FC2ブログ
山岳映画「ヒマラヤ~運命の山」
main_large.jpg



8000m級無酸素登頂14座制覇したラインホルト・メスナーの映画を見て来ました。メスナーによるギュンター(弟)へのレクレイエムに終始し肝心のナンガ・バルパット ルパール壁登攀時の画像が少な目でちょっと消化不良気味です。ただラインホルト・メスナーというドイツ系苗字で当然の如くドイツ語をしゃべり映画を見るまでもなくドイツ人だと頭から思い込んでいたのですがなんとイタリア人です。カズ大先生に常識だよって笑われてしまいそうですがドイツ、オーストリア、イタリアとこの辺のヨーロッパはやっぱり複雑な文化圏を形成しているのですね~。弟のギュンターの行動(兄を最終キャンプから空身で追っかける)は理解不能ですが追いついてしまう体力にびっくりです!山の美しさだけなら「点の記」の方がかなり上のようです。蒸し暑い日にはお勧めの映画です。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

笑いませんぜ!
「ヒマラヤ、運命の山」もう公開されていたのですね! 早速明日池袋に見に行こうと思います。これからは1,000円で見られますのでね! 9月16日までというから、見たい方急ぎましょう。
メスナーがイタリア人であることを知っている事が大事とは思っていませんので笑いませんぜ!
それよりこの映画の公開されることによってドイツ国内で物議を醸しています。というのもメスナーのこの登攀が当時裁判沙汰になったからです。遠征隊長であったヘルリヒコッファー博士との間で確執があり、メスナーはこの登山の本の出版を差しとめられました。
それはそれ、映画としての出来栄え、登山を目指す若者が増える事を祈りながら見てみようと思います。感想はそれからですね。
kazu大先生 | URL | 2011/09/04/Sun 11:49 [EDIT]
をー、行かれたのですね。
知り合いが見てイマイチと言っていたので、無理には見に行ってません。ただ、メスナー役は似てる、と。で、刺激されてメスナーも訪れた四季楽園詣でに行く、と言ってました。
imarin | URL | 2011/09/05/Mon 13:15 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈