FC2ブログ
四阿山

四阿山
DSC01920.jpg


四阿山ルート



四阿火山である、西の根子岳(2,207m)と南の四阿山(2,354m)に登ってきました。

岩あり、雪あり、草原あり。藪やぬかるみもありと、エキサイティングな山でした。
草原は広く、幻想的な風景も沢山あり、皆で声をあげることしばしば。
5月の風は爽やかで、とても気持ちよかった。

【山域】四阿火山(根子岳~四阿山)
【日時】 2017年5月27日(前夜出発)
【メンバー】 Kitchan 、Ryochin、Kyoko、yasuyo
【ルート】菅平牧場〜根子岳〜四阿山~中四阿~菅平牧場

四阿山(あずまやさん)は群馬県と長野県の境にある円錐火山。
浅間山と白根山の中間にあり、山容が屋根の形をしているのがこの名の由来。
吾妻山・吾嬬山(あがつまやま)などとも呼ばれ、嬬恋村では吾妻山が用いられている。


DSC01835.jpg
前夜の到着時は雨で、車中泊。
朝起きたら、そこは牧場。すてきな風景で朝を迎える。

・・・・・いやいや、実はもりちゃん(私)持参のポップアップテントの雨漏りで昨夜はてんやわんや。
車に詰込みで寝た疲労感はあるが、ラジオ体操でそれをごまかし、Ryoが爆笑ネタにする。


P_20170527_062100.jpg
曇り空とすこし霧がかったなか、登山口から入山、白樺と笹の道をいく


P_20170527_071802.jpg
経由する根子岳(ねこだけ)を目指して登る途中、晴れてきた!!


DSC01849.jpg
根子岳山頂すこし手前からの風景。 登ってきた菅平牧場を望む


P_20170527_074305.jpg
もうすぐ山頂・・・ おお~きな雲も景色も美しい!



DSC01854.jpg
根子岳山頂~ 
根子岳火山体の活動期は約70万年前から65万年前



DSC01861.jpg
四阿山に向かう急な下り。このあと、ぬかるみとヤブ道を行く


DSC01864.jpg
我々が癒されたカワイイお花。
名前が分からない。会長教えてくださーい!


IMG_0135.jpg
なんと雪!アイゼン無しで雪の急登をいく。怖かった!!
Kyokoちゃんは雪道が得意なのか、すごいスピードでサクサクいく
難所の登りはKitchanが、下りはRyoが私の足場をつくってくれた。


DSC01868.jpg



DSC01873.jpg
コンパスをマスターしたKyokoが方向をとる。 Ryoは学生時代、探検部だったらしい。
リーダーが、コンパスのちょっと難しい使い方をおまけで説明する

DSC01893.jpg
もうすぐ頂上

P1100189.jpg
着きました~~四阿山頂上!


DSC01887.jpg
『次男Tシャツ』と記念撮影のRyo、Kyokoちゃんは不安定なところもへっちゃらで撮影


DSC01907.jpg
下山に向かいます。大きな岩がゴロゴロする中を下りていきます


DSC01916.jpg
ピッチを上げた下り途中に、しばし休憩・・・ 山と渓谷の雑誌みたい・・・


IMG_0178.jpg
下山~。8時間よく頑張りました!! 


四阿山行程




にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
五月公開月例山行鳶尾山
鳶尾山は神奈川県厚木市の北にひろがる標高234mの低山で市民の憩いの広場です。
薫風の候、新緑に萌える厚木路を満喫。公開山行形式で多くのひとが集い、個人山行では
限られてしまう個々の交流をたっぷりと補完して、親睦と豊かな登山人生を育むことを
目的としています。頂上公園ではうどん鍋惣菜とコーラスで楽しい一日でした。

t案内版
【山域】鳶尾山  【日時】2017年5月28日(日)  【天候】晴 【交通機関】公共交通機関
【参加者】旭、臼井、石川(正)、大杉、加賀谷、川島、河津、神田、橘高、紀野、桑田、
小林、小南、 櫻井、高橋、ちょう、難波江、林、福井、文、松崎、皆川、宮澤、
村上、山田 合計25名
【交通】本厚木駅9:40⇒鳶尾山入口バス停10:10⇒天覧台公園⇒11:30
(鳶尾山観光展望台・日清戦没記念碑)12:00⇒鳶尾山山頂⇒
まつかげ台⇒本厚木駅

t001.png
本厚木駅前バス停;厚木市は人口22万を超えるベッドタウンとなった

t002.png
鳶尾山入口;都市化が進むなか里山と隣接する狭山トトロの森(埼玉)のごとく

t003
この花は何と言う名前ですか。蝶々も多い

t004
新緑の中を歩くⅠ

t005
新緑の中を歩くⅡ

t006
うどん鍋と煮物語りのはじまり

t007
m上鍋奉行と奉行補佐二名悪戦苦闘

t008
座っていては始まらない。まわりの人不安げ

t009
狛江山遊会k田さん指導のもとコーラスを熱唱

t010
嘗てアグネスチャンと活動していたyさんソロ披露

t011
やあいろいろ楽しかったですね
yamareco-logo.gif

ワラジ初め(大黒茂谷)
P5270107_convert_20170528074153.jpg

今回の戦利品!2本あれば、バイルを懸けるやつに使うとか~(笑)




2017.5.27
宮様、ナオさん、タイチ、ao

古ちゃんと小室谷に行った時、訪れてみたいと思った隣にある、沢です。沢登り初めてのナオさんを迎え、簡単な沢を選んだ、、つもりでしたが~。フェルトが初めてだと、滑るか、止まるかの判断がつかない!今季初めての我々も、感がなかなか戻らない。おまけに結構やばいルートを選んでしまい、ナオさんには怖い思いをさせてしまった。沢登りが嫌いにならなければ良いのだが~!



初めての入渓!!

P5270085_convert_20170528073501.jpg


いきなり、巨岩帯に突入!

P5270088_convert_20170528073517.jpg



くぐったり、登ったりで、結構大変だった!

P5270090_convert_20170528073532.jpg



P5270093_convert_20170528073910.jpg


右をへつり、左側の上がるが定石。真っ直ぐに突っ込んでみた。自分は突っ張りで抜けられたが、後日筋肉痛は必至(笑)

P5270096_convert_20170528074112.jpg




まだ、恐々だけど、ピースは忘れない~(笑)

P5270105_convert_20170528074131.jpg



全員、ブルブルと震える寒さ!暖かいラーメンで、何とか生き返った~。仕事道が横切る所で時間切れ終了でした。その上にある滝は次回の楽しみに。

IMG_2454_convert_20170528073445.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
北関東のネコ耳山
5月20日 晴れ
メンバー ono miyachan yonechan nahochan
群馬県 鹿岳

今回はネコの頭を登って片方の耳の上に行ってきましたよ。

k01_R.jpg
登山口からは杉林に囲まれた急な登り坂です。

k02_R.jpg
小一時間後、赤ヤシオが見えてきたらネコの頭のてっぺん、つまり鞍部に着いたんですが、尾根が細すぎて休むことが出来ずそのまま右側のハシゴや鎖を使って耳の上を目指します。

k03_R.jpg
頂上も狭い。頑張って10人座れる程度。
反対側から
k04_R.jpg

奥に見える山、山にしてはおかしな形ですねぇ。
山名書くのも野暮かしら。まあ、山岳会ですからご存じですよねぇ
k05_R.jpg

これ以上先に進むと全員死んでしまうので戻ります。

k06_R.jpg
おお、あれに見えるはもう片方のネコの耳。
10年前に行ってきたのですが、楽しい思い出が全く無かったので今回は行きません。他の3名は行きたかったようでしたが。

鞍部に戻ってアカヤシオを1枚。
k07_R.jpg

登山口に戻って時間が余ったので妙義山へ観光レク。
ブログをまとめるにあたり今回はチーフフォトグラファーのyonechanさんにプラスしてmiyachanさん、nahochanさんにも写真をお願いしたのですがどちらもメインの鹿岳でなくおまけの妙義山でした、、、、、
確かに妙義の岩峰は絵になります。

miyachanの1枚
k08_R.jpg
nahochanの1枚
k09_R.jpg
チーフフォトグラファー
k11_R.jpg
「わあ、すごぉい。ここも登れるんですよねぇ」
「………」

このあと妙義山神社や道の駅でのんびり時間を過ごして帰路に着きました。
k10_R.jpg

で、肝心のネコの耳の写真ですが今回はうまく撮れてません。
過去の写真があるのですが本編が長くなりました。
画面下の「続きを表示する」をクリックしてください。山行一覧のリンクから来た場合はそのまま続いて表示されます。
あっと驚くネコ耳山(勝手にそう呼んでるだけです)の全貌を特典画像と共にお見せします。

続きを表示する
伊吹山
DSC01817.jpg

2017年5月21日
【メンバー】 yasuyo 他1名
【天気】 快晴

伊吹山に登ってきました。
京都での用事があり、二男君・マーキと登山することになった。
30度以上の気温で、蒸し暑く、急登でなかなか過酷な登山でしたが、山は実に美しかった。

伊吹山(1,377 m)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の山。
伊吹山麓は昼夜の気温差が大きくそばの栽培に適していて「日本そば発祥の地」としても有名。

そのままよ 月もたのまし 伊吹山
(伊吹山は月の力を借りなくても、そのままの姿で十分に美しい)
松尾芭蕉の「奥の細道」は伊吹山のふもとの街「大垣市」で終えますが、伊吹山の美しさを称えた句を残しました。

DSC01776.jpg
近江長岡からバスで登山口のあるバス停【三ノ宮神社前】へ到着
(長浜駅からもバスでいけます)

DSC01780.jpg
神社裏から登山開始!

DSC01786.jpg
スタートから1合目までが30分ある。まだ日陰もあり爽やかな道をいく。
2合目からはひたすら炎天下をいく


18624807.jpg
3合目。『少しくぼんだ所が頂上だよ』と教えてもらう。
さぁ、ここを目指して登るぞ!・・・・と思ったが・・・。両眼が痛い!!
サングラスを忘れて紫外線で痛めてしまった。慌てて目薬をしてマーキのサングラスを借りる。



18643605_.jpg
6合目の避難小屋までは意外にすぐだったが、6合目から7合目までがなかなか着かない。
急登がつづき、やや過酷だが見晴らしのいい景色が気持ちいい。 琵琶湖も海のように広い



P_20170521_122943.jpg
登り・下りともに岩にしがみつく人も。2合目までが一直線で真下に見えるので恐怖感がある。
すれ違うのが大変な箇所も過ぎ、頂上まであと少し!



P_20170521_130716.jpg
着きました~

P_20170521_131151 - コピー
頂上 12:30
日陰のない炎天下の伊吹山はつらいとは聞いていたが、身体が熱い。
熱中症予防にかき氷を食べて、幸せ~


DSC01804.jpg
頂上がお花畑になるのはいつ頃かな?
2時に下山開始


DSC01806.jpg
春の花や薬草の中、楽しい。 植物を調べてくればよかったなぁ~

にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村


P_20170521_120824.jpg
景色が爽快! 
山の広さを感じられる2時間半の下山はロマンチックでした。
頂上が一面のお花畑になる時期ににまた登りたい~


DSC01818.jpg
伊吹山のお花畑地図。
6合目の避難小屋の周りはミントで埋め尽くされていて、いい香りでしたよ~(^^)/
時間があったら、薬草風呂に入りたかった~!!

足尾県境尾根
P5205007_convert_20170521231744.jpg

二子山手前、1358mに広がる、二子平。



2017.5.20
石川(浩)、文、アヤコ、ao

ブログ「山岳同人てくてく」に、この時期に「つつじ」が人知れず咲き誇る、天国の様な場所があると、紹介されていて、是非一度訪れてみたいと思っていた。確かに、最終目的地の二子平は、、ヨーロッパをイメージする、素晴らしい場所だったが、そこに至る尾根は最強のアヤコ嬢をもって「健脚向きですね」と言わしめる、道程だった。夏の様な暑さの中、氷でキンキンに冷やした素麺を食したのは、最高だったな~!



トンネルを出た所にある、廃屋から尾根目指して、適当に上がる。結構な急坂だ

P5200066_convert_20170521195352.jpg




期待していた、つつじの乱舞は、時期が悪かったのか、尾根下部は咲き終わり、上部は開花前の状態だった。

P5200072_convert_20170521195408.jpg



それでも、人知れず咲く、花達は可憐で美しい!

P5200074_convert_20170521195424.jpg



その重さで、ほぼ、歩荷訓練になった、昼食の冷やし素麺!最後は体が冷えて来た(笑)


P5205004_convert_20170521231303.jpg




P5200075_convert_20170521195436.jpg



全般的に明瞭な尾根。ただし1160mの地点は下山時、注意が必要だ。

P5200078_convert_20170521195450.jpg



下りは休憩なしで、登りの半分、1時間半!余裕のあやさん、マイペースで淡々の石さん、文ちゃんは「早いよ~!」と(笑)

P5200080_convert_20170521195505.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村

お花見山行 ツツジ編
足利近郊 行道山-織姫神社

4月29日 晴れ

メンバー  Miyaさん Yoneさん Nahoさん Ono

ヤシオツツジは栃木県の県花です。
ならばこの時期ならどこに行っても咲いているでしょうと安易な考えは、珍しく当たりでした。

ハイライトシーンだけサクッと簡単にご報告。

行道山浄因寺からスタート。
GEDC0838_R.jpg

尾根手前に寝釈迦がありますが写真は失念。


尾根から西はこんな感じ。
IMG_0363_R.jpg



尾根では所どころにツツジの回廊。
IMG_0359_R.jpg


日本三毘沙門の一つ、大岩毘沙門天でお昼を食べて…

いいでしょう。
IMG_0367_R.jpg


両崖山の登りあたりもツツジがきれい。
IMG_0366_R.jpg


全体的に白いツツジはあまり見れませんでした。

織姫神社手前のつつじ園からみた足利の街並み。
IMG_0373_R.jpg

藤棚の藤はこれからでしょうか。
IMG_0372_R.jpg

大したコースではないだろうと、寄り道にながらのんびり歩いていたら5時間半かかりました。


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
続きを表示する
岳沢定着山行(西穂高、前穂高)
メンバー:イマリン、Full、ニッシー、ヨッシー、りょうちん、アヤコちゃん、キョウ子ちゃん、タイチ、miyaちゃん、ao
期間:5月3日~5日

3日;上高地~岳沢 設営後 雪上訓練
4日:岳沢小屋前テント場~西穂高沢~西穂高
5日:岳沢小屋前テント場~奥明神沢~ダイレクトルンゼ~前穂高~岳沢小屋~上高地~帰京


「なんちゃて雪上訓練」後、戻って来た我が家。 早めに到着したので、場所は確保出来たが、悲しい事にトイレ前~(泣)


P5030005_convert_20170506154513.jpg



4日:延々と続く、西穂高沢。前穂高、吊尾根をバックに~。明日登る、奥明神沢が右端に見えている。

P5040015_convert_20170506154528.jpg
P5040017_convert_20170506184330.jpg



狭い、西穂高頂上で。眺めと皆の笑顔は最高でした!

P5040024_convert_20170506154559.jpg


西穂山荘から続く稜線、何人かが登って来る。

P5040019_convert_20170506175726.jpg




帰り着いての、ビール!小屋特製ビーフカレー!小屋前キャンプの良さですね~!

P5040031_convert_20170507093630.jpg





5日:奥明神沢 ノドよりダイレクトルンゼの上部。かなりの急勾配だが、早朝の為、上部の雪は安定していた。


P5050036_convert_20170506154615.jpg




ガスに巻かれる、前穂高頂上。下山途中に晴天となる。雪崩のリスクと景色、折り合いがつけば最高なのだが~。


P5050045_convert_20170506154702.jpg


雪が多く、はっきりした頂上はわからないが先端に向う!北尾根を上がって来た、爽やかな若者2名に出会う。吊尾根に向かって行った、心の中で無事を祈った。

IMG_2998_convert_20170507093546.jpg





先端の岩場より、涸沢カールを北尾根越しに見る。はるか下に見える、涸沢ヒュッテ。すごいテントの数だ~!

P5050038_convert_20170506175740.jpg






最後の名残を惜しんで、ラインダンス? 残りの連中は、オハラ鬼軍曹(fullちゃん)に追い立てられて、走る様に下山でした(笑)

P5050053_convert_20170506154717.jpg


事故の多発した今GW、全員が無事に登頂、下山出来た事が何よりです。最後の最後に大事件が起こるのですが、それはまた後日~。


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村

東海自然歩道(西丹沢~͡菰釣山~石割山~山中湖)
【山域】丹沢,富士
【日時】2017年5月4~5日 晴れ
【メンバー】Kitchan solo

【行程1日目】西丹沢自然教室08:44-畦ヶ丸11:07-畦ヶ丸避難小屋11:13-大界木山12:42-城ヶ尾峠12:44-13:48菰釣避難小屋泊
【行程2日目】菰釣避難小屋05:38-05:58菰釣山06:05-07:00樅ノ木沢の頭-7:56大棚ノ頭(山神峰)-08:11山伏峠-08:40石割山分岐-09:45石割山10:39-11:36大平山11:54-12:25大平山ハイキングコース入口-13:23紅富士の湯

3月に東海自然歩道で裏丹沢を縦走したので、その続きで山中湖まで足を延ばしてきました。

P1070265_R.jpg
ビジターセンターはすごい人だったが、こちらはあまり来ないみたいだ。

P1070267_R.jpg
木漏れ日が気持ちいい!

P1070270_R.jpg
畦ヶ丸山頂に到着!

P1070273_R.jpg
やっと富士山が見えてきた。

P1070284_R.jpg
こういうのいいですよね!

P1070285_R.jpg
菰釣避難小屋一番乗り。マイブームのウエルカムポップコーン!


P1070286_R.jpg
翌朝は早めに出発!

P1070287_R.jpg
菰釣山山頂 右の尾根を今日は進みます。

P1070305_R.jpg
山伏峠を経て石割山へ
富士山は笠をかぶってしまったが、良い眺めです。

P1070307_R.jpg
南アルプスの面々 今年はいくつ登れるだろうか?

そして、更に尾根筋を進みやがて山中湖湖畔、ゴールは紅富士の湯でした。
やはり、登山の後は温泉でしょう(^∇^)ノ

GWでめちゃ混みの中央道をバスでまったり帰ってきました。




Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ