FC2ブログ
八甲田山
P_20171006_153829.jpg


P_20171006_152818.jpg



~あずましゆっこ青森の旅~ (いい湯の旅)

八甲田山に行ってきました。

八甲田山
青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ。
「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群。
青森県のほぼ中央に位置し、約20km南には十和田湖が位置する。


【日程】2017年10月6日
【メンバー】 yasuyo(リーダー)、Kyoko、Noburin
【天候】 曇り
【行程】
八甲田山荘 ~ 八甲田ロープウェー山頂公園駅~田茂萢湿原~ 宮様コース分岐~ 赤倉岳(北八甲田)~井戸岳~井戸沼 ~大岳鞍部避難小屋~八甲田大岳(1584.6m)~大岳鞍部避難小屋~毛無岱の階段~下毛無岱小屋(1070m)~下毛無岱休憩所~城ヶ倉分岐~酸ヶ湯温 ~ 地獄沼 ~ 酸ヶ湯温泉

P_20171006_074233.jpg

当初ソロで計画していた青森が有り難いことに3人旅となりました。
新入会してくださった、ノブリンの百名山◇61・62座目◇を一緒に目指します!
夜行バスは空いていて、ほぼ180度リクライニングで熟睡しての到着。
今回の宿は農家に民泊(Airbnb:現地の人から借りる家)を利用。
民泊先がカーシェアもしていたので「デリカ5D・8人乗り」をレンタカーの1/3の料金で3日間お借りしました。
(大きな車・・・運転が不安・・。でも夜間はノブリンが運転してくれて安心です)
今日は岩木山の予定でしたが、天気予報と初雪情報を検討して八甲田にします。

IMG_20171006_081950 - コピー

7:40バスを降りたら、民泊のご主人がデリカとともに待っていてくれていました!
そのまま八甲田山へGO!!

kP1110112.jpg

ロープウェイ(始発は9時)乗って「八甲田山頂公園」へ

kP1110124.jpg
田茂萢(たやもち)湿原に立つ。
信号機のような私たち。

P_20171006_104831.jpg
メルヘンチックな色合いです


P_20171006_114116.jpg
赤倉岳(北八甲田)からの景色です

009-01-05 125202
井戸岳に向かって歩きながら赤倉岳を振り返る。赤倉岳という名前の由来はこの赤い土にあるのでしょうか


P_20171006_121302.jpg
井戸岳に向かいます
赤粘土と緑と雪と、コントラストがいいかんじです



P_20171006_121327.jpg
きのう、八甲田に初雪が降ったんです。


P_20171006_140604.jpg


2009-01-05 132553
井戸岳を降りて八甲田大岳へ
kyokoが先導してくれます。彼女は雪道をあるくのがとても上手です



009-01-05 130749



P1110161.jpg
大岳鞍部避難小屋です。トイレ休憩をして小屋の後ろの大岳頂上をめざします。
大岳を登ってここにもどって向かって右方向の毛無岱方面へ行く予定です


P1110166.jpg
昨夜3~4センチ積もった雪が滑ります。アイゼン、車においてきちゃったなぁ~

009-01-05 140902
八甲田大岳に着きました~
ノブリン61座目おめでとう~\(^o^)/


P_20171006_140623.jpg
八甲田大岳からの景色。岩木山のシルエットが美しい


さて、大岳鞍部避難小屋までもどって、楽しみな毛無岱へ向かいます (ワクワク(^-^)


P_20171006_151540.jpg

『もうすぐ階段ですよ』という言葉を他の登山者から聞くも、その意味を深く考えずに進みます



P_20171006_152633.jpg

NHKでよく放送される【毛無岱の階段】(けなしたいのかいだん)。


P_20171006_152630.jpg

280段あります


P_20171006_153334.jpg

P_20171006_153352.jpg

見惚れてひたすらに階段を降ります


P_20171006_153829_20171014000304182.jpg

階段を降りきって振り向くと、この景色です。
色がいったい何色あるのか。


009-01-05 173803

酸ヶ湯温泉へ下山


009-01-05 174728
下山後に10分歩いて、どうしても見たかった【地獄沼】へ
なんとも言えない水の色と紅葉でした。


今回は民泊を利用して農家の家の2階をお借りしましたが、なんと!お庭に温泉が湧いていて24時間・温泉入り放題でした!!
お食事も綺麗な盛り付けで美味しかったです~
P_20171007_074956.jpg
600円の朝食


◆八甲田山、彩り豊かな山でした~
晴れていたらさらに綺麗だったと思いますが、秋の紅葉を存分に満喫(^^)/
色彩に紫やピンクを含んでいることに感動しました。
【毛無岱の階段】(けなしたいのかいだん)は登るより降りたほうがいいそうです。
毎年、紅葉の色に変化があるそうで、昨年はオレンジが、今年は黄色の色味が強いそうです。(完)









スポンサーサイト



紅葉の涸沢(奥穂登頂)
日程:10月7日~9日
メンバー:会長(ポータートミー)、ユキちゃん、ノンちゃん

憧れの「紅葉の涸沢」&「奥穂高」にテント泊で行って来ました。入会して半年以下の私たちを引率してくれたのは、我らが会長(別名ポータートミー)です。奥穂の怖い急登も何の園真理、三田明!会長はその名に恥じない、おお~地下足袋姿、他の登山客は絶対、小屋関係者と思って、尊敬の眼差しで見ちゃってます~(多分)。いきなり高いハードルをクリヤー出来て、次は何処に行っちゃう~って、ドヤ顔でほざくいている私達です。




image1_convert_20171013104118.jpg

人生で初めて15K以上の荷物を背負って、涸沢まで歩きます。横のおじさんはポーターです(失礼しました!会長さんです)。


image2_convert_20171013104146.jpg

横尾から3時間、雨の中を頑張ります!会長、寒くないのかな~?感じてないのか!



image3_convert_20171013104201.jpg

これが噂の「涸沢団地」か~!かろうじて、岩の上にテントを張る事が出来ました。



image5_convert_20171013104229.jpg

キタ~!!!涸沢名物、涸沢槍、奥穂を照らす、モルゲンロート!!!チョウーサイコウ!!



image6_convert_20171013104243.jpg

すかっぱれのパノラマルート、ザイテングラードを上がります!!キャー男前!!



IMG_14_convert_20171013104416.jpg

カッコイイぞ~!?我らが、愛してやまない、プリティ-トミー会長!


image9_convert_20171013104309.jpg

奥穂頂上で~!全方位、見放題です。今日は天気も最高、あちこちに行ってる我らが山友会メンバーも、同じ様に見てるだろうな~



image12_convert_20171013104401.jpg

さらば涸沢、また来る日まで~!今度は真っ赤に燃える雪のモルゲンロートを見たいです!会長、お願いします!!
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈