FC2ブログ
7/28-31 針ノ木~船窪~七倉(烏帽子はギブアップ)
「いいかげん梅雨空けるでしょ!」
と休暇をとり、扇沢までの夜行バスを予約してわくわく。北陸が先に梅雨明け、関東甲信越との境目にある今回の山域はビミョーなお天気・・・

imarin単独
7/28: 扇沢 5:45 - 9:45 針ノ木小屋 ~幕営&小休止~ 針ノ木岳往復
7/29: 針ノ木小屋 5:50 - 6:55 蓮華岳 - 9:15 北葛岳 - 10:55 七倉岳 - 11:10 船窪小屋 ~ビール♪~ 12:10 テンバ 幕営
7/30: 船窪岳往復、七倉岳、船窪小屋付近おさんぽ、ビール♪&白馬錦♪ 幕営
7/31: 船窪テンバ 4:45 - 8:15 七倉山荘 ~温泉&ビール♪

*写真はクリックで拡大

扇沢では朝早くから遭対協の方が登山届の受付。imarinも提出して出発。
1時間ほどで大沢小屋に到着。おにぎりで朝食を済ませ、いよいよ雪渓へ。imarinは初めてですが、今年はやはり雪渓が小さいとのこと。たしかにあまり雪の上を歩くことなく、高度を上げていきます。

雪渓上部。
P7280031.jpg

稜線は水がないので、最後の水場で2.5L補給。小屋が見えてるのに遠い、ジグザグの登りがキツイ~
10時前には針ノ木小屋に到着。

テント設営、おひるねの後、針ノ木までおさんぽ。でもガスで残念。

かろうじて黒部ダムが見える。
P7280055.jpg

針ノ木小屋名物トイレ:「槍見」から。残念ながらこの日は見えず。
P7280060.jpg

翌日はまずまずのお天気。船窪までの短い行程。

蓮華岳付近にはコマクサがたくさん。
P7290081.jpg

そして蓮華の大下り。途中から雲に突入。
P7290088.jpg

大下りから七倉岳まではアップダウンが多い。ガレ場も多く、ヘルメットあって正解。
P7290098.jpg

そしてタルチョはためく船窪小屋へ。こちらはおもてなしにファンが多い。到着するとお茶が出て、出発時は鐘を鳴らしてくれます。
何よりすごいのは、スタッフがお客さんを名前で呼ぶこと。私はテン泊なのに、ちゃんと名前を憶えていてくれました。スゴイ。

食事に定評がある、囲炉裏&ランプの船窪小屋。
P7290120.jpg

小屋から下り20分登り30分の、スリルある水場。テンバはこの上です。
P7290121.jpg

3日目はメインの烏帽子へ。4時前に起きてパッキングし、さて撤収!と外に出ようとしたとたん雨が。出鼻をくじかれテンション下がりまくり。6時すぎに小やみになりましたが視界ゼロ。北アルプス一ハードと言われる行程、こんな日に歩いてもキツイだけなので停滞決定。船窪岳まで往復してみましたが、虫がスゴイ!早々に撤退。

七倉岳からも視界ゼロ。
P7300141.jpg

最終日は七倉まで下山。やっと槍穂をのぞむことができました。
P7310165.jpg

ブナ立尾根より急だというウワサの船窪新道を下山。ハシゴ5連発など、確かに急なうえに木の根で滑りやすい。最後まで気を抜けず。

七倉山荘に到着。温泉後のかんぱーい。
P7310180.jpg

烏帽子に行けなかったのは残念、ちょっと消化不良気味の山行となりましたが、次回船窪小屋に泊まる機会ができたと思うことにしました。烏帽子、待ってろよ~!

そのほかの写真
スポンサーサイト



Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈