FC2ブログ
7/24-27 白馬~朝日~蓮華温泉
imarin、天国より帰還しました。

7/24: 猿倉 11:05 - 14:45 鑓温泉 幕営
7/25: 鑓温泉 6:00 - 10:20 白馬岳頂上宿舎 幕営
7/26: 白馬岳頂上宿舎 5:50 - 8:50 雪倉岳 - 12:10 朝日岳 - 12:45 朝日小屋 幕営
7/27: 朝日小屋 4:55 - 7:50 花園三角点 - 8:50 白高地沢 - 10:00 兵馬ノ平 - 10:45 蓮華温泉

夜行バスで猿倉入りするも、前日からの大雨で大雪渓は通行止め。栂池へ回る人も多い中、鑓温泉へ向かうことに決定。この時点で、オリジナルの計画だった栂海新道は断念。

沢登りのように水が流れる登山道を鑓温泉へ。途中いくつか雪渓を横切りますが、落石の音が響き、実際上から落ちてくるのも見えて、イヤ~なカンジ。これでは大雪渓の通行止めも納得です。

鑓温泉への雪渓登り。ここは落石の跡は見られません。どこからともなく硫黄のにおいがする。
P7240029.jpg

ほどなく鑓温泉に到着。すでに何人かが露天風呂を楽しんでいます。テントを張って一休みしてから温泉へ。小屋の食事時間なので、貸し切り状態。テンバ近くには足湯もあり、このまわりで情報交換しながら夕食です。

サービスショット?
P7240044.jpg

翌朝もひとっ風呂浴びて出発。
稜線に出ると強風が吹き荒れます。今回は白馬鑓、杓子のピークは割愛して、白馬のテンバへ直行。今日は大雪渓開通、登山客が大挙してやってくるのが見えます。

大雪渓。
P7250065.jpg

が、テンバも強風。すり鉢状の地形のためか風が回り、かつてないほどテント設営に難儀。外に出る気にならず、読書しながら一杯やってぐだぐだ。

ここはやっぱ、大雪渓でしょう。
P7250072.jpg

翌朝も強風が続いています。白馬のピークを越え、雪倉への分岐までは渋滞。が、分岐を過ぎてからは風も弱まり、人も少なく穏やかな景色。足元には花々が咲き誇り、さすがカイチョー一押しのルートです。ここは、ここに生きる動植物たちの世界、人間はそこにお邪魔させてもらっているんだなぁ・・・

雪倉岳。
P7260105.jpg

ここからはぐっと登山客が減ります。花畑、樹林帯、湿地帯等々、変化に富んだ道を進み、朝日岳へ。

植物に弱いimarinもさすがに名前を覚えるほど、あちこちでいろいろな花に出会います。
P7260110.jpg

水平道への分岐へ到着、が残念、水平道はまだ開通しておらず、朝日岳のピークを越えてテンバへ向かいます。暑いうえに最後にこの急登はキツイ!

そして朝日岳頂上。
P7260124.jpg

朝日小屋に到着。小屋前のテーブルで一杯、次々に到着してくる人たちで次第にテーブルは賑わい、初対面の単独4人で19時まで宴会が続きました。

最終日は五輪尾根を蓮華温泉へ。いくつも雪田を横切り沢を渡り、花畑を抜ける変化に富んだコースです。花畑はまるで天国!どんな言葉もいらないでしょう。この晴天をくれた、神様に感謝。

P7270144.jpg
P7270153.jpg
P7270156.jpg
P7270160.jpg

最後は川からの登りが続いて、ようやく蓮華温泉に到着。一番乗りで貸切♪

この曇りのないガラス窓に、宿の姿勢がうかがえます。
P7270177.jpg

そしてもちろん・・・
P7270178.jpg

その後昨日テンバで一緒だったおとうさんたちも到着、一緒に帰京したのでした。
期せずして訪れた鑓温泉と五輪尾根でしたが、予想外の素晴らしさに大満足!
一方、計画しておきながらイマイチ気乗りしなかった栂海新道、こちらも日本海を間近に見て、やはり一度は行ってみたい気持ちが大きくなりました。ということは、来年再チャレンジか?!
続きを表示する
スポンサーサイト



荒川水系 滝川金山沢
出会いの丘~吊り橋~沢小屋沢下降~滝川本流~金山沢~幕場l~曲り沢下降~川又山道~吊り橋~国道
7月25日~26日
メンバー: Full, ao


今年初めての「泊り沢」なので簡単な沢へ…のはずだったのだが~。国道からの下降ルートで迷い、滝川本流では予期せず、泳がされ、金山沢の10m滝では、残地のトラロープで怖い思いをし、曲り沢へ下降するに最低鞍部が分からず、ウロウロしたりと結構、大変でした。金山沢は、最初の10m滝以外は難しい所はないのですが、倒木が多く、せっかくの渓相を損ない、もったいなく感じました。早めに幕場とした、下の小屋跡はマキが多く、沢泊の醍醐味は、しっかりと味わえました。
「東京起点沢ルート120 」には日帰り沢と紹介されてますが、アプローチ、下山時間を考えると、よっぽどサクサク行けないと、結構厳しいかもしれません。




吊り橋

P7250005_convert_20150727212924.jpg




沢小屋沢。最後の滝、広田さんの記録では、右岸から降りられるとの事だが、我々には無理。15m1回では無理で2回で降りる

P7250008_convert_20150727212950.jpg




滝川本流。右岸端CSに泳ぎ着き、這い上がろうとするが、ザックが邪魔で置いて上がる。流石、Fullちゃんは担いだままで上って来た。水の流れ次第だけど、真ん中の傾斜の緩い所も上がれたかもしれないな~

P7250013_convert_20150727213006.jpg



金山沢に入って二つ目の10m滝。左岸にトラロープが下がっていて、使って上がったが、体が振られる上に、泥壁で、怖い思いをした。訳の分からないトラロープに命を懸けるのは、軽荷の釣り屋さんだけでしょう!正しい沢屋さんは高巻いて下さい(笑)。

P7250017_convert_20150727213046.jpg


S字トイ状 面白い水の流れ

P7250023_convert_20150727213102.jpg




色々苦労したので早めに幕を張る。1,200円の養生シートを半分に切って来た物。雨に降られなかったが、十分だと思う

P7250028_convert_20150727213118.jpg



大好きな焚火と日本酒がある。燃え盛る火に見入り、人は何を思う…

P7250029_convert_20150727213315.jpg



迷いに迷った、曲り沢へ下る為の尾根の最低鞍部。小ピークに詰め上がってしまい、左右どちらの鞍部から降りるのか迷った。
傾斜の緩そうな左側から降りた。どうやら正解だったらしい。無事曲り沢へ降り立った。下り始め、見上げた鞍部

P7260054_convert_20150727213135.jpg




「曲り沢」巨石が〈多く、なかなかの美渓だ。沢幅が広く、釣り屋さんが多く入りそうな感じ

P7260059_convert_20150727213155.jpg

滑る岩のせいか、重荷のせいか?いやいや歳のせいだろうな~。結構こけてもうた!



にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
奥多摩海沢谷に遊ぶ
日本列島猛暑真っ盛り。奥多摩海沢谷はアメリカンキャンプ、キャニオニングなど
さまざまな、水に親しむ企画がいっぱい。清流で涼しい一日を満喫。紀野(L)深謝

P7250104.jpg
オールディー映画のメッカJR青梅駅朝9時集合、車で移動。

【実施日時】2015年7月25日(土)
【山域】奥多摩海沢谷;JR青梅駅9:00(車)⇒アメリカンキャンプ村⇒木材伐採場⇒
10:30海沢谷(歩)⇒12:00⇒大岳山登山口駐車場:ソーメンをベースに昼食⇒JR青梅駅(解散)
【参加者】紀野(L)、村上、松崎、文、林、川口、ちょう、室井、紀野あけみ 合計9名

P7250115.jpg
そろそろ準備開始

P7250134.jpg
10:30出発

P7250160.jpg
絶妙の紀野・紀野夫婦コンビ

P7250149.jpg
よみうりランドびしょ濡れコースターもはだし。海沢谷キャニオニングに遭遇

P7250144.jpg
塔のへつりのようだ

P7250142.jpg
巻いたら岩のなかから木が

rev11.jpg
大量流水ソーメン全員で一気に平らげ一休み。

ブログ村ランキング参加中!
↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
マリちゃん訓練山行(槍ヶ岳に向けて)
7月20日
メンバー:まり、宮ちゃん、ナベ、Uさん、ao

夕方には雷雨かな?と思っていた20日、奥多摩駅に降り立った時は、素晴らしい天気だった。稲村岩に向かう時は、滝の様な汗、汗、汗、、、、「夏の尾根は地獄でしょう~、やっぱ沢だな~、」なんて話ながら急登を上がって行く。鷹ノ巣頂上まで最後の急登に差し掛かった時、大粒の雨と近接落雷の連発!生きた心地がしません。撤退と決定します。マリちゃんの訓練としては、少しやり過ぎでしょう!(笑)。巳ノ戸橋から見た沢の景色は、昔の事件を思い出せる有様です。今回ばかりは沢に行かずに良かったと心から思いました。谷川に行った知り合いも帰京出来なかったようです。異常気象の連発する昨今、沢計画はより一層の慎重さが、求められそうです。


稲村尾根基部を回り込む。以前来た時より、若干水量が多く感じる。

P1010078_convert_20150721092505.jpg





稲村岩頂上 見上げる空は、夏そのものだ

P7200046_convert_20150721092630.jpg



撤退中に発見した祠に住む「ビリケンさんご利益は無さそう~

P1010080_convert_20150721092522.jpg


使用前

P1010076_convert_20150721092438.jpg

使用後

P1020083_convert_20150721092611.jpg

出水の速さに改めて驚く!沢登のリスキーさを思い知らされる

ブログ村ランキング参加中!
↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
大幡川 四十八滝沢
7月12日(日曜日)
メンバー: さわらび、篠原会長、やまづと、榊原会長、Full, ao

やっと晴れたこの週末、ようやく沢に行けます。入渓まで小1時間の林道歩きで汗だくです。四十八個あるかどうか、わかりませんが、滝だらけです。滝フェチにはたまらんでしょう。沢中は源泉から流れ出る冷たい水と、それをもろにかぶるのでガタガタと震えぱっなしです。天気が心配だったこの週末、山屋さん達は色んな所へ出掛けたのでしょうね~!当会の紀子さんは燕岳へ行った様ですが、どうだったのでしょうか?
by ao


最初の核心「大滝」 左から上がり中間部をトラバース、右側水流脇を上がる。水を被るのと、ヌメッテいるので要注意

3_large_convert_20150713151213.jpg





右支点はリンクスカムがいい具合に決まったので、そこから水流に沿って上がるルートをとる。

9_large_convert_20150713151227.jpg



七福の滝 2段15m  Fullちゃんリードで上がる。

DSC_0183_convert_20150713151302.jpg




中間部トラバース、 もろに被る、篠さんカッパ着て対応

20_large_convert_20150713151238.jpg




やっぱりカッパを着て上がって来る、榊原会長。さすが沢の老練ジャーです。

P7120121_convert_20150713151316.jpg




「白竜の滝」 2段すだれ状15m

P7120123_convert_20150712230639.jpg




下山道から撮った「七福の滝」 ほんとに登った滝なの?って、考えてしまう。

P7120128_convert_20150712230613.jpg




やっと入渓点に戻って来ました。途中「水雲山」方面に誘導してしまい、皆さんに余計なアルバイトをさせてしまいました。


61_large_convert_20150713151250.jpg





ブログ村ランキング参加中!
↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
ビッグロックは満員御礼!!
7月5日(日曜日)
Full,ナベ,ノリちゃん,ao

考える事は、皆同じようです。ビッグロックは大変な賑わいでした。ノリちゃんは5.10bのリードまで進み、完全に追い越された様です。しかし今年も雨が多い天気なのかな~?沢山行はどうなるのでしょうか。



まるでPUNP2状態!大入り袋が出ただろうな~。

DSC_0222_convert_20150707142003.jpg



ボルダで少し遊び、早々に帰り支度するメンバー。人が多いと、どうしても前半飛ばしてしまう。

DSC_0225_convert_20150707142019.jpg
ブログ村ランキング参加中!
↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈