を作りました。
aoさん、おつまみで既にお腹いっぱいらしい。

008_IMG_6247.jpg

miyaさま作の行灯に灯をともす。
やわらかい光がとてもきれいですね。
右上に見えるのは、涸沢小屋の光です。

続きを表示する
これがわしらの平が岳じゃぁ
それぞれの手段で移動し、沼田駅で合流です。

2019年4月27日
maru隊長、imarin:在来線
kitchan,shima,miyachan:在来線+新幹線
うーさん:新幹線+バス

昨年は雪が少なく断念した平が岳に向かいます。
前週にimarinが偵察にでかけ、雪はたっぷりとの情報。
前日から気温も下がり、さぞかし雪も締まって歩きやすいであろう。

沼田-戸倉:路線バス満席 \2,050
戸倉-鳩待峠:マイクロバス満席 \980

鳩待峠で支度をします。
山スキー隊:maru,kitchan,imarin
つぼ、ワカン隊:shima,miya,うーさん

■maru事件簿:スキー靴のかかとがはがれかかってます・・・
      小屋からガムテを借りて応急処置。
山の鼻まではスキーを担ぎます。
カブトムシみたいです。木の枝にひっかかりまくってます。
いったいなんの修行でしょう。ごくろうさまです。
P4270002.jpg

山の鼻到着。絶賛吹雪いております。
一日目山の鼻

尾瀬ヶ原を北に向かって横断します。
至仏山も燧ケ岳も全く見えましぇん。
P4270006.jpg


標高をあげることなく1時間半ほど歩き、フタマタの先の谷あいに差し掛かります。
荷物も重く、風も強く、雪質も悪く、「今日はこんくらいで勘弁しといたるか」
一日目

という事で適地をみつけ、テントを張ります。
二人組のスキー隊が既にテント設営済み。
しばらくするともう一組やってきました。
適当に距離を置いて陣取りをします。
テント場

4テンに4人の全装収納し、6人で宴会。ぎゅーぎゅー

一日目の食担はkitchan
鶏鍋とキムチ鍋からの雑炊。生卵おとし。
一日目なべ


テントの外は、がんがん風が吹いて、さらさら雪が降り続けております。

4/28 二日目
新雪が降り積もっております。
maru式厠は埋まっております。

予定:4時起床、朝食後5時出発
実績:4時起床、朝食後6時出発。あれれ
4テンの寝床整頓と食事、水作りに時間を要しました。

朝食の食担はmiyaさま。
カップスープ3種よりどり、フランスパン、チーズ、ベーコン、やさい。
さぞかし爽やかなブレックファーストであろう。
4テンの中でのむさくるしい6人でなければね。

スキー、ワカンで出発です。
季節外れのふかふか雪に難儀し、「どこまでいけるだろう」とぶつぶつ。

少し雲が残っていましたが、どんどん晴れて尾瀬ブルーです。
P4280014.jpg
P4280016.jpg
P4280019.jpg


スズケ峰 平らな山頂雪原。不思議な光景です。
二日目すすが峰

急に風が強くなりました。
shimaさんはここで折り返し。
おもむろにバーバリーのマフラーを首に巻きます。
白金あたりで犬の散歩に来たかのようなさりげなさです。。。

突撃隊は先に進みます。
■maru事件簿:スキーのシールを固定する金具が外れました。

ジャンクションピーク先の合流地点。
まだまだ先は長い。天候は安定しています。もうちょっと先に進む事にします。

急登の後、北側の眺望が開けます。おー地球は丸い。空は青い。
P4280026.jpg

鞍部まで下がった所で、協議です。
ここからの高低差と雪質と体力と時間を人工知能で分析し、
「今日はこんくらいで勘弁しといたるか」という事になりました。
二日目折り返し

■maru事件簿:反対側のシールのベルトがちぎれました。おやおや。

風も止み、空はどこまでも青く、穏やかな帰路です。

テントに戻ると、shimaさんがまったりしてました。
とても暖かいので、外で宴会をすることにします。
足元を掘り下げてテーブルとベンチが出来上がります。
IMG_4092.jpg

二日目の夕食の食担はうーさん。
ポトフ鍋もどき&サラスパ。お手軽にすませます。

4/30 三日目
鳩待峠10:20発のバスを目指します。
6:50 撤収完了。
雪も締まって歩きやすい。
P4290033.jpg
P4290036.jpg
P4290037.jpg

8:30 山の鼻出発
■maru事件簿:応急処置していたしーるがはがれました。

9:50 鳩待峠到着。

10:20のバスで戸倉まで下りて風呂に入ります。
12:17戸倉発のバスで沼田へ

沼田駅前には適当な反省会場がなく、コンビニのイートインで軽く飲む。
高崎まで移動。
反省会場は、湘南新宿ラインのグリーン車、という事に決定します。
16:12 高崎発に乗り込みます。

2両あるグリーン車の連結部分両側に「個室らしき」スペースがあります。
---ドア----
□□通路□□
□□通路□□
---ドア----
8人入れます。6人で占領だ。
山道具だスキーだと物騒な装備を持ち込み。
風呂に入ったとはいえ、むさくるしい6人。
窓べりに酒をずらりと並べます。
ビール焼酎ワイン。
空いた二席に山ほどのおつまみを配置します。
早速靴も脱ぎ、はだしになる輩までいます。
さながら山賊の不法占拠の様相です。

お、車内改札が来ました。
若葉マークをつけたあどけないパーサーに指導役の女性車掌(和風美人)。

「山賊に不法占拠された個室」に入り、一瞬ぎょっ、とひるみます。が、さすがプロ。
「お、お客様、グリーン券を・・・」shimaさんが席を移ったので
「購入済みランプ」が消えていました。
「ごめんねー」といってやり過ごします。

かわいそうに・・・
このあと、パーサーと女性車掌(和風美人)は数回
「山賊に不法占拠された個室」を通る事になりますが、
パーサーは少しぎこちなく、目を合わせず、車掌(和風美人)は「冷たい目」で薄笑い。
何とも言えない、微妙な空気が流れる事になります。

そんなこんなで列車は新宿駅に到着し、
山賊たちはそれぞれに帰途につくのであります。
来年の平が岳登頂を無言で誓いながら。

文責:うーさん
会長と行く笈ヶ岳(おいずるがたけ)
「ねぇ、笈ヶ岳、行かない?」
例会の2次会で、いつもの感じで会長にお誘いいただく。
「おいずるがたけ・・・?」「どこの山ですか?」

ネットで調べると。
----
石川県、富山県、岐阜県の3県にまたがる標高1,841m山。白山国立公園内の両白山地の北側に位置し、日本二百名山に選定されている。
藪山で夏(無雪期)の登頂は極めて困難で、積雪期の限られた期間のみ登頂が可能である。日本二百名山の中では登頂が難しい山の一つである。
(wikipediaより抜粋)
----

うーん、ちょっと大佐飛っぽいニオイがしますが・・・
しかしなんで会長は面白そうな山をいつも知っているんだろう。。
「・・・行きます!!」
ということで、見事に会長の作戦にはまった(比較的)若手3名が参加することになりました。

■日程
2019年3月23日(土)~25日(月) 2泊3日

■メンバー
tommy(会長)、saya、nisshii、kyoko

■行程
1日目 : トヨタ自然学校~三方岩岳~1570m付近(幕)
2日目 : 幕場~瓢箪山~仙人窟岳~中宮ルート分岐手前(敗)~幕場
3日目 : 幕場~三方岩岳~トヨタ自然学校

oizuru-201903-001.jpg

金曜の夜21:30に東京を出発。
翌2時頃沢渡で仮眠(2時間半ほど)、トヨタ自然学校の近くの駐車場には7時頃着きました。

oizuru-201903-005.jpg

駐車場にはパトロールっぽい人たちがいました。
「どこまで行くのですか?」
「三方岩経由で、笈ヶ岳です」
「笈ヶ岳!?(驚)」

いろいろアドバイスを受けて、いざ出発。シュルンドが多くなってきているので気をつけるようにとのこと。

oizuru-201903-015.jpg

登山口から少し歩くと、この急登。
ずーっとコレが続くので、重い荷物と睡眠不足の体にはこたえます。
雪はやわらかいのでキックステップで登りました。

oizuru-201903-020.jpg

途中から雪面がガチガチになってきたのでアイゼンを着けます。

oizuru-201903-030.jpg

数時間歩いてるけどぜんぜん、ぜんぜん!進んでない。。。
しんどいなぁ、と足もとを見ると、

oizuru-201903-035.jpg

今夜のおかずが!(ふきのとう)

oizuru-201903-040.jpg

春の息吹を感じつつ、先を急ぎます。

oizuru-201903-045.jpg

oizuru-201903-050.jpg

樹氷がきれいでした~♪

oizuru-201903-055.jpg

oizuru-201903-060.jpg

樹林帯を抜けるとこの景色。
三方岩付近です。

oizuru-201903-065.jpg

ここからながーーいトラバース。
写真では分かりづらいですが、雪がやわらかくかなりの急斜面で結構コワイ
会長が珍しく「怖かったねぇ~」と言っていました。

oizuru-201903-070.jpg

トラバースが終わって一安心、展望スポットから笈ヶ岳が見えました。
まだまだ遠い!

oizuru-201903-075.jpg

国見山まで行く予定でしたが、15:30を過ぎ、隊員のモチベーションもだいぶ落ちていたので、瓢箪山(ふくべやま)手前で一日目終了となりました。

oizuru-201903-090.jpg

前々から気になっていたのですが、会長の像足はスパイダーマン風。

oizuru-201903-095.jpg

今宵は鶏肉のお鍋です!(ふきのとう入り)
続きを表示する
おとなの雪遊び
ぼーっと雪遊びしてんじゃねーよ、チコちゃんに叱られそうですが、
いい歳こいたおとな8人で行ってきました。

恒例高齢のイグルー山行
■メンバー:ao,maru(CL),miya,kitchan,imarin,nisshi,kyoko,うーさん(記)
■日程  :2019年3月9日~3月10日
■行程  :二居~二居峠~東谷山(泊)~日白山~二居

日白山(にっぱくさん)情報

早朝6時に新宿駅スバルビル(跡地)前集合。
スバルビルは取り壊されておりますです。
https://toshoken.com/news/13257

kitchanはスキーを担いで登場。このスキーが「軽い」か「重い」か・・・
神のみぞ知る。

快晴の下、新宿出発!首都高に乗り、一路関越道を目指せ!
・外環 渋滞です!
・関越 渋滞です!
google先生に聞け!という事でgoogle先生の難解な指示に従い、一般道を駆使し関越道東松山ICへ。
その後も高崎あたりでも渋滞にハマり。
ようやく湯沢を降り、二居の駐車場についたのが10時半。
ぼーっとせずにとっとと準備をして出発。

11:00
IMG_5896.jpg


どピーカン。日差しが強い。となると汗だくです。
何が悲しゅうて昼前に炎天下で雪の上を汗だくで歩いているのか・・・
あ、スキーをかついでいる、kitchan既にへろへろです。
IMG_5901.jpg

景色は抜群です。谷川ブルー。
IMG_5902.jpg
IMG_5919.jpg
IMG_5920.jpg


昼過ぎですから、ぼちぼち降りてくるパーティもいます。
「どちらまでですか?」
「泊まりです。仲間と、イグルーと雪洞で泊まります」
「おーーーーーーー、イグルーですか?去年もありました。立派なイグルー。あったよね、ね。」
「東谷山の手前のしょぼいやつでしたら、ぼくらです。日白山の向こうの立派なやつは別のひと」
「いやー、りっぱでしたよー、すごいなーって言ってたんです。
 お会いできるなんて感激だなー」
「いやー、ですかねー、むふふ(どや顔)」

そんなこんなで14:00 東谷山山頂直下の適地に到着。
昨年の設営場所と同じです。
IMG_5922.jpg

ぼーっとせずに、とっとと雪遊び開始。
イグルー班:ao班長,miyaさん,遅れてきたkitchan
雪洞班 :maru班長,imarin,nisshi,kyoko,うーさん

おさらい


2017年。 ao工務店による作品「バラックですが何か?」 
P3110114_convert_20170312215934_20190316103430f34.jpg

2018年。 maru設計事務所による作品「堆積物とわたし」 
P3170089s_20190316103431c85.jpg

さて今年のイグルー。
IMG_5931.jpg
IMG_5938.jpg
昨年の「とある人の立派なイグルー」を参考に、「石切場」を設定し
とにかく「きれいなブロック」を「削り出す」事にしたようです。
IMG_5943.jpg

おっさんたちがわーわーきゃーきゃーいいながらやってます。
ブロックだけでの屋根づくりを断念?し、人工物で「梁」をわたした模様。
IMG_5949.jpg

ブラックmaruさん「いかがなものか。昨年は雪ブロックのみの純正イグルーだった。人工物を使うのはいんちきイグルーではないのか!」
ao「技術革新と言ってほしい。」


途中、完成間近に、aoさんが外から壁を踏み抜くという状況もありましたが
なんとか完成。
IMG_5959.jpg


雪洞班
要件:5人が寝れて、8人で宴会ができる雪洞を掘れ。
IMG_5928.jpg
とりあえず2方向から掘り進めます。
IMG_5935.jpg
約一時間で貫通。
そこから奥に掘り進めて広さを確保します。
硬い半凍りの層もあり、苦戦します。
しゃがんだ状態で無心にスコップを繰り出します。
IMG_5947.jpg
「月が出た出た月がぁ出たぁ」炭坑夫の気分です。
「おらたちは、一生ここから出れないんだ、ほってもほっても雪なんだべさ。
おっかさーん元気かーい?」

汗だくで腰も痛み、足もつり始め、maruさんが灰になりかけた頃に、
「5人寝れるんじゃね?宴会もできんじゃね?」という程度のスペースを確保。
IMG_20190309_170825.jpg
IMG_5967.jpg

IMG_5962.jpg


うーさんimarinはとっとと自分のスペースを確保し、
勝手に飲み始めます。
maruさんは例によって「紳士のこだわり~わびさびの厠」の設営です。

イグルー班も合流し、宴会
乾き物、焼き物でちびちび飲みます。
恒例の鶏鍋。
IMG_5968.jpg
IMG_5969.jpg
IMG_5970.jpg


5:30起床
朝は「にゅうめん」するする入ります。
7:20行動開始。テントの撤収がないのでらくちんです。
二日目も、どピーカンの中、日白山に向かいます。あつー
P3100023.jpg
P3100024.jpg
IMG_5977.jpg
P3100031.jpg
P3100032.jpg
IMG_20190310_082557.jpg
IMG_5986.jpg
IMG_5988.jpg


山頂でスキーヤーと出会います。

今年は他には会いませんでしたが、トレースがしっかりついていたので、
土曜日 日帰りが多かったのでしょう。

maruさんから業務連絡です
3回の試行を経て、第一幕は終わりだ。
   次回より実践に入る!

とのことです。はい。
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈