FC2ブログ
10/2-5 槍・穂高縦走(後編)
前編からの続きです。

明けて3日目の朝。

NIS20181002_0048.jpg

次の台風の影響もあってなかなか読めない天候なのですが、どうやらこの日は一日持ちそうとの予報。
早めにスタートして北穂までは行ってしまうことにします。

NIS20181002_0049.jpg

ここからいよいよ大キレットです。

NIS20181002_0050.jpg

まずは下ります。

NIS20181002_0052.jpg

どんどん下ります。

NIS20181002_0054.jpg

下った先はそろりそろり。

NIS20181002_0055.jpg

ペンキを目印に。

NIS20181002_0056.jpg

鞍部から登り返しです。

NIS20181002_0057.jpg

こういう岩の出っ張りのところでバランスをくずしやすいので慎重に。

NIS20181002_0058.jpg

どこに座っとるねん!?

NIS20181002_0059.jpg

ここまで来ると一息つけますが。

NIS20181002_0060.jpg

まだまだ、最後の登りがきついです。

NIS20181002_0061.jpg

あともう少し。振り返るとこの高度感。

NIS20181002_0062.jpg

後方には昨日、南岳小屋で一緒だった台湾からの団体が長谷川ピークを越えてくるのが見えます。
この人たちノーヘルだったけど大丈夫かね(汗)

NIS20181002_0063.jpg

他のブログの写真などでもよく見るところ。たしかにステップあると助かりますね。

NIS20181002_0064.jpg

ようやく北穂高小屋まで来ました。

NIS20181002_0065.jpg

槍の穂先もずいぶん遠くへ。

NIS20181002_0066.jpg

至福の一杯でひとやすみしつつ、次へ進むか検討中。

NIS20181002_0068.jpg

ここまでかなり巻いてきたので、時間も天気も余裕があります。
今日中に奥穂まで行ってしまいましょう!

NIS20181002_0071.jpg

岩歩きもそろそろおなかいっぱいではありますが。。

NIS20181002_0072.jpg

こんなの見つけたので、

NIS20181002_0073.jpg

なんかやってますww
どうやら、「奥ホ」に向かってるってことが言いたいらしいのですが、滑落して倒れてる人みたいにしか見えません。。

NIS20181002_0074.jpg

安心してください。ピンピンしております!

NIS20181002_0075.jpg

涸沢岳山頂が見えました。

NIS20181002_0076.jpg

飛騨泣きに続いてのここは大変で、ペースは落ちてました。

NIS20181002_0078.jpg

下れば穂高岳山荘です。

NIS20181002_0079.jpg

遅くなるとガスりそうなので、荷物を置いたらすぐに山頂へ。

NIS20181002_0081.jpg

天気はまあ、槍のときと比べて良くはないですが、

NIS20181002_0082.jpg

ひとまずゴール地点ということで。今回はここまでとします。

NIS20181002_0083.jpg

山荘前のテラスにて。

NIS20181002_0084.jpg

中はこのとおり。ホテル並みのホスピタリティ。
今夜はぐっすり眠れそうです。

NIS20181002_0087.jpg

翌朝は霧雨で少し濡れていました。
涸沢を見下ろすとこのとおり。これはこれで幻想的。

NIS20181002_0088.jpg

見事な紅葉の中を下山します。

NIS20181002_0089.jpg

振り返るとあっという間の4日間。
小屋泊でちょっと楽をしましたが、それでも十分な充実感!良いルートでした~♪

おしまい。

(by nisshii)
10/2-5 槍・穂高縦走(前編)
縦走をし始め、この稜線を目の当たりにすると誰もが行ってみたくなるコースではないでしょうか。
今年は行くぞと決めてはいたものの、4日間連続した晴天を待って今まで引っ張ってしまいました。が、そろそろ小屋仕舞ともなる時期です。
台風一過の晴天を期待つつ、平日ど真ん中に休みを取って行くことに( ´ ▽ ` )

日程: 2018年10月2日(火)〜5日(金)
場所: 北アルプス/槍・穂高
ジャンル: 無雪期縦走
メンバー: nisshii, kyoko

工程:
1日目) 新穂高温泉 〜 滝谷出合 〜 槍平小屋(泊)
2日目) 〜 千丈乗越 〜 槍ヶ岳 〜 飛騨乗越 〜 南岳小屋(泊)
3日目) 〜 長谷川ピーク 〜 北穂高小屋 〜 北穂南峰 〜 涸沢岳 〜 奥穂高岳 〜 穂高岳山荘(泊)
4日目) 〜 ザイテングラード 〜 涸沢小屋 〜 横尾 〜 上高地BT


NIS20181002_0002.jpg

新穂高温泉より入山。初日は槍平までと、距離も短く高度も上げないので、のんびりと8:45の出発です。


NIS20181002_0003.jpg

林道をだらだらと歩き、滝谷出合まで。この日の核心w 渡渉地点を探します。
台風が去ってまる1日たっているので、増水しているというほどではありませんが、ここで引き返した方もいたようです。

NIS20181002_0004.jpg

渡った場所はこちら。定点カメラがあるところの少し上流です。 


NIS20181002_0006.jpg

出合のところを過ぎれば、すぐに小屋が見えてきます。風でなぎ倒された木々が多く、樹林帯は少々荒れ気味。

NIS20181002_0007.jpg

入り口に「小屋閉め直前SALE!」の張り紙がw

NIS20181002_0008.jpg

中はこんなで、ランプがいい感じです。電気だけどw

この日ここに泊ったのは我々含めて小屋5名、テント1組だったかと。さすが平日。
人気が少ないので、なんだが寒かったです(笑)

NIS20181002_0011.jpg

明けて2日目。この日は行動時間長めなので、5:30に行動開始。


NIS20181002_0012.jpg

左手、奥丸山が朝日を受け始めます。


NIS20181002_0013.jpg

天気が良いので、槍へのルートは千丈乗越に上がり西鎌尾根に合流。
ここまでの登りがややきつめですが、早く稜線に出るので双六や裏銀座方面がよく見渡せます。


NIS20181002_0016.jpg

穂先が近づいてきました。

NIS20181002_0018.jpg

9:00 AM。人もまばらなので、一気に山頂まで登ってしまいます。

NIS20181002_0019.jpg

NIS20181002_0021.jpg

誰も居ない山頂。贅沢です!!

NIS20181002_0022.jpg

NIS20181002_0023.jpg

ちゃっちい槍が置いてあったので、手に持ってみました。ただの矢印ですか。。

NIS20181002_0024.jpg

北鎌尾根!いつか登れるかしらねー

NIS20181002_0025.jpg

良い天気でしょ。しばしうっとりとしてみますが。。

NIS20181002_0026.jpg

今回はここがスタートみたいなもんなので、先を急ぐとします。

NIS20181002_0028.jpg

大喰岳まで来ました。なにげにここからの景色がすばらしい。

NIS20181002_0029.jpg

左手。常念はじめ、パノラマ銀座の稜線。

NIS20181002_0032.jpg

前方。これから向かう穂高連峰が見え始めます。

NIS20181002_0033.jpg

中岳まで来ました。

NIS20181002_0034.jpg

南岳までの稜線と穂高。

NIS20181002_0036.jpg

南岳山頂。

NIS20181002_0037.jpg

後方の槍ヶ岳も遠くなりました。

NIS20181002_0039.jpg

足下には本日のお宿。南岳小屋です。
槍からここまでは徐々に高度を下げるので、後半でもそれほどきつくないですね。

NIS20181002_0040.jpg

1:00 PM。小屋に到着。

NIS20181002_0042.jpg

中はこんな感じ。どこもキレイですねー
ちなみにこちら、小屋閉めSALEはやっておりませんでした。

NIS20181002_0043.jpg

時間がたっぷりあるので、小屋のまわりをウロウロしてみます。
獅子鼻展望台からキレットを見下ろすKyoko。

NIS20181002_0046.jpg

夕暮れのテン場から。

心配なのは翌日の天気。
3日目以降は崩れる予報もあったので、ここで下山しないといけないかもなとも。。


後編に続く
8/18-19 針ノ木雪渓~柏原新道 ぐるりっぷ
立てばペンギン座ればタヌキ、歩く姿は森三中: imarinです。
アルペンルートを踏破しても、どーーーしても乗らなくてはならないトロリーバス。扇沢と黒部ダムを隔てるこの山々を、いつか登ってみたいと思っていました。

8/18: 扇沢 4:30 - 8:00 針ノ木小屋 - (宇宙と交信) - 蓮華岳往復 幕
8/19: 針ノ木小屋 4:30 - 針ノ木岳 - スバリ岳 - 鳴沢岳 - 柏原新道 - 13:15 扇沢

ということで、前週「ヤバイ奴ら」がたどった針ノ木雪渓へ。この週はもう完全に夏道で、雪渓歩きはなし。

春、山スキーに来たい~
sekkei.jpg

トリカブト。季節は秋へ。
2.jpg

8:00に針ノ木峠到着。あれ、ゆっくり歩いたつもりだったのに、2年前よりペースが速い??そうか、今回は食料が2日分だからかな(前回は3泊4日)。
3.jpg

さっそくテント設営、T1さんを見習って宇宙と交信。このままルービーに走るには罪悪感が・・・しかたなく(なぜ、しかたなく?)蓮華岳までおさんぽへ。

どーんと蓮華岳。
4.jpg

手前の稜線が、明日のルート。
5.jpg

ピーカンに爽やかな秋を思わせる風、360度の大展望を満喫後、ルービーの待つ針ノ木小屋へ。

しおこん部長は夏休みのため?、いかくんに活躍してもらいました。
6.jpg

2日目は長丁場なので、3時過ぎに起床、4:30出発。

おはよー。
ohayo.jpg

前回は針ノ木ピストンだったので、ここからはお初。
高校の山岳部らしき集団を追い越し、ガラガラの道を下ります。そこそこ岩々な道を登ると、あっという間にスバリ岳。いや~、スバらしい~、いいヤマです。針ノ木から30-40分くらいなので、来ないのはもったいない。

ピラミダルなスバリ岳。
8.jpg

200-300m程度のアップダウンを繰り返し、歩を進めます。そして、鳴沢岳へ。この下をトロリーバスが走っているのです。

鳴沢岳。なんか、勝った気分。
9.jpg

遥か足元に黒部ダム、手の届きそうな立山・劔。今日は槍にも穂高にも、会のメンバーが行ってるよな~

黒部ダム。
dam.jpg

昨日今日と、見飽きるほど見た、立山・劔。
11.jpg

新越山荘を過ぎると、柏原新道の始点:種池山荘が見えてきます。水平距離ではめちゃめちゃ近くに見えるのに、いったん下らされての登り返し(-_-) 比較的登山者の少ないルートでしたが、種池山荘は鹿島槍方面への登山者がたくさん。ここから最後の下り、下山家魂で駆け降りるも、全装だしさすがに疲れてきてアブナイので、途中からはおとなしく。13:00には登山口に到着するも、そこから15分の扇沢までの歩きがツライ~。

13:30のバスで大町温泉に出て、薬師の湯へ。ここは旧館を使うと空いているのです(^^)
そして味噌がウマイもつ煮で一杯、松本からのあずさは臨時狙いでベスポジを確保し、快適な帰途となりました(^^)v

ヤバイ奴らと行く 針ノ木雪渓
「山はどこに行くかよりも誰と行くかである」

一緒に歩くと、新しい経験や知識が自分を豊かにしてくれる、そんな人がいます
一緒に歩くと、脚が軽くなり、どこまでも歩けそうな気がする、そんな人もいます

しかし、こ、こいつらは・・・・・
IMG_1519-min.jpg
二日間一緒にいると、脳みそが溶け、自分がどんどんあほになるような、魂が抜けるような、
そんな気がします。
こら!写真撮ってるおめーもだよ!
P8110105.jpg


■2018年8月11-12
■一日目:扇沢~針ノ木雪渓~針ノ木小屋幕~針ノ木峠ピストン
 二日目:針ノ木小屋~蓮華岳ピストン~扇沢
■kyoko(CL) taichi , ryochin , うーさん

日程とタイトルは早々に決まりました。8\11-12 お盆なので「おぼんこぼん」
メンバーと行先が、きまらない。ミステリーツアーか!? 
一週間前にどたばたと決まりました!

「針ノ木だ!、あほあほ四人組だ!」

8/10金夜21:30。新宿を出発し、扇沢に向かいます。
まさかの夜間渋滞。八王子から大月あたりまで車が多い。

前週の劔岳も扇沢からでした。道の駅安曇野松川で仮眠し、早朝6:30着扇沢着。
既に無料駐車場は満車。12時間1,000円の最高級有料駐車場に止めました。

今回は、夜のうちに扇沢に入り、無料駐車場をゲット、のはずでしたが、夜中2:00で
既に無料は空きなし。24時間1,000円の上級有料駐車場を確保。仮眠をとります。
カミンベイベー!

8/11 7:00扇沢から行動開始
歩き始めから怪しい天候。
P1120516.jpg


雪渓に取りつく前から雨です。結構降ってきました。

余裕をかましていますが、まさかの凍える寒さ。
P8110082.jpg

雪渓そのものは下から見るとしっかりあるように見えます。赤ガラを
たどります。
P8110085.jpg

「のど」のあたりで雪渓は終わり。夏道に戻ります。

「最終水場」で水を汲んでいると。
キター。稜線に青空が見えました。
P8110088.jpg

11:00 約四時間で針ノ木小屋に到着!
南側の稜線が雲の合間に見え隠れします。
P8110091.jpg

テントを設営し、軽く食事をとり。
宇宙と交信し、
IMG_1505-min.jpg

天気も安定してきたので針ノ木岳に向かいます。
P8110095.jpg

岩稜にちりばめられたお花畑。
IMG_1511-min.jpg

たいちくんがカタコトの日本語で何かつぶやきます。
「キレイ。。。デタ。。。キイロ。。。オハナ。。。ウサギ。。。」
どうやら「雲の間から向こう側の稜線が顔を出した。とてもきれいだ。足元に咲く
黄色い花はウサギギクかな。」と言いたい模様。

世界で唯一のたいちの理解者ryochinは「あー、そっすねー(棒読み)」と
適当、いや適切に言葉を返している。

針ノ木岳山頂。
P1120550.jpg

足元に黒部湖。その向こうに雄山・別山の稜線。その右に剱岳。。。
P8110104.jpg

雲に隠れながら。ちらりと、時にどーんとその姿を見せます。
圧倒的な存在感。静かなる透明感。。。。しばし。。。。

こらー、おめーら、北アルプスを汚すやつらよ・・・しばくぞ
IMG_1519-min.jpg

しばし山頂でぐだぐだします。昼寝なんかもしちゃいます。
まこと贅沢な時間でございました。ごちそうさま。

先ほどの稜線をたどりゆったりとテン場に戻って歩きます。
光の加減が変わり、趣が違います。
P8110111.jpg

P8110129.jpg

テン場に戻り、さーてルービールービー、シーメーシーメー。
南側、槍ヶ岳方面を望む絶好のテラス席でゆるゆる飯です。
相変わらず小学生並みの中身のない会話をだらだらしつつ。
P8110133.jpg
P8110132.jpg
P1120557.jpg

スパムサラダ。トマト&豆カレー。kyokoの呪い魔法がかかっています。

P8110139.jpg

なんだか急に眠くなってきました。
翌朝の天候を心配しつつ。寝る。



8/12 3:00起床。周りのテントもごそごそ起き始めます。
軽く朝食を摂り、4:00行動開始。蓮華岳に向かいます。
5:00のご来光狙いです。風は多少ありますが、寒くはありません。真っ暗です。

歩きはじめ、少し星が見えたり、遠くが赤く染まっていくのが見えたりしますが。
高度を上げるにつれ、風とガス。

広いガレ場の稜線。ライトの光が乱反射して良く見えません。
道が不明瞭です。ピークらしきものが見えたり、道が見えなかったり。
分かれ道があったり。登りのはずが道が下っていたり。

こういう状況ではGPSの安心感は半端ないっす。邪道と言われそうですが。

約40分で小さな社のあるピークに着きました。視界なし。「ここだね」「そだね」
「いや、違いますよ。もうちょっと先です」冷静なたいちがGPSを見て言います。
確かに、私のGPSでもピークは先です。たいちえらい!

先に進みます。少し登り、ピークです。三角点もあります。「ここだね」「そだね」
「いや違いますよ、もうちょっと先です」
いやいやいやいやいやいやいや、たいちさん、三角点あるから。
ここですよ。間違いないから。
納得しない太一をなだめ、しばし待ちます。絶賛ガスってます。
だめだねー。風も収まらないし。さぶいねー。
P1120561.jpg

我々四人以外、誰もいません。みんな何処に行ったんだろう。
針ノ木かなぁ。あっちは晴れてるのかなぁ

なんとなく、帰るか、いや、もうちょっと。無言の会話が続きます。

来ました!
P8120150.jpg

ぼんやりと現れる稜線。太陽のかけら。どこまでも続く雲海。
いろんなものがいろんなことになって荘厳な朝日です。

P8120154.jpg
P8120158.jpg
とてもかっこよく撮れていますが、相変わらず会話は小学生並みです。
「音声無し」でお楽しみください。
P8120162.jpg

十分に朝日を堪能し、「今日はこんくらいにしといたるか」とテン場に戻ります。
針ノ木側の稜線がガスっています。うひひ。こっちは晴れてるもんね。(ブラックうーさん)

テン場に戻って撤収しながら朝食です。
針ノ木側からたくさんの人たちが戻ってきます。総じてテンション低め。
ブラックりょうちんが声を掛けます「どうでした?見えましたかぁ?」
悔しそうに「いや、ガスガス」、悔しそうに「ばばばばっちり丸見えだよ・・・・」
うっしっし。

7:15 撤収完了し、下山。扇沢に戻ります。
10:30 扇沢帰着 最後までぐだぐだやのう。
P8120174.jpg
P8120178.jpg

大町温泉郷で風呂に入り。そばを頂き、東京へ。
そんなこんなで無事帰ってきました。
IMG_1551-min.jpg

皆怪我もなく、無事に「あほあほ行程」を終えました。ありがとう。
また、行きましょう。たまにね。

「たまに」でいいからね。
脳みそ溶けるからね。

文責:うーさん
荒川三山
下界は猛暑の3連休、逃げるように荒川三山へ〜
南の南アルプスはアプローチが長く、稜線へ出てからもアップダウンの繰り返し、体力勝負。
その反面、景色とお花畑に魅了され、あっという間に登頂、2座獲得。個人的には聖岳も行きたかったな。

<日程>7月14日(土)〜7月16日(月)
<天候> 曇りのち快晴
<メンバー> yoco+他3名
<工程>
【1日目】椹島ロッヂ・・・カンバ段・・・赤石小屋
【2日目】赤石小屋・・・富士見平・・・赤石小屋分岐・・・赤石岳・・・小赤石岳・・・大聖寺平・・・荒川小屋・・・中岳・・・悪沢岳(東岳)・・・丸山・・・千枚岳・・・千枚小屋
【3日目】千枚小屋・・・駒鳥池・・・見晴岩・・・椹島ロッヂ

時計回りか反時計回りか悩ましい、、、8割ぐらいは後者らしいです
IMG_9510_convert_20180801213040.jpg

急登樹林帯の中、いろんなお花たちに遭遇
IMG_9512_convert_20180801213114.jpg
IMG_9513_convert_20180801213139.jpg

時間的に避難小屋まで行けたけど、とりあえず今宵の宿〜
IMG_9518_convert_20180801213228.jpg

甘いものでテンションアップ、桃のタルト♪
IMG_9519_convert_20180801213248.jpg

明日アタック〜〜!
IMG_9524_convert_20180801213307.jpg

翌日、富士見平からの景色〜
IMG_9530_convert_20180801213345.jpg

赤石岳、到着〜!
IMG_9541_convert_20180801213425.jpg

荒川小屋にてcake & coffee break ♪
IMG_9556_convert_20180801215205.jpg

悪沢岳、まだまだ遠いーー
IMG_9558_convert_20180801215231.jpg

見事なお花畑〜雷鳥がいたらしい。。
IMG_9561_convert_20180801215251.jpg

バックに見えるは仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、塩見岳〜
IMG_9573_convert_20180801215307.jpg

yay, 悪沢岳登頂〜!
IMG_9576_convert_20180801215324.jpg

珍しいお花らしいのだけど、、どなたか花の名前教えてください
IMG_9582_convert_20180801215343.jpg

意外と険しい千枚岳。。。
IMG_9584_convert_20180801215403.jpg

今宵の宿、千枚小屋
IMG_9592_convert_20180801215420.jpg

日の出と富士山〜
IMG_9594_convert_20180801215438.jpg

最後に見納め、バイバーイ
IMG_9605_convert_20180801215455.jpg

山行の〆は吊り橋で
IMG_9608_convert_20180801215511.jpg
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈