FC2ブログ
棒ノ折山(棒ノ嶺) 沢ルート

P1100805_20170807131213411.jpg

棒ノ折山に行ってきました。
涼しい山をのんびり歩きたいねと、4つあるルートから沢をたどって登るコースを選びました。


有間ダムから沢をたどり、滝の脇や岩壁がせばまっているゴルジュも通ります。
頂上に近づくにつれ、上流の石は大きくて迫力を感じました。 
尾根上には岩茸石という巨石がありますが、登ってみると見晴らし良しでした。
棒ノ折山頂からは、天気がよければ秩父の山々を180度パノラマで眺めることができます。
帰りは尾根道を通って下山します。

【山域】棒ノ折山
【日時】 2017年8月5日  曇りのち晴れ
【メンバー】 yasuyo (リーダー), kyoko
【ルート】有間ダム~藤懸の滝~天狗の滝~白孔雀の滝~ゴンジリ峠~棒ノ折山~岩茸石~滝ノ平尾根~さわらびの湯

埼玉・西武池袋線の飯能駅からバスで『河又名栗湖入口』へ
その次の停車『さわらびの湯』で降車してもいいのですが、トイレをご使用のときはこのバス停で降りるのが良いみたい。

DSC02296.jpg

有間ダムからスタート


P1100779.jpg

ダムの橋を渡って右折すると登山口


P1100782.jpg

いい感じで入山


DSC02307.jpg

白沢谷登山口


P1100789.jpg

沢をたどります


P1100801 (1)


P1100798.jpg

さあ、沢にワクワクします


P_20170805_101927.jpg

Kyokoさんが小さくみえます


P_20170805_102208.jpg

引っかかりの少ない大岩もあります。岩の割れ目に足を差し入れて登ります


P_20170805_102614.jpg


P1100803.jpg

かなり高くまで登ってきました


P1100805.jpg

美しい水の流れ


P1100808.jpg

今日はふたりとも、トレラン用・防水のアクアステルスの靴できましたが滑らずに登れています。


P1100809.jpg

鎖場ですが、のぼりやすい
途中、シャリバテをした女性が座り込んでいました。男性を含む5人が付き添っていたので通過


P_20170805_110202.jpg

沢を登り切りました


P_20170805_111613.jpg

岩茸石に到着! 
岩の向こう側からロッククライミングしてみました。滑るので注意が必要です。
kyokoさん、思わずバンザイ\(^o^)/


DSC02331.jpg
木の根っこが絡まる道を登る


DSC02330.jpg

登る


P1100813.jpg

頂上につきました~ こんな感じです。
あれ~ ガスっていて秩父の山々のパノラマはみえません。。


P1100829.jpg

記念にふたりで揃ってパチリ!


DSC02336.jpg

義父が昔に使っていた飯盒(はんごう)を私が譲りうけたので、今日は炊いてみたくてもってきました!!
70年ほど前、義父が20歳くらいのときのものだと聞いていますが、炊爨するのは初めて。
お燗用具もありますが、これは普段でも使っています。古くても壊れません。

上手く炊けるかな??水加減どうしよう、、先輩にきいてくればよかったなぁ。。
だれか教えて~


P_20170805_124038.jpg

今日はワンタンスープとハンバーグです


P_20170805_124749.jpg

山でも美味しく上手に焼ける、マルシンハンバーグ! kyokoさんは知らないみたいですが、私は歌います。
(^^♪マルシン、マルシン、ハンバーグ♫♫ 


DSC02337.jpg

ごはんも美味しく炊けました!! 美味しい~。
よかったぁ~~
(蒸らし入れて40分くらい)


P_20170805_144556.jpg

下山します
ピストンはしないで、岩茸石まで少し戻って滝ノ平尾根をいきます。

P_20170805_144520.jpg



P1100836.jpg

下山しました~!!
さわらびの湯でお風呂~~♪


今日はとっても蒸し暑い一日でした!
汗びっしょりでしたが、
プチ沢のある美しいルートを、ときには涼しく、たのしい登山を満喫できました。
低山で短い行程ですが、お勧めのルートです。

帰りも飯能駅までバスで45分、涼しくの~んびり揺られました。(完)

8/5 モロクボデビュー
どうも縁のなかったモロクボ沢へ行ってきました。
imarin&シホリン(imarin友人)

P8050186.jpg

これが大滝ですか。
左からの巻き、安全重視の我々は、ある程度高さがある場合は面倒がらずにロープを出します。

善六のタワへの分岐はわかりにくかったので、愚直に畦が丸へツメ。
最後、「稜線上がっちゃう??」と、鹿道を上がったものの、踏まれていない岩々のヤセ尾根。
生木以外は手がかりがなくドロドロ・ヒヤヒヤ、大滝よりも核心になってしまったのでした(-_-;)
短気を起こしてはいけませんね。

写真はほとんど撮らず・・・
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈