FC2ブログ
2/13 裏丹沢スノーハイク
imarinです。
先週の檜洞丸で、足指の付け根の負傷の回復がイマイチだったので、ジョーゴ沢をあきらめ、ひとり裏丹沢散歩に行ってきました。

コース:焼岳登山口 - 焼岳 - 黍殻山 - 姫次 - 袖平山 - 姫次 - 東野バス停

「丹沢主脈縦走」とは、本来、大倉から焼岳までを言うのでしょう。
しかし、私はいつも下山後の入浴のために東野へ降りてしまい、主脈の一部を歩いていませんでした。
で、今回、その空白地帯を埋めに行ってきました。

なんと言ってもこの地域は交通の便がよろしくない。が、幸いなことに京王沿線在住の私は、橋本発6:20のバスに乗れるのであります。三ヶ木でバスを乗り継ぎ、焼山登山口着7:15くらい。身支度を整え、いざ出発!
今回は単独行、目的は「癒し」なので、ゆっくり景色を楽しみながらのんびり歩きます。

焼山の展望台から宮ケ瀬湖。
P2110018_convert_20120213220702.jpg

焼山から上の積雪は20-30cm程度、ズボッ!といってムダな体力を使わないよう、硬そうなところを歩きます。
とはいっても、それなりに時間はかかり・・・姫次に着いたのは11:00過ぎ。

と!絶景が~!!!
P2110037_convert_20120213220404.jpg

過去、主脈縦走を3回やっていますが、姫次からのこんな大きなふじさんを見たのは初めて!カンドー!
ここでは、ヒル方面からきたであろう3組くらいが休憩中。2人組の山ガールの姿も。
小休止の後、袖平山へ。このコースは絶景!ヒル、ボラ、大室、ふじさん、南ア、ゼーーーーーーんぶ見えました。

こちらからだと優しい姿のヒル。
P2110040_convert_20120213221455.jpg

調子こいて神ノ川から西丹沢に抜けたい気持ちもありましたが、なんといっても負傷者(?)、ここはおとなしく
計画通りに引き返し、東野へ下山しました。

今回のコースは東海自然歩道に指定されており、比較的安全なハイキングコースですが、いかせん交通の便が悪く、登山者は少なめです。夏期は、トレランの人にも出会いますが、ヒルからの縦走者は私同様、焼山を通らず
東野へ下山することが多いようです。無雪期は葉が生い茂って眺望がきかないのですが、この季節は最高の眺望が楽しめます。
冬のお気に入りコースにぽちっと追加♪

写真はこちら
スポンサーサイト



高津倉山
2/12~13、新潟の高津倉山に行ってきました。
前日まで吹雪混じりの雪だったのに13日に限って午前中快晴。
雪山って最高~~~\(^^)/    石


笠が岳
稜線より見る笠ヶ岳方面
続きを表示する
男体山去年に続き敗退(今回は新ルートから)
日程
平成24年2月11日~12日 (1泊2日)

メンバー
Cl会長、hayashi、ao,miya,kazu,matu以上6名

コース
11日:三本松茶屋駐車場~裏男体山林道~屈曲部より南進~1831m付近にて幕営
12日:幕営地~2200地点~2280地点(奥宮の対面)にて引返し(行動時間5時間30分~
    幕営地(撤収)~下山~裏林道~三本松駐車場

去年に引き続き日光男体山を計画。今回は志津小屋コースではなく,三本松駐車場から見えるスカイライン(正式には違うが)を通るコースを選ぶ。当然登山道は無く会長の座右の銘「我々の後に道は出来る」を正に経験させていただきました。低温、ラッセル、シャクナゲの三重苦でしたが1800m地点では4天を2張張れる場所も見つかり宴会も無事出来敗退にも関わらず満足のできる山行となりました。


GPSによる軌跡

20120220090313_00001_convert_20120220092116.jpg










三本松茶屋駐車場から裏林道に入る(天気は快晴!ただ樹林帯に入れば全く関係なし)

P2110002_convert_20120213131555.jpg



1800m付近での幕営2張やっと張れた。会長持参のししゃもと日本酒パーティ!トン汁は2食分もあり、最後は食いしごき状態

P2110011_convert_20120213131626.jpg


翌日、獣も通らないシャクナゲ地獄を味わう!皆顔に引っ掻き傷だらけ

P2120024_convert_20120213131707.jpg


ラッセルはディホルト!皆で交代しながら乗り切る。地形図ではなだらかでも小山あり、大岩あり、あたりまえか~

P2120027_convert_20120213131726.jpg



やっと到達した2280m地点。予想より少し東にずれちょうど頂上奥宮の対面に出る。ぐるっと右にまりこめば
2397mピークから奥宮頂上に到達出来る。あと高度100mを登る根性と時間がなく敗退を決める

P2120031_convert_20120213131746.jpg


敗退と決まった皆の残念な顔?やらせっぽいぞ~

P2120032_convert_20120213131810.jpg


地図読み師カズちゃん!助かりましたよ~

P2120036_convert_20120213131831.jpg


シャクナゲに邪魔されないように木によじ登り写した太郎山

P2120037_convert_20120213131856.jpg


三本松駐車場に帰り着き敗退を残念がるメンバー(うそっぽいけど)。後ろの男体山の左山裾から延びるスカイラインの後ろが今回のコースだったが、またもや頂上まで到達できず残念

P2120042_convert_20120213131918.jpg

写真はこちら

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈