FC2ブログ
会長と行く笈ヶ岳(おいずるがたけ)
「ねぇ、笈ヶ岳、行かない?」
例会の2次会で、いつもの感じで会長にお誘いいただく。
「おいずるがたけ・・・?」「どこの山ですか?」

ネットで調べると。
----
石川県、富山県、岐阜県の3県にまたがる標高1,841m山。白山国立公園内の両白山地の北側に位置し、日本二百名山に選定されている。
藪山で夏(無雪期)の登頂は極めて困難で、積雪期の限られた期間のみ登頂が可能である。日本二百名山の中では登頂が難しい山の一つである。
(wikipediaより抜粋)
----

うーん、ちょっと大佐飛っぽいニオイがしますが・・・
しかしなんで会長は面白そうな山をいつも知っているんだろう。。
「・・・行きます!!」
ということで、見事に会長の作戦にはまった(比較的)若手3名が参加することになりました。

■日程
2019年3月23日(土)~25日(月) 2泊3日

■メンバー
tommy(会長)、saya、nisshii、kyoko

■行程
1日目 : トヨタ自然学校~三方岩岳~1570m付近(幕)
2日目 : 幕場~瓢箪山~仙人窟岳~中宮ルート分岐手前(敗)~幕場
3日目 : 幕場~三方岩岳~トヨタ自然学校

oizuru-201903-001.jpg

金曜の夜21:30に東京を出発。
翌2時頃沢渡で仮眠(2時間半ほど)、トヨタ自然学校の近くの駐車場には7時頃着きました。

oizuru-201903-005.jpg

駐車場にはパトロールっぽい人たちがいました。
「どこまで行くのですか?」
「三方岩経由で、笈ヶ岳です」
「笈ヶ岳!?(驚)」

いろいろアドバイスを受けて、いざ出発。シュルンドが多くなってきているので気をつけるようにとのこと。

oizuru-201903-015.jpg

登山口から少し歩くと、この急登。
ずーっとコレが続くので、重い荷物と睡眠不足の体にはこたえます。
雪はやわらかいのでキックステップで登りました。

oizuru-201903-020.jpg

途中から雪面がガチガチになってきたのでアイゼンを着けます。

oizuru-201903-030.jpg

数時間歩いてるけどぜんぜん、ぜんぜん!進んでない。。。
しんどいなぁ、と足もとを見ると、

oizuru-201903-035.jpg

今夜のおかずが!(ふきのとう)

oizuru-201903-040.jpg

春の息吹を感じつつ、先を急ぎます。

oizuru-201903-045.jpg

oizuru-201903-050.jpg

樹氷がきれいでした~♪

oizuru-201903-055.jpg

oizuru-201903-060.jpg

樹林帯を抜けるとこの景色。
三方岩付近です。

oizuru-201903-065.jpg

ここからながーーいトラバース。
写真では分かりづらいですが、雪がやわらかくかなりの急斜面で結構コワイ
会長が珍しく「怖かったねぇ~」と言っていました。

oizuru-201903-070.jpg

トラバースが終わって一安心、展望スポットから笈ヶ岳が見えました。
まだまだ遠い!

oizuru-201903-075.jpg

国見山まで行く予定でしたが、15:30を過ぎ、隊員のモチベーションもだいぶ落ちていたので、瓢箪山(ふくべやま)手前で一日目終了となりました。

oizuru-201903-090.jpg

前々から気になっていたのですが、会長の像足はスパイダーマン風。

oizuru-201903-095.jpg

今宵は鶏肉のお鍋です!(ふきのとう入り)
続きを表示する
スポンサーサイト
おとなの雪遊び
ぼーっと雪遊びしてんじゃねーよ、チコちゃんに叱られそうですが、
いい歳こいたおとな8人で行ってきました。

恒例高齢のイグルー山行
■メンバー:ao,maru(CL),miya,kitchan,imarin,nisshi,kyoko,うーさん(記)
■日程  :2019年3月9日~3月10日
■行程  :二居~二居峠~東谷山(泊)~日白山~二居

日白山(にっぱくさん)情報

早朝6時に新宿駅スバルビル(跡地)前集合。
スバルビルは取り壊されておりますです。
https://toshoken.com/news/13257

kitchanはスキーを担いで登場。このスキーが「軽い」か「重い」か・・・
神のみぞ知る。

快晴の下、新宿出発!首都高に乗り、一路関越道を目指せ!
・外環 渋滞です!
・関越 渋滞です!
google先生に聞け!という事でgoogle先生の難解な指示に従い、一般道を駆使し関越道東松山ICへ。
その後も高崎あたりでも渋滞にハマり。
ようやく湯沢を降り、二居の駐車場についたのが10時半。
ぼーっとせずにとっとと準備をして出発。

11:00
IMG_5896.jpg


どピーカン。日差しが強い。となると汗だくです。
何が悲しゅうて昼前に炎天下で雪の上を汗だくで歩いているのか・・・
あ、スキーをかついでいる、kitchan既にへろへろです。
IMG_5901.jpg

景色は抜群です。谷川ブルー。
IMG_5902.jpg
IMG_5919.jpg
IMG_5920.jpg


昼過ぎですから、ぼちぼち降りてくるパーティもいます。
「どちらまでですか?」
「泊まりです。仲間と、イグルーと雪洞で泊まります」
「おーーーーーーー、イグルーですか?去年もありました。立派なイグルー。あったよね、ね。」
「東谷山の手前のしょぼいやつでしたら、ぼくらです。日白山の向こうの立派なやつは別のひと」
「いやー、りっぱでしたよー、すごいなーって言ってたんです。
 お会いできるなんて感激だなー」
「いやー、ですかねー、むふふ(どや顔)」

そんなこんなで14:00 東谷山山頂直下の適地に到着。
昨年の設営場所と同じです。
IMG_5922.jpg

ぼーっとせずに、とっとと雪遊び開始。
イグルー班:ao班長,miyaさん,遅れてきたkitchan
雪洞班 :maru班長,imarin,nisshi,kyoko,うーさん

おさらい


2017年。 ao工務店による作品「バラックですが何か?」 
P3110114_convert_20170312215934_20190316103430f34.jpg

2018年。 maru設計事務所による作品「堆積物とわたし」 
P3170089s_20190316103431c85.jpg

さて今年のイグルー。
IMG_5931.jpg
IMG_5938.jpg
昨年の「とある人の立派なイグルー」を参考に、「石切場」を設定し
とにかく「きれいなブロック」を「削り出す」事にしたようです。
IMG_5943.jpg

おっさんたちがわーわーきゃーきゃーいいながらやってます。
ブロックだけでの屋根づくりを断念?し、人工物で「梁」をわたした模様。
IMG_5949.jpg

ブラックmaruさん「いかがなものか。昨年は雪ブロックのみの純正イグルーだった。人工物を使うのはいんちきイグルーではないのか!」
ao「技術革新と言ってほしい。」


途中、完成間近に、aoさんが外から壁を踏み抜くという状況もありましたが
なんとか完成。
IMG_5959.jpg


雪洞班
要件:5人が寝れて、8人で宴会ができる雪洞を掘れ。
IMG_5928.jpg
とりあえず2方向から掘り進めます。
IMG_5935.jpg
約一時間で貫通。
そこから奥に掘り進めて広さを確保します。
硬い半凍りの層もあり、苦戦します。
しゃがんだ状態で無心にスコップを繰り出します。
IMG_5947.jpg
「月が出た出た月がぁ出たぁ」炭坑夫の気分です。
「おらたちは、一生ここから出れないんだ、ほってもほっても雪なんだべさ。
おっかさーん元気かーい?」

汗だくで腰も痛み、足もつり始め、maruさんが灰になりかけた頃に、
「5人寝れるんじゃね?宴会もできんじゃね?」という程度のスペースを確保。
IMG_20190309_170825.jpg
IMG_5967.jpg

IMG_5962.jpg


うーさんimarinはとっとと自分のスペースを確保し、
勝手に飲み始めます。
maruさんは例によって「紳士のこだわり~わびさびの厠」の設営です。

イグルー班も合流し、宴会
乾き物、焼き物でちびちび飲みます。
恒例の鶏鍋。
IMG_5968.jpg
IMG_5969.jpg
IMG_5970.jpg


5:30起床
朝は「にゅうめん」するする入ります。
7:20行動開始。テントの撤収がないのでらくちんです。
二日目も、どピーカンの中、日白山に向かいます。あつー
P3100023.jpg
P3100024.jpg
IMG_5977.jpg
P3100031.jpg
P3100032.jpg
IMG_20190310_082557.jpg
IMG_5986.jpg
IMG_5988.jpg


山頂でスキーヤーと出会います。

今年は他には会いませんでしたが、トレースがしっかりついていたので、
土曜日 日帰りが多かったのでしょう。

maruさんから業務連絡です
3回の試行を経て、第一幕は終わりだ。
   次回より実践に入る!

とのことです。はい。
ようやく土曜日に高気圧が来ることになったので、赤岳に行ってきました。

3月2日(土)
ルート:
美濃戸口~美濃戸~南沢ルート~行者小屋~地蔵尾根~地蔵の頭~赤岳天望荘~赤岳山頂~文三郎尾根~行者小屋~赤岳鉱泉~北沢ルート~堰堤広場~美濃戸~美濃戸口

メンバー:gaku

去年の2月末に赤岳に行ったときは午後から天気が下り坂の予報だったので文三郎尾根の往復に変更したため、今年はやはり地蔵尾根を登ってみたかったので行ってみました。

美濃戸口から美濃戸までは、例年よりも雪も凍結箇所も少なかったですが、車で行くなら4WD+チェーンは必要だと思います。
また美濃戸から南沢ルートは全面凍結でしたので、チェーンスパイクがおすすめです。
DSCN9986_convert_20190305212329.jpg

登っていくと南沢大滝への分岐あたりから雪が予想以上に積もっていました。
DSCN9990_convert_20190305212430.jpg

木曜日、東京は雨でしたが、八ヶ岳はまとまった雪になっていたようです。
DSCN9994_convert_20190305212652.jpg

高気圧がこのエリアのほぼ真上に来ているため、快晴で風もほとんどありませんでした。
DSCN9999_convert_20190305212625.jpg

行者小屋でアイゼン、ピッケルを準備。
これから向かう赤岳と、クライマーの人達。
DSCN0005_convert_20190305212750.jpg

最初の取り付きは手すりが出ていたため、楽でした。
雪は締まっていて、とても良くアイゼンが効きました。
DSCN0007_convert_20190305212828.jpg

この一か所だけ、アイゼンの前爪+ピックで登る必要がありましたが、傾斜も高さもそれほどではないため、問題なしです。
DSCN0011_convert_20190305212916.jpg

地蔵尾根を上から見た感じです。
DSCN0022_convert_20190305213002.jpg

横岳方面もトレースはありました。
DSCN0030_convert_20190305213207.jpg

中岳・阿弥陀岳方面も雪はしっかりついていました。
DSCN0040_convert_20190305213240.jpg

山頂前の最後の登りです。全体を通して雪質は素晴らしく、サクサクとしたアイゼンの感触を楽しみながら登れました。
DSCN0046_convert_20190305213322.jpg

山頂も-10℃でしたが、少し風が吹いている程度で暖かく感じました。
DSCN0059_convert_20190305213355.jpg

権現岳と南アルプス方面も、雪が積もったようです。
DSCN0061_convert_20190305213541.jpg

北アルプス方面。
ちょうど赤岳の主稜を登ってきたクライマーの人がいました。
DSCN0088_convert_20190305222132.jpg

下り始めも雪が積もっていましたが、南側のため雪が緩んでいてアイゼンがやや効きづらい雪質でした。
DSCN0096_convert_20190305213902.jpg

一日を通して、良い雰囲気です。
DSCN0117_convert_20190305214225.jpg

文三郎尾根も40cmくらいの積雪がありました。
DSCN0129_convert_20190305214323.jpg

赤岳主稜も数パーティが楽しんでいました。
DSCN0133_convert_20190305214432.jpg

階段は全て雪に埋まっていましたが、トレースがあるため歩きやすかったです。
DSCN0146_convert_20190305214510.jpg

行者小屋でアイゼン・ピッケルをしまって再びチェーンスパイクへ。
北沢コースも美濃戸まではかなり凍結しているため、滑り止めは外さないほうが良いと思います。
DSCN0164_convert_20190305214627.jpg

良い天気を待った甲斐があるとても素晴らしい一日に恵まれました。
またこの木曜日の降雪+金・土曜日の放射冷却=良い雪質というパターンも良い勉強になりました。
雪山ハイク道迷い?転じてイグルーの動画
こんにちは、岡部です。
先日の上州武尊山行の動画ができましたのでアップします!
いいねやチャンネル登録よろしくお願いします。

名誉ある撤退?


イグルー試作!!!
「上州武尊山」雪山ハイク転じてイグルー試作山行
上州武尊山
日程:2月21日
メンバー:ヨッシー、岡ちゃん、ao

ヨッシーの休みに合わせて、岡ちゃん歓迎雪山ハイクへ。好天予想なので気楽に向かいます、リフト券売り場の兄さんから、上は強風、視界悪しの情報、おまけに先日遭難者が出ていて、厳しく注意を受ける。「山は今日だけではありませんからね」って僕らは大変な所に来てしまったのでしょうか?(笑)

登り初めて、すぐに「剣が峰」、有り難くないアドバイスは適格だったようです。強風、ホワイトアウトです。

1550792948826.jpg



雪山初心者の岡ちゃん。恐怖のあまり白髪が~(笑)

1550792931437.jpg


ずっと続く強風に 出たー、ao「 もういやや~!帰りてえ~!」

1550792924444.jpg


この辺で帰りましょう!曇らないゴーグル装備のヨッシーはまだ行きたそうでしたが~!ほぼ盲目の2人には勝てせん。

1550826806282.jpg


最終リフトの上でイグルー作り、なるほど簡単だ!雪の切り出し型がキモなのね

1550826962827.jpg


190センチ越えの岡ちゃんも余裕で入れます。

1550895303473.jpg



見たか~!丸ちゃん!!日白山では我が勝利は確実だ!!

1550827155504.jpg


ユニディのスノースコップは開始5分で崩壊です。宮様、ご注意下され!!

1550826902845.jpg
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ