FC2ブログ
丹波川本流
先週に続き台風明けの土曜日23日丹波川本流に行って来ました。
ショートレンジと思っていましたが6名の人員と水量のおかげで6時間半と言うお腹一杯の遡行になっちゃいました。

メンバー:会長、JUNさん、宮ちゃん、youさん、サチちゃん、ao


歩き始め。それぞれが渡渉の感じを確かめている。

P7230004_convert_20110725130828.jpg


いっとう最初の淵、最高年齢のjunさんが果敢に泳ぎ突破する!すごいぞ!後続はロープ引き上げ

P7230008_convert_20110725130848.jpg


「坊主淵?」S字に細く曲がっており、すさまじい水量で引き込まれたら、ただですまなそうだ

P7230015_convert_20110725130926.jpg


その上で、短いが安全の為フィックスを張り渡渉する。渡る会長

P7230021_convert_20110725130944.jpg


次の滝左岸をへつって簡単にいけるが、へつり終わって右岸に渡る時水流が激しく会長が滝下まで流された。ライフジャケットとロープのおかげで下流で引き上げ無事だった。

P7230026_convert_20110725131002.jpg


核心の「手取り淵」左岸をへつるが水量が多く足の置き場が水流で洗われ足を着くと持っていかれる、腕力に頼るしかない。youさんが最後のハーケンにスリングをかけている(回収した)。残置してあったスリングは片方が切れ落ちでいて今度来る時は無くなっていることだろう。結局4人が巻いた。宮ちゃん、サチちゃんはナイストライであった!

P7230035_convert_20110725131020.jpg


トライするサチちゃん!

P7230050_convert_20110725142748.jpg


「丸山入道淵」

P7230069_convert_20110725131054.jpg


最初は右岸を首ぎりぎりまで進み、対岸へ渡り渾身の力で泳ぎ突破する。

P7230070_convert_20110725131114.jpg


監視塔を過ぎ右に一ノ瀬本流出合左に銚子の滝 youさんとサチちゃんは滝左をクライミングで抜け残ったものは橋を潜ったすぐの一ノ瀬入渓点から林道に上がり終了した・


P7230085_convert_20110725131131.jpg

水量が少ないと簡単に遡行できるのだろうが練習にならない!大いなる矛盾を抱えての遡行だがスリリングで面白かった!自分は上下ともネオプレーンで固めでいたので水温はさほど気にならなかったが会長とjunさんがぶるぶる震えていたのが印象的だった。byao

おまけ(宮ちゃん手取淵トライ動画)
動画


スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

台風後の
丹波川に入るパーティーは他になかったですね。
ライフジャケットとウェットスーツのおかげで、寒くなかったです。
さち | URL | 2011/07/26/Tue 07:41 [EDIT]
本格的に沢やると、装備におカネかかりそうですねー。
でも、冷えますしねー。
imarin | URL | 2011/07/28/Thu 18:17 [EDIT]
それがね!
ウェットスーツというかベストはネット・オークションでゲットしていただきました。ライフジャケットも同じ。子供用、太めとしてはパツパツです。
さち | URL | 2011/07/28/Thu 22:58 [EDIT]
まあ、
imarinは肉襦袢があるからわりと平気ですけど(^^ゞ
imarin | URL | 2011/07/29/Fri 15:17 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈