FC2ブログ
11/6 秋川 天王岩クライミング
烏山壁仲間でスギローのA井さん、HAMAちゃんと、3人で登りに行ってきました。
この時期なのに、暖かく快適で、結構岩場は混んでいました。
5.8を2本MOSして、以前やった5.9をRP。
ちょっとアップで疲れてしまったようです。
この後、狙っていた本命のノーリー5.10b/cにとりつきますがRPできず、次回の宿題となりました。
A井さんとHAMAちゃんは、つゆしらず5.9をRPされ、手応えを感じられたようでした。
記:full

つゆしらず5.9をリードするHAMAちゃん

春雷5.9にトップロープセットに行くfullとビレイのA井さん
スポンサーサイト



11/3-5   3日目(火打山)日本海も見える富士山も、そして雷鳥も!
三日目 快晴 無風 ラッキー!
とりあえずコンロを付けて湯を沸かす。
朝はラーメンにした。
7時過ぎ火打山へ、テントは戻ってきてからたたもう。
朝日に浮かぶ火打山

木道なのか否か?それを外すと30センチは潜ってしまう。
待ってろよ!火打山
ウサギの足跡が多い。しかもでかい。これがなぜか木道の上についていて、道案内をしてくれる。
たまに外れるので安心はできない。

富士山が見えるんだけど・・・・
やがて雷鳥平。日本海の海岸線が良く見える。

さらに登る。富士山が見えてきた。
そして山頂へ 360度見わたせる。最高だ!!
火打山山頂
写真を何枚も撮り下山。雪道なので、時間が読めない。

ふと、前を雷鳥が横切る。ちょっと追いかけたが諦め、雪の足跡で我慢。
雷鳥の・・・・

テントを撤収しひたすら戻る。幸い雪質は変わってなくそれほど歩きにくくない。
高度が下がるにつれ、かえってぐじゃぐじゃで歩きにくくなった。
それを過ぎると落ち葉の道になる。
下山です。
15時半下山
河原の湯はかなり人がいるらしい。しかも温いと。
黄金の湯にまっすぐ行く。3人ぐらいが入っているが十分である。
う~!体に沁みる!!
11/3-5   2日目(妙高山)快晴だ!でも紅葉でなく雪山!
二日目 快晴風なし。
8時に燕温泉を出発。

さあ、出発! むこうに雪景色が見えま~す・・・

しばらくして雪道に降り始めで雪自体は固くなく靴も良く効く。
ポカポカ陽気で汗ばむ。やがて天狗堂へ
天狗堂 ポカポカ。

燕登山道は東側のため、雪は少ない。
鎖場 ちと危険です。


山頂でもそれほど風は気にならなかった。
山頂どえす!


ここから大倉乗越→黒沢池→高谷池までは天気はよかったが、久々の雪道でくたびれた。
夜は-5度ぐらいまで下がった。ちと寒く何度も防寒をを検討した。
本日のお宿 夜は寒いのか?

ホッカイロ極小を持っていたので足の裏にあてがったら寒さが落ち着いた。
夜空は満天の星である。象足がないので、レジ袋で代用。
これでトイレに行けるのだから、まだ暖かいんだ。
11/3-5 1日目(雨飾山)雪になっちゃった!
ちょっと強行軍でしたが、11月3~5日で三山登ってきました。
天気はどうかと気にしてましたが、一日目に雪が降り、その後は天気はよい物の雪山山行になりました。
kitchan ソロ

一日目 小雪
何とか9時過ぎに登山口に到着するも、雪がパラパラ。
まだそれほどでもないようだ。
荷物はおにぎりとテルモスで行けるとこまで・・・・
紅葉の中にトラップが仕掛けてあります。

荒管沢の少し手前より道にも雪が積もり、雲間に見える山頂は雪景色。
笹平は完璧に雪景色
視界不良の中、山頂へ
山頂です。雪の中!!
雪は止みそうになく、風もあるので、さっさと下山

ブナを眺めながら食事です。やっと落ち着きました。
下りのブナ平で日が差してきたのでやっと落ち着いて食事をとる。
駐車場に戻るとまた雪が降りだした。

気になる妙高小谷林道を通って妙高高原へ
ここが通れないと海までか長野までか迂回を強いられる。
しばらく車が通ってなく、落ち葉が埋め尽くした林道を通り、笹ヶ峰キャンプ場をチェック。
今回は赤倉のペンションに泊まり。明日の天気回復を祈る。
二日目へ
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈