FC2ブログ
アイガー北壁見てきました!
aoちゃんが紹介していた、映画「アイガー北壁」見てきました。
3月21日、どこでやっているか分からず取り合えず新宿歌舞伎町の映画街に足を運ぶ。驚いたことに四角い広場を囲んでいた映画館の多くが廃業していた。
仕方なくネットブックで映画館を検索すると靖国通りの伊勢丹の先にある数年前から流行のシネマ・コンプレックス「バルト9」であることが分かった。いやはや映画館も浮き沈みが激しいようで!
映画「アイガー北壁」は実話に基く作品です。この壁の初登攀者ハインリッヒ・ハラーの書いた「白い蜘蛛」にこの事件の記録が書かれています。映画はこの史実に忠実に、また当然観察者からは分からないクライマー達がぶつかった困難については想像力を働かせて作られています。この点で実に誠実な作りになっていると思いました。
映画が始まりまず驚くのはこの北壁の構造の複雑さです。写真を見るとただののっぺりした壁ですが、空撮による映像はいくつもの岩頭、垂壁をとらえ、そして第一雪田など雪が混じったこの壁の迫力を伝えます。よくも先人たちはこんな壁に挑んだものです。例えナチスによる奨励や名声に対する欲望があったとしても!
スポンサーサイト



Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈