FC2ブログ
葛根田川・北ノ又沢 、吾妻連峰 前川大滝沢
メンバー:Full ao
日程  :8月23日~26日

Fullちゃんの休暇に合わせて双六沢を企画するもこの天気~、一番良さげな岩手県から東北の旅に変更する。
最初の葛根田はまずまずであったが山形の大滝沢は残念ながら雨の中の遡行となった。
沢登りに大事なヘルメットを忘れ葛根田川はノーヘルで大滝沢は福島のワークマンでドカヘル購入で乗り切った。
憧れの東北の沢は懐が深く、味わいもある。今回レインコート企画としても行くことが出来大変満足できた。
25日の移動日及び休息日に平泉を訪れ、中尊寺金色堂の素晴らしを目の当たりし奥州藤原家の栄華を忍ぶ事が出来た。
by ao

葛根田川 日程  
8月22日世田谷20:30発~1時 東北道鶴巣PA仮眠
23日鶴巣PA6:00~ 9:30滝の上園地 10:30発~14:30大滝~滝ノ沢出会BP15:30
24日BP6:50発~北ノ又沢左股7:00~北ノ又沢右又大滝7:10~左又出会7:30~20m大滝~上の滝8:50~登山道10:30
 ~1283地点11:30~明通沢上部12:30~廃道の橋16:00~滝の上園地17:30



広い川の河原歩きからやっと沢らしくなって来た。

P8230054_convert_20140827111021.jpg





大ベコ沢にかかるもっこりとした岩。Fullちゃん追加修行中?

P8230061_convert_20140827111041.jpg





お函?にかかる滝、結構な水量に見える。

P8230065_convert_20140827111054.jpg





この沢はアクアステルス向きで無理目な斜面でもスタスタ歩ける。

P8230070_convert_20140827111114.jpg





早めに左岸に移るタイミングを失い、滝寸前から左岸に泳ぎ渡った、流れが速く、Fullちゃん危うく放流されそうになった。


P8230071_convert_20140827111129.jpg






葛根田川大滝、右側から巻ける。

P8230086_convert_20140827111142.jpg




滝ノ沢出会い手前BP、タープ用のお勧め案件、マキは少なく、このところの長雨で湿っていた。



P8230090_convert_20140827111200.jpg





テント目の前でFullちゃんが1匹、少し下流の曲りでao1匹GET、二人分あれは十分だ!!残った餌はお詫びに放流



P8230095_convert_20140827111213.jpg




この時はこの滝が北ノ又沢左又と気が付かず撮影、上流へと遡行してしてしまう。


P8240100_convert_20140827111226.jpg





右又にあった立派な滝、当然登れない!間違えた事に気付く

P8240103_convert_20140827111238.jpg




左又に入り直し、暫く滑など楽しんで歩くと、源頭の雰囲気となってくる。所がとんでもなくここから長い

P8240107_convert_20140827111254.jpg




この沢は素晴らしい支沢が多い。

P8240116_convert_20140827111422.jpg





20m滝が見えて来た。この時点ではこの滝を一切認識していなく、どこかでコースを間違えた思った。右巻を偵察するも粘土壁で無理!右壁から見た左も到底無理そうに見えたので、滝中央バンドを上がり滝の流水をもろにかぶりながら右上、ブッシュに逃げ込み上がれた。左巻が簡単に出来ると後で知って愕然とした。もっと探すべきだな~。結果ロープを使ったにのはここだけ。


P8240119_convert_20140827111324.jpg





20m滝から二つ目、最後の滝

P8240122_convert_20140827111354.jpg




八瀬森山荘と関東森の間、関東森まで10分位の所に出た、1時間ほど歩いてこの標識へ到着


P8240123_convert_20140827111457.jpg



明通沢への下降点がよく分からず、標識から一つ目の湿原の先から方角だけを頼りに猛烈な根曲り竹を漕ぐ、20~30分ほど漕ぐと水の音が聞こえて来た。

P8240124_convert_20140827111514.jpg




方角もあってるし間違いないと思い下り始める、少し下ると右から涸れたこれより広い沢が合わさって来る。本来はそちらが下降用ルートかも知れない

P8240125_convert_20140827111533.jpg




明通沢にかかる大滝、20mはあるかな~、滝はすべて懸垂で降りる、各々懸垂用の捨て縄があるが回収時、摩擦が大きいので適当な木を探してロープをかけた。

P8240134_convert_20140827111549.jpg




懸垂に飽き飽きしたところで廃道の橋に出会う。


P8240139_convert_20140827111608.jpg




踏み跡は割とはっきりしているが上部が竹や木で覆われ、コンタクトのFullちゃんは水中眼鏡をかけたり、目の前に木でバッテンガードをしたりで苦労している。


P8240141_convert_20140827111708.jpg




藪好きなimarinや会長にお勧めしたい!カーブミラーが空しく藪の緑を映す。山頭火なら一句読める景色かな~?


P8240142_convert_20140827111726.jpg


前川大滝沢へ続く

          ↓
       



続きを表示する
スポンサーサイト



Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈