FC2ブログ
台風一過の北岳
3週間くらい前の山行報告です

日時:10月7〜8日
メンバー:kiku

3連休、のんびりしたいと思い台風一過、後半の2日で北岳へ。
20181008_083756.jpg 

さて、甲府発4:35ー広河原行きの始発に乗るためには甲府前泊です。
が、butしかし、、
ホテルの空きがなければステーションビバークです。
とは言っても、夏ならともかく、今はもう秋。

そこでのんびり山行の私は、7:05発に乗ることにして
初ネットカフェ前泊!
京王八王子駅前20秒のぽらん×ぽらんへ〜

これが、すこぶる快適空間でした〜
個室で柔らかいフラットマット。大の字で寝られます。
しかもドリンク飲み放題、アイス食べ放題!
シャワーもあり、3時間980円!常宿決定〜

さて、北岳は、大樺沢の左俣が台風で荒れていると聞き
9:30 白根御池ー草スベリの急登をのんびりと。
20181007_093602.jpg


紅葉がキレイです
20181007_093631.jpg


11:50 白根御池小屋前で昼休憩。
無料の水は美味しくて、トイレも手入れが行き届いていて天国です
20181007_121652.jpg


草スベリから見下ろす白根御池。テント泊にオススメです
20181007_125729.jpg


15:10 小太郎尾根分岐から肩の小屋へ、なだらかな道です
20181007_151951.jpg 

20181007_152205.jpg 

16:00 肩の小屋。
「あら、珍しい、甲斐駒の頭だけ出るなんて」と小屋のお姉さん
20181007_162958.jpg 

雲海に浮かぶ幻想的な甲斐駒
20181007_163007.jpg

夕焼け前の雲海と青空をながめながら
小屋で出会った幾人かの吞み助さん達と、星や花、写真、山行をほにゃほにゃ語りあって就寝。
20181007_163015.jpg


10月8日
5:30 美しいご来光を眺めながら、ほぼほぼ無風の北岳山頂へ
20181008_055311.jpg

甲斐駒、仙丈ヶ岳、間ノ岳方面を眺めながら・・・
20181008_062710.jpg20181008_063624.jpg

UVケアが出来ていなくて、日焼けが超気になる。。
20181008_062848.jpg


8:00 肩の小屋出発。大樺沢を下っていくと、ふもとの紅葉がキレイです
20181008_113628.jpg

12:00 いろんな方と出会い、笑い、来年のキダダケソウを楽しみにして。
「また、どこかの山で!」と約束して下山
のんびりゆっくりを満喫しましたとさ。

立山二山
紅葉を期待しつつ、初秋の立山に行ってきました。

メンバー:is,naho,yuki,gaku
9月22日(土):扇沢~室堂~雷鳥沢ヒュッテ
9月23日(日)雷鳥沢ヒュッテ~劔御前小屋~別山~真砂岳~立山~一の越山荘~室堂~扇沢

土曜日は今一つの天気ながら、日曜日は快晴の予報が出ていたため、予定していた立山に向かいました。

途中、中央道の諏訪のあたりは土砂降りの雨でしたが、前線が抜けると天気は回復傾向とisさんの高精度の天気予報にも出ていたため、安曇野で大王わさび農場に観光に行ったり、穂高駅近くでおそばを食べたりしながらゆっくり向かいました。



黒部アルペンルート内トンネル抜けて行きます
トンネル

黒四ダムの展望台です。バックは針ノ木岳方面。
ダム上





室堂に着くと秋晴れが広がっていました。
DSCN8399_convert_20180927214238.jpg

雷鳥沢ヒュッテまでは一時間ほど舗装された道を歩きます。
IMG_1733_convert_20180927214406.jpg

雷鳥沢ヒュッテは山の上で温泉に入れるなんて、最高です。
line_1537602640937.jpg

露天もあります。
温泉


日曜日も快晴。まずは劔御前小屋に向かいます。
IMG_1738_convert_20180927214930.jpg

剱岳を背景に。想像していたよりも劔御前小屋から剱岳は近い印象を受けました。
IMG_1745_convert_20180927220506.jpg

これから向かう稜線。秋の山らしい雰囲気です。
DSCN8456_convert_20180927215353.jpg

富士ノ折立までの登りは格好良いですね。
DSCN8470_convert_20180927215255.jpg

立山山頂にて。頂上の神主さんが9月の中では一番の天気だと言っていました。
DSCN8490_convert_20180927220339.jpg

穂高・槍ヶ岳・笠ヶ岳方面はもちろん、
DSCN8485_convert_20180927220119.jpg

富士山を真ん中あたりにうっすらと見つけ、その場にいた関西の人達と盛り上がりました。
DSCN8486_convert_20180927220214.jpg

下山時に見ると、紅葉が昨日よりもまた少し進んでいるようでした。今年は見頃が早いかもしれません。
DSCN8497_convert_20180927220617.jpg

ルートは登り1100m・距離11kmほどでなおかつ3000mを超えるのでそれなりに体力も必要でしたが、秋雨の中休みのお天気にも恵まれて、最高の二日間になりました。
【日程】 8月3日(金)夜~5日(日)
【天候】 晴れ
【交通手段】 マイカー2台
【メンバー】
 今回の山行の起案者 ”新選組局長” shさん
 最近髭を生やし始め ”映画監督みたいな” shimaさん 
 最初から最後までトップをつとめてくれた ”浪速のギタリスト” u-san
 野郎5人の夕食の面倒を見てくれた ”岩場大好き” yoneさん
 一番重いザックを背負ってくれた "ミスター歩荷” taichi くん

以上のメンバーに、今回リーダーを仰せつかったkenを含む総勢6名で、
「岩と雪の殿堂 剱岳」に挑みました。
完璧すぎる天候のもと、全員最後は少しバテバテになりながらも、
ケガなどもなく、無事帰宅することができました。


【8月3日(金)】
21時に京王線「千歳烏山」駅前集合の予定だったが、夏祭りのため駅前は進入禁止。
待機場所の確保に苦心している最中、
某メンバーが小田急線「千歳船橋」駅に向かってしまったことが判明し、出発がやや遅れ。
それでも、24時すぎには、大町松川の道の駅に到着し、仮眠を取る。


【8月4日(土)】
道の駅を6時に出発し、6時半過ぎに扇沢駅に到着。
無料駐車場は既に満杯、切符売り場も長蛇の列だったものの、
室堂までの往復切符はWeb予約で確保していたので、並ばずに済んだ。
(Web予約は、あまり知られていないようですが、おススメです。)



DSC_0519_convert_20180806212506.jpg
黒部ダムで記念撮影。皆、眼前の景色に歓声を上げる。写真ではわかりませんね(笑)


9時に室堂到着。shさんとshimaさんは、そのまま剣沢キャンプ場へ。
他の4人は、雄山・別山経由でキャンプ場に向かうことに。



IMG_3243_convert_20180806213228.jpg
雄山山頂。まだ全員元気。
じゃんけんぽん、yoneちゃんの勝ち、太一の負け〜〜



IMG_3275_convert_20180806213054.jpg
真砂岳、別山越しに、顔を出した剱岳。


室堂から、途中全く日陰が無い中で歩いているので、
皆さん、このあたりから、ややヘバリ気味に。
こまめに休憩を取りながら進み、漸く別山に到着。



IMG_3308_convert_20180806213515.jpg
別山にて、剱岳を目の前に一人佇むyoneさん。絵になります。



IMG_3316_convert_20180806231337.jpg
別山乗越から、剣沢キャンプ場に下る。
我々の到着を知らせるために、「アヘ!」と叫ぶが、風にかき消される。


IMG_3338_convert_20180806214133.jpg
キャンプ場で合流。yoneさんお手製の料理に舌鼓。多謝!



【8月5日(日)】
3時に起床し、4時に出発。剣山荘を経由して、アタック開始。
どんどん高度をあげていく。


IMG_3387_convert_20180806214255.jpg
順調に進んでいるようだが、実は行き止まり。少し戻ることに。


IMG_3390_convert_20180806214410.jpg
このような鎖場が続く。



IMG_3417_convert_20180806214656.jpg
いよいよ、蟹のタテバイ。数十メートル続く垂直の岩場。
いやが上にも緊張感が高まる。
トップは、ずっと、u-san。
ずっと、u-sanのセクシーお尻に先導されて洗脳されたメンバー間ではu-sanのお尻写真集を出す話も浮上。山友会会員は1人ノルマ3部購入義務まで詳細は煮詰まりつつあります。


IMG_3422_convert_20180806214816.jpg
蟹のタテバイに挑むshさん。ヘルメットには、大きく「誠」の一文字。



IMG_3427_convert_20180806214923.jpg
7:30に、剱岳山頂に到着!全員満面の笑顔。
と思いきや、前列の2名は妙に視線を反らしている。
写真を撮られると魂まで盗られると信じているんですね、きっと(笑)



IMG_3433_convert_20180806215047.jpg
立山をバックにshimaさん。何と35年ぶりの念願が叶ったそう。
前回は、一服剱で待機したとか。良かったですね、shimaさん。



蟹のヨコバイも無事通過。一歩目の足の置き所がポイントのようですが、
shさん曰く、赤い目印があるから、そこをステップにすれば大丈夫だと。なるほど。



IMG_3450_convert_20180806215203.jpg
岩場大好きyoneさん。



IMG_3460_convert_20180806215324.jpg
振り返れば前剱。よくも、あんなところを上り下りしたものと。



10:50にキャンプ場に到着。
帰りのトロリーバスの時刻が若干気になるので、急いで昼食及び撤収。



IMG_3467_convert_20180806235401.jpg
新室堂乗越からの下山路で出会った雷鳥の親子。
ちょっと分かりにくいかも。



IMG_3468_convert_20180806215720.jpg
別山乗越経由で、雷鳥沢キャンプ場へ。



予定よりも少し早く室堂に到着し、15:45発のトロリーバスに乗車し、扇沢に下りました。
その後、諏訪湖SAで夕食&精算。入浴後、解散しました。
中央道は相変わらず小仏トンネル前で渋滞。全員が帰宅したのは24時を回ったようです。

皆さん、お疲れ様でした。
無事山行を終えることが出来たことに感謝いたします。


快晴狙って北陸は、お花畑の白山へ〜♪

<日程>7月21日(土)〜7月22日(日)
<天候>曇り・快晴
<メンバー>yoco
<工程>
【1日目】
別当出合・・・中飯場・・・甚之助避難小屋・・・南竜道分岐・・・エコーライン分岐・・・南竜山荘(泊)
【2日目】
南竜山荘・・・トンビ岩コース・・・白山室堂・・・御前峰・・・お池めぐり分岐・・・大汝峰・・・山頂池巡りコース・・・白山室堂・・・エコーライン・・・南竜道分岐・・・甚之助避難小屋・・・別当出合

関東に負けず劣らず暑い金沢駅からバスでおよそ2時間半、登山口の別当出合へ〜
IMG_9623_convert_20180729182541.jpg

さすがは花の百名山!お花がいたるところに♪
IMG_9631_convert_20180729182706.jpg
IMG_9633_convert_20180729182729.jpg
IMG_9635_convert_20180729182757.jpg
IMG_9647_convert_20180729184208.jpg
IMG_9656_convert_20180729184545.jpg
IMG_9658_convert_20180729185936.jpg

美しい朝焼け〜
IMG_9648_convert_20180729184130.jpg

トンビ岩〜
IMG_9649_convert_20180729184305.jpg

いざ気を引き締めて出発〜
IMG_9654_convert_20180729184401.jpg

到着!
IMG_9660_convert_20180729185821.jpg

墨絵のように連なる山々の美しいこと!
そして雲海のかなたに見えるは白馬・剱岳・立山・槍・穂高・乗鞍・御嶽〜wow!!!
IMG_9668_convert_20180729190152.jpg

御池巡り〜
IMG_9671_convert_20180729190425.jpg

ついでにサクっと大汝峰へ〜
IMG_9674_convert_20180729190247.jpg

今回のベストショット
IMG_9676_convert_20180729190319.jpg

雪渓、雲海、お花畑、御池巡り、、と目を楽しませ心弾んだ素晴らしい山行でした。
おそらく今年マイベスト山行の候補です。
富士山
夏に行く山のトレーニングで、再び冬靴・冬山装備一式で今度は富士山駅~富士山お鉢巡り(往復)に行ってきました。

7月15日(日)・16日(月・祝)
メンバー:gaku
ルート:富士山駅~金鳥居~富士浅間神社~馬返し~一合目~七合目(泊)~山頂~お鉢巡り~(往復)

ルートは3100m登り、往復40kmとこれまで経験した山で最も登り、長いルートでした。
0合目の金鳥居から富士山まで相当な距離があります。
DSCN0830_convert_20180721154633.jpg

一合目の馬返しまで約9kmの車道歩き。
DSCN0834_convert_20180721154738.jpg

利用されなくなった山小屋がルート上にいくつかあります。
DSCN0836_convert_20180721154806.jpg

富士山は意外にも奥秩父のように森が綺麗な山でもあることが、下から登ったらよくわかりました。
DSCN0837_convert_20180721154830.jpg

五合目手前から山頂方面。
DSCN0843_convert_20180721154942.jpg

小屋でひと眠りした後、晩ごはんで仲良くなった同じく富士山駅から来た人とご来光を見に行くことになり、10:30PMに出発。
DSCN0867_convert_20180721155145.jpg

ご来光もきれいに見えて、行ってよかったと思います。やはりみんながおすすめするだけの価値はありました。
DSCN0899_convert_20180721155304.jpg

頂上。日が出てくるまで頂上で待つなら、ダウンがあったほうが良いと思います。
DSCN0915_convert_20180721155333.jpg

お鉢から南アルプス・北アルプス・八ヶ岳方面。
DSCN0918_convert_20180721155439.jpg

お鉢から八ヶ岳・奥秩父方面
DSCN0925_convert_20180721155528.jpg

そのあとは延々と富士山駅まで下り、久しぶりに山登りの後に翌日から筋肉痛になりました...
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈