FC2ブログ
大菩薩嶺・大菩薩峠
先週の雪で山には雪が結構降っていそうだったので、この間買ったワカンの練習に大菩薩嶺に行ってみました。

3月24日(土)
山梨県 大菩薩嶺
メンバー:Gaku、他一名

DSCN0039_convert_20180326214425.jpg

先行者は2人いましたが、まずは練習のためトレースとワカンは使わずにどこまで行けるか試してみました。
雪は30~40cm程度で踏み抜き続きです。

DSCN0047_convert_20180326214454.jpg

特に丸川峠から大菩薩嶺までの北面は吹き溜まりで腿くらいの雪で、このあたりでワカンを付けるべきでしたがそのまま行きました。

DSCN0056_convert_20180326214517.jpg

北面の上部は雪も締まってきて、徐々に歩きやすくなりました。

DSCN0067_convert_20180326214542.jpg

結局、ワカンもストックも使わずに終わってしまいました。経験している人が一緒でないと、付け所が難しいものですね...

DSCN0069_convert_20180326214610.jpg

南アルプスも富士山も雲に隠れていましたが、

DSCN0081_convert_20180326214644.jpg

そのかわり霧氷がとてもきれいに広がっていました。

DSCN0079_convert_20180326214724.jpg

南面の稜線はまた雪が緩んでおり、踏み抜き続けながら一日楽しみました。
スポンサーサイト
赤岳 
1月から新しく世田谷山岳会に入りました大江です。
皆さんからおすすめされたので、少し前になりますが他の方の投稿を参考に人生初のブログをアップしてみました。

日程:2月24日(土)
工程:美濃戸口→美濃戸→行者小屋→文三郎尾根→赤岳山頂→地蔵尾根→行者小屋→赤岳鉱泉→堰堤広場→美濃戸→美濃戸口

雪山二年目で昨年は蓼科山、東・西天狗岳・唐松岳に行っていたので、今年は赤岳に登りたいと思っていましたが、1月に一泊で行ったときは風が強すぎて硫黄岳に変更していました。
日暮れが5:30ごろになってきたので、朝5:00に出れば12時間はあるので行けると思い、行ってみました。


まずは南沢を行きます。1月に比べると所々雪が溶けていて、春の訪れを感じました。

DSCN9802_convert_20180316211905.jpg

行者小屋に着くと赤岳が見えましたが、雲がものすごいスピードで流れていました。アイゼンをつけながら同じタイミングで上がってくれる人を待ってみましたがいないので、まずは稜線まで行ってみることにしました。

DSCN9804_convert_20180316212103.jpg

雪は少なめでした。

DSCN9814_convert_20180316212318.jpg


稜線に出るとそれほど風が無かったため、上を目指しました。

DSCN9826_convert_20180316212437.jpg


山頂は風が強く、気づいたらウールのマフラーが凍って板のようになっていました。

DSCN9821_convert_20180316212509.jpg


クライミングで上がってきた人と阿弥陀岳。

DSCN9822_convert_20180316212601.jpg


権現岳は少し晴れていました。

DSCN9832_convert_20180316212727.jpg


下りは地蔵尾根の予定でしたが、山頂で会った人が地蔵尾根の上部の風がものすごかったということだったので、文三郎尾根の往復にしました。

DSCN9833_convert_20180316213237.jpg



クライマーも数名取り付いていました。

DSCN9840_convert_20180316212823.jpg


行者小屋から赤岳鉱泉、北沢ルートで帰ります。

DSCN9853_convert_20180316213015.jpg


アイスキャンデーも1月に比べて、だいぶ溶けてきていました。

DSCN9854_convert_20180316212918.jpg


北沢ルートの美濃戸の手前で全凍結のところがあったため、今はもう溶けているかもしれませんがチェーンスパイクも持っていくと良いと思います。14:30に美濃戸口に帰ってこれたので、良い一日になりました。

DSCN9857_convert_20180316213116.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
雲取山でソロテン さっぶー
各方面荒れ模様だったので、奥多摩!
最近グループ山行が続いていたので、単独!

冬山ソロテント。何事も経験なり。

雪の状態がわからない、奥多摩小屋は水が無いとのことなので、
「念のため」荷物が増え、20kg弱に。おもい。

2/17-18
計画:鴨沢~七つ石山~奥多摩小屋(幕)
    奥多摩小屋~雲取山~三峰神社
メンバー:うーさん 単独

ホリデー快速新宿7:44で行くと、奥多摩駅 9:30 鴨沢着は10:15
同じバスからは他に男性ソロ一名 女性ソロ一名 ワタシの計3名

重い荷物を担ぎ、えっちらおっちら行動開始。
雪は思いのほか少ないものの、途中アイスバーン多数。軽アイゼンでさくさく。
ほぼコースタイムで、七ツ石小屋13:00 しんどぉぉぉ しばし休憩。
P2170001.jpg

(この頃、羽生ゆづ君金メダル)
七ツ石山山頂経由、奥多摩小屋のテン場に15時前に到着
P2170003.jpg


小屋近くの雪のない適地をみつけ、テント設営。風つよし。
強風の中でのソロテント設営はなかなかスリリング。わーわー言いながら我が家竣工。

小屋でビールを仕入れ、我が家でしばし休憩。
寒いし、じっとしてるかな。
じっとしてると寒いから動くかな。
雲取山頂まではしんどいから、小雲取までかな。
結局さくっと雲取山頂までピストン。さすがに空身はらくちん。
17時近い中、まだ山頂に向かうグループが2-3。
足取りが重い。山荘まで行くのでしょう。大丈夫か。気を付けてね。
P2170011.jpg


雲が出て、夕焼けはうっすら。富士山もうっすら。
P2170019.jpg
P2170021.jpg

テントに戻り、ディナー。
今日は、アルファ米五目御飯と、さばみその缶詰。質素な夕食です。

独りでやることなし、さぶいし、スナックうーさんで焼酎お湯割りを一杯飲んで
寝ますか。

って、さぶー。 さぶー。
外はびゅーびゅー風吹いてるし。テントの壁は迫りくるし。こわいよー。
腰と下腹部に「貼るカイロ」を装着。靴下に靴下用カイロを装着。
(カイロを発明した人にノーベル賞を授けたい)
モンベルの#3のシュラフ&シュラフカバーでまずまず暖かい。

夜中に足が冷たくなる。左足の親指・人差し指に感覚がない!
こ、これが凍傷か?今までにない違和感。。。
やってもうたか。
たたいたり、もんだり、ぐーぱーするも感覚戻らず。
来月号の山と渓谷にひっそりと記事が載るか。。。。
「伝説のクライマーうーさん 雲取山で足指二本を失う」
ちょっとカッコ悪いなぁ。

当初計画は以下通り。
04:00起床。朝食。撤収
05:30雲取山に向かう
06:30山頂でご来光
~三峰神社へ下山

夏山じゃあるまいし、無謀ですね。暗いうちに独りでテント撤収なんぞ考えられません。
さみーし、風強いし。
結局、少し風が落ち着いた6:00頃に外に出ると・・・
ご来光直前の幻想的な風景と、荘厳な富士山。しばし圧倒されました。
P2180031.jpg


近くの高台まで登ってみます。雪をまとった奥多摩の複雑な尾根と澄んだ空気の先の
富士山。登ってきたおひさま。
おひさますごい。圧倒的なエネルギーですね。みるみる気温が上がります。
なにより元気になります。
P2180034.jpg
P2180033.jpg
P2180036.jpg

テントに戻り、さーて撤収。少し風が強いものの、無事に撤収完了・・・・・が、、
ぺ、ペグがぬけましぇん。4本とも、びくともしません。
ざ、残置しますか・・・ というわけにはいかないので小屋にペグ抜きを借りに。
えぇっと、、適当な大きさの石を支点にして、てこの原理で、えいや。
ぶち。ひもが切れました。悪戦苦闘し、やっと四本とも抜けましたが。
ペグは変形して使い物になりません。とほほ。
P2190008.jpg


もう8:00です。
三峰に行く闘志は萎え、鴨沢にもどりましょう。
バスの時刻は 10:20 間に合わない。。 その次は 12:20 おい!間はないんかい。
鴨沢からひとつ奥多摩よりの留浦(とずら)に11:50のバスあり。
鴨沢11:30に下りれば、ちょうどいい感じ。

いずれにしても時間はあるので。ゆっくりおりる。
七ツ石にも登り返したりして。

アイスバーン地帯は軽アイゼンでさくさく進み、もういいか、とアイゼンをはずす。
といいながら、この後もところどころアイスバーンが出現し、めんどくさいので
ツボ足で歩く。へっぴり腰でそろりそろり。一回こけました。

何回歩いても「このアプローチいやになるな」と思う、ながーい下山道。
いい加減いやになったところで鴨沢バス停に到着。
10:50 さらに10分車道を歩いて、留浦のバス停へ。

まだ時間はあるので、コーヒー沸かしてパンでも食いますか。
おや、こんなところに食事処が。。
どうすっかな。奥多摩駅前にもあんまりないし、早めに電車に乗りたいし。

まー、味に期待はできませんが、ビールでも飲みますか、と食事処へ。
P2180043.jpg


まずはビールを。しみこんにゃくのつまみつき。お、うまい。
食事は、、、。 おきまりの、そば、うどん、かつ丼  うーんいまいち心に響かんなぁ。
定食もある「とろろ飯定食 \900」 まー、これかな。

しばし待つと出ました。
大き目のおぼんに、どんぶり飯とたっぷりのとろろ。その周りにところせましと
小鉢が並ぶ。おーうまそー
ほうれんそうとしめじの胡麻和え。
しみこんにゃくのみそがけ。
にんじんの和え物。
おから。おしんこ。

どれを食べてもむちゃくちゃうまい!
これは大当たりや! 
さぞかし名のあるシェフがお忍びで腕をふるってるのであろう。
奥からシェフが・・・  人の好さそうなおばあちゃんでした。

ちょうどバスが来る時間直前に食べ終わり、「ごちそうさま」
雲取に行くときにははずせませんよ。留浦BS前「島勝」
秦野の「いろは」か、留浦の「島勝」か。下山後の楽しみが増えました。

あ、ちなみに、左足の指は、下山開始後10分であったまって、
感覚戻りました。なんともありません。ちゃんちゃん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村

2/10-12 ”裏”男体山
「3連休、どうするの?」
「んー、いくつか自分の中の企画はあるんですよね~」
いろはでの会話がきっかけで生まれました、この企画。
オバサン二人なので、「ザ・レジェンド・オブ・山友会」は無理としても、まあラッセルに行きましょう、と。

メンバー: imarin + 妖怪ベラ
同行者は会員外なので、様子だけ。

三本松からスタート、林道をてくてく。
P2100009.jpg

志津小屋。
P2100021.jpg

この小屋はそもそも、二荒山神社の所轄らしい。
P2100022.jpg

荒天の予報だったので避難小屋泊り。でも、あれ???案外、天気いいんですけど。
荒天を想定して、朝もゆっくりめのスタート。下調べがハンパだったので、登山道を見つけられず・・・(-_-;)
とりあえず高度上げましょう、と、密林?のラッセルに突入!

ラッセルちう。
P2110037.jpg

出発も遅かったし、時間で切って終了。今回は2100mあたりまで。

避難小屋周りで、この積雪。
P2110048.jpg

ギター、というよりコントラバス。
P2110047.jpg

天気予報が悪かったので登る気ナシで行ってしまいましたが、今回の企画はベラ様に火をつけてしまい、帰途は来シーズンのリベンジの話で盛り上がったのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
【山域】八ヶ岳(赤岳)

【日程】2018年2月3日(土)~4日(日)

【メンバー】ao、nisshii、kyoko

天気が良いので南八ヶ岳へ!!

8:30頃、美濃戸口を出発。
つらい林道歩きを経て、南沢ルートで行者小屋へ向かいます。

赤岳1

樹林帯を抜けると、急にヨーロピアンな風景♪

赤岳2

前日の降雪で、新雪モフモフなテン場に到着。
aoさんとニッシーは、なぜか二人してスコップを車に残置・・・。(やっちまいました。すまへん)
kyoko 愛想を振りまき、イケメン小屋番からスコップを借りる。(ギャルシェル効果ねw)
この日は小屋泊70人だとかw

赤岳3

時間が中途半端だったので、文三郎尾根を登ってみる。中途半端にね。

赤岳4

風は思ったほどではない。

赤岳18

お腹すいた・・・(ポッケにようけ入っとるやないかw)

赤岳4-2

天気は穏やか。阿弥陀北陵を登って(下って?)る人を見学しつつ、テントに戻る。

赤岳5

会のおNEWテントの前で。イェイ☆(テント見えませんけど…)

赤岳6

夜ごはん。汁が見えない具だくさん鍋を囲みながら、誰かさんの変態話に花が咲く。

P1110642.jpg

ダイエット中の人がいるので、デザートはニッシーのイチゴです。

赤岳7

翌朝。
暗いうちから準備して、6:15出発。
阿弥陀?赤岳?迷ったけどオトナの事情で赤岳です。

赤岳8

地蔵尾根を登ります。
この前日、地蔵尾根で雪崩があったそうだ。どのあたりかな?

赤岳13

月と阿弥陀岳が幻想的。

赤岳9

横岳をのぞむ。冬の山はほんとうに美しい。

赤岳10

地蔵の頭あたりから強風に。
aoさん「風強いね~。ガスってるね~。山頂行くの~?」という悲痛な叫びは風にかき消され・・・

赤岳11

しぶしぶ山頂へ向かうaoさん。
稜線を歩く姿、なんかかっこいい。

赤岳12

雪煙で真っ白だった山頂は、我々が着く頃、晴れてくれました。
美しい眺め。今年ようやくまともに山頂到達です(笑)
aoさんありがとうございました♪

赤岳14

あっ 南アルプスにも宿題があるんだった・・・

赤岳15

帰りは文三郎を下りました。
赤岳主稜を登る人々を見学しつつ、テント撤収、美濃戸まで下山します。

赤岳16

途中、南沢小滝を見学。きれーい!
アイスの皆さんで賑わってました。

赤岳17

aoさんの提案により、赤岳山荘にて肉うどん!
辛い林道歩きも何とかモチベーションアップ。

美濃戸口まで仲良くコケながら歩きました。


次は阿弥陀行きましょう♪ね♪


おわり
(by kyoko)

にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ