FC2ブログ
7/13-17 荒天のトムラウシ
「・・・これ、しばらく立ち止まったら、余裕で低体温症になれるかも・・・」

北沼
3_水没
1_600M.jpg

あと600Mの山頂を巻いて下山したトムラウシ。
悪天候の中、北海道をナメてた自分、準備が甘かった自分の反省&備忘(残念ながら美貌ではない)を兼ねてシェアします。

メンバー: imarin他2名

7/13 曇り時々小雨: 黒岳リフト~黒岳避難小屋 幕
7/14 曇りのち晴れ: 黒岳避難小屋~忠別避難小屋 泊
7/15 雨風ともに強: 忠別避難小屋~ヒサゴ沼避難小屋 泊
7/16 雨風ともに強: ヒサゴ沼避難小屋~トムラウシ温泉 泊

今回の北海道遠征は某沢遡行の予定でしたが、7月初旬の大雨で被害のあった地域だったため、急遽黒岳~トムラウシの縦走に切り替えました。バリエーションから登山道への変更、タープ&シェルターからテント携行、でなんとな気が緩み、時間もなかったのであまり下調べをしないまま出かけてしまいました。

7/13は黒岳でテン泊。翌7/14は当初、白雲岳避難小屋泊で周辺の花畑をめぐる計画でしたが、15日・16日が雨の予報ということで忠別避難小屋まで。ここから先へ進むと、エスケープルートはありません。

黒岳より。
黒岳

忠別岳を超えたところで、トムラウシが。
トム

7/15、忠別避難小屋を出発、予報通りの小雨の中歩を歩き始めます。次第に雨風ともに強くなり、レインウェアの防水をしっかりしていなかったせいで、びっしょり。幸い気温が高いので体温は奪われません。ガスで見通しがきかず、マーキングも雨で流れてしまい、広い雪田や雪渓を歩くと道を見失います。こんなにルートファインディングが難しいとは思っておらず、地形図を携行していませんでした。次のキャンプ地はヒサゴ沼か南沼。南沼まで行けば最終日が楽だけど、避難小屋はなくテンバの様子もわからない。忠別で他の登山者に聞いたところ、川の間にテントを張るような場所とのこと。川が増水したら?吹きさらしだったら?不確定要素の強い南沼を避け、ヒサゴ沼避難小屋で停滞決定

遭難事故当時は雨漏りで濡れてしまい、体力が奪われたというヒサゴ沼の避難小屋。現在は快適。
ヒサゴ沼

7/16、まさに9年前、遭難事故のあった当日。トムラウシ温泉までの行程が長く、故障者もいるので、4時出発として就寝。夜中ますます風雨が強まり、場合によってはもう1日の停滞を覚悟。3時に起床するも出発を後らせ、ラジオの天気予報を確認してから出発。小屋からはショートカットルート、チェーンアイゼン装着で急な雪渓を登るもルートファインディングが難しく、GPSの助けを借りつつ登山道へ。叩きつける雨と、風に煽られながら歩を進めます。北沼は増水して登山道も水浸し、濡れた身体に強風が吹き付け、止まったら低体温症になる可能性も?お互いの実力をよくわかっている仲間同士とはいえ、万一ここで誰かが動けなくなったら、いったい何ができるだろう?こんなところでテントを張れるのか?乾いた服に着替えられるのか?おのおの同じようなことを考えながらトムラウシ山頂への分岐へ到着。頂上まで600m、百名山ハンターではない我々は全員一致で頂上を踏まない巻道を選択。回り込んだ南沼付近は風も弱め、トムラウシ温泉からの登山者も多く、ほっと一息。その後はコマドリ沢付近の雪渓が登山道を見つけにくかったほかは、時間はかかるもののドロドロになりながら下山しました。

今回1名が膝を故障気味でスピードが出せず、エスケープルートがないうえに営業小屋がなく、様々な場面で判断が必要でした。
そんな中、誰かが仕切るわけではないけれど安全に対する考え方が近いメンバーだったので、おのおのが意見を出しつつも意思統一が容易で、行動にも無駄がなかったように思います。持ち物としては、スリング&ビナは持参していましたが、今回割愛してしまった補助ロープ、万一渡渉で増水していたら??と考えると、やはりあると気持ちが楽かも・・・

9年前の事故当日は気温も低く、北沼あたりでは膝まで水につかったとか。条件がひとつでも変われば、自分たちも遭難するかもしれない、なんとなくテキトーになりがちなギアのメンテの必要性も再認識し、忘れがちなことを思い出させてくれたヤマでした。
続きを表示する
スポンサーサイト



7月度公開月例山行 鎌倉六国見山
 六国見山(ろっこくけんざん)は、円覚寺後方に位置し円覚寺山号の「瑞鹿山」
と呼ばれることもある。鎌倉の古道をめぐり、尾根にそびえる六国見山からは壮大
な眺望と、北鎌倉の豊かな自然を楽しむことができる。六国見山の由来は、旧国名
で相模、武蔵、安房、上総、下総、伊豆の六国が見えたことに由来して六国見山と
名づけられた。
r007.png

【山域】六国見山 【日時】2018年7月30日(日)  【天候】晴 
【交通機関】公共交通  【参加者】12名
【コース】大船駅⇒常楽寺⇒高野台登山口⇒六国見山頂上展望台
   ⇒明月谷登山口⇒JR北鎌倉駅

r006.png
鎌倉市大船地区は開発が進み東京のベッドルームとなった

r001.png
JR大船駅 台風12号の折よく集まりました

r005.png
鎌倉古道は急峻な切通しを以てする

r003.png
食材、機材、人材、場所OK

r002.png
台風一過の猛暑

r004.png
熱中症にならぬうち帰りましょう
Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈