FC2ブログ
4/29-5/1 2011 槍ヶ岳
imarin、学校に補習希望出して、槍ヶ岳に行ってきました。
今回は先生1名と生徒2名。お得です☆
待ち合わせの上高地のバスターミナルで、さちさん・ao先輩・YOUさんパーティにばったり遭遇。あちらは7時前に出発、こちらは結局8時過ぎにのんびり出発しました。

明神へ向かうみっつのテン、あれがさちさん・ao先輩・YOUさんたちか!?
3つのテン

退屈な横尾までの道を過ぎ、槍沢に沿ってひたすら進みます。
ところどころに、自然の造形美が。
この枯山水風、すごくないですか!?

枯山水

槍沢ヒュッテ直下で、赤沢山から下山中の山野井さんに遭遇。
ここ数日で新雪が1.5mも積もってヤ~な感じだから、先に行くのはやめたとのこと。
てか先生、そのヤ~な感じのとこへ、われわれは行くんですかっ?!ハイ、行くんです。

槍沢のキャンプ場にはテント6,7張でしょうか。斜面の雪を掘って、サイト作成。トイレがないので、先生が文字通りの「雪隠」を作成。スゴイ!テント内で食事を済ませ、20時には就寝。

翌朝は4時出発のつもりだったのですが、夜中に風が強まり、視界がないと雪崩の予測ができないということで、5時起床、食事の後ビーコンチェックの方法の講習を受けて、7時ごろいざ出発!
あちらこちらにデブリが見られ、足元ではなく上を見て歩きます。幸い天気が良くないので、雪が緩むことはなさそう。
ひたすら上っていくと、いつのまにか槍の穂先が。

水墨画のようでしょう??
水墨画

そして最後の直登。
この間に天候は悪化し、強風が吹き荒れます。時には耐風姿勢をとりつつ、小屋まで。とても穂先に登るような状態ではなく、即、下山。

小屋まで

すると今度は雷雨!!びしょ濡れで槍沢に戻り、横尾まで撤収したのでした。
服もシュラフも湿ってたけど、案外自分の体温で乾いてきて、それなりに眠れました。
脂肪燃焼で着干し向き??図太さもヤマには必要ってことで。

春山ならではの気候の変化を3日間で体験するという、ある意味フルコースな山行でした。

そのほかの写真はこちら
槍の写真
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

お互い残念な天気でしたね~。水墨画の槍も素敵です。
ao | URL | 2011/05/03/Tue 20:12 [EDIT]
厳しかったですね。
槍はまさに水墨画ですね。
この3人は私達かも。
さち | URL | 2011/05/07/Sat 12:11 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈