FC2ブログ
源次郎尾根より剱岳
<源次郎尾根二峰
源冶郎尾根第二峰

2009年9月19日〜21日
メンバー:ao,カズ
19日 扇沢〜室堂〜剣沢キャンプ場(設営後出会いまで偵察)
20日 キャンプ場4:00〜源次郎尾根出会い5:00〜一峰7;40〜二峰8;45〜剱岳頂上10;45〜別山尾根下山〜キャンプ場
21日 キャンプ場〜別山〜真砂岳〜富士ノ折立〜雄山〜室堂

沼ちゃんのリクエストで剱岳源冶郎尾根に行く事になった。不安なので助っ人にカズちゃんを頼んで3人で行く事にした、が出発当夜なんと沼ちゃんが発熱(多分知恵熱か?)男二人で実行する事になったのだが。
最高の天気の中、二峰の懸垂渋滞を避けるため早出が功を奏し、途中まで先行していた一峰上部岩壁に向かう「沢雪会」のメンバーと別れてからは二峰1番乗りとなった。

樹林の尾根を右にトラバるとルンゼルートとの間に草付きの広い岩場
P9200034_convert_20090923154410.jpg


ルンゼルートと合流後のちょっとしたリッジ
P9200040_convert_20090923154455.jpg


尾根は取り付き最初が1番の難所で奮闘的木登りの後少し開けた岩場前から右ルンゼルート側にトラバリ、草付き岩場を直登しルンゼルート合流地点寸前の尾根に上がった。ホントのルートはもっと手前で尾根に上がるのが正解だと思う。もし濡れていたら結構辛いかもしれなかった。

熊ノ岩と八ッ峰(?峰ABCフェースが良く見える)
辭翫ヮ蟯ゥ縺ィ蜈ォ繝・ウー_convert_20090923161003

2峰と剣岳本峰
莠悟ウー縺ィ蜑ア蟯ウ_convert_20090923161054

2峰上
2峰上

2峰の懸垂
2峰懸垂

P9200053_convert_20090923154543.jpg


ルートは所々不明な場所もあるが概ね問題はなく一峰を上がりきると目の前に八ッ峰が広がり最高の岩稜歩きが楽しめる。二峰の登りも這松沿いの岩場を上がり70数年前に作ったと言われる懸垂支点の鉄棒に行き着く。此処は慎重なカズちゃんにロープセッティングをしてもらい最初に懸垂下降を始める。途中短いロープ用支点もあるがちょっと不安そうだ。懸垂を終えると源冶郎尾根は終わり、2時間弱剱岳頂上まで浮石の多い岩場をひたすら登るのみだ、剱岳が初めてのカズちゃんが多くの人がいる頂上に最初に上がり記念撮影、簡単な食事を終え下山する。

頂上直下(頂上では剣岳の看板を差し上げて記念撮影をしている)
剣頂上直下


P9200067_convert_20090923154748.jpg






P9200069_convert_20090923183739.jpg



別山尾根を剣沢キャンプ場まで一般ルートを下山するだけなのだが、すぐ側での死亡事故に遭遇し此処の一般ルートが一番危ない事を心底思い知らされることになるとは思わなかった。           目の前に広がる山は人の生き死に関係なくどこまでも美しく静かだった。亡くなられ方の冥福を心から祈るのみであった。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

本当、天気良くて楽しそうですねぇv-7
アタクシが居ないから(^^;)


いやいや、当日ドダキャン失礼いたしました。
おかげさまで、流行りの病ではなかったみたいで連休中ずっと寝てたら大分よくなりました。
ぬまっち | URL | 2009/09/24/Thu 12:17 [EDIT]
正に「ド、ピーカン!」富士山はもちろん槍ヶ岳、御岳、まで見えたよ。「嵐を呼ぶ女」が来ていたら、逃げかけた台風が戻ってきたかもね〜(笑)   又何処かに行こうね!
aoちゃん | URL | 2009/09/24/Thu 16:32 [EDIT]
草付きの広い岩場の写真がかっこよいですね。27〜8年前に登っているけどこんな傾斜の所があったのかなー? ところでkazuちゃんのザックが重そう! やっぱり若さだね!
メタボ親父 | URL | 2009/09/26/Sat 02:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈