FC2ブログ
6月24日 湯の丸山~烏帽子岳
6月24日(日)長野県の湯の丸山に行ってきました。目的は10月21日に予定されている、城西地区連盟主催のバスハイクの下見です。
メンバーは私kazuとyam-jさん
コースタイム 7:00 所沢出発(yam-j車)~9:49 湯の丸高原着~10:14 登山開始~
      11:23 湯の丸山頂上着(大休止)~12:15 頂上発~12:50 鞍部着(小憩)
      ~12:58 鞍部発~13:45 烏帽子岳着~14:00 烏帽子岳発~14:33 鞍部着
      ~14:40 鞍部発~15:20 地蔵峠(湯の丸高原)着 温泉に立ち寄り帰京

前にyam-jさんにお願いしていた車を出して貰って行って来ました。所沢駅に7時に集合。一路湯の丸高原へ向かいましたが、快晴とは言えないものの、安定した天気にも関わらず、渋滞は全くなく、順調に登山口の湯の丸高原(地蔵峠)に着きました。

P6240017_convert_20120626223312.jpg
つつじ祭をやっていました!

駐車場はひろく、何ヶ所もあり、大型バスも止まっていました。このつつじ祭目当ての人も多かったことでしょう。私たちは駐車出来るところがあるかと、一瞬不安になりましたが、誘導の指示で、少し会場から離れた場所に止めることが出来ました。

P6240020_convert_20120626223408.jpg
用意が良いことで!

祭は丁度始まったところ、それを横目に登り始めました。

P6240023_convert_20120626223445.jpg
リフトの脇を登って行きました。

P6240024_convert_20120626223523.jpg
直登です。

ここは冬はスキー場なので、リフト脇の踏み跡をまっすぐに登ります。とっかかりから急です。

P6240028_convert_20120626223605.jpg
東屋

リフト終点からは平坦になり、途中右手につつじ平を見るようになると、東屋があります。

P6240035_convert_20120626223650.jpg
湯の丸山への登り。

東屋の先から、ようやく登山道らしくなり、湯の丸山への登りとなります。登山客が大変多く、追い越したり、すれ違ったり、気を遣います。

P6240036_convert_20120626223211.jpg
頂上が見えた!

そして頂上が見えました。天気は安定していたのですが、下から見てもガスっており、景色がすっきりしませんね!

P6240039_convert_20120626223726.jpg
湯の丸山頂上で一枚!

頂上で昼飯! 廻りはガスっていますが、晴れていれば素晴らしい景色であろうことは想像できました。浅間山が見えるはずですが、残念ながらかないませんでした。

P6240040_convert_20120626223753.jpg
鞍部(分岐)に向けて!

頂上から烏帽子岳に向かいますが、一旦、鞍部まで200m程でしょうか、下ります。大集団が前にいて、おまけに道が狭く、追い抜くことが出来ません。おかげでコースタイム20分のところ35分もかかってしまいました。
この鞍部は地蔵峠に直接下る分岐になっています。帰りはここを下ることになります。
小憩のあと、烏帽子岳への登りにかかりますが、この登りは湯の丸山から見ると、相当な登りに見えます。

P6240044_convert_20120626223831.jpg
カラマツが綺麗に見える!

が、実際に登ってみると、緩やかなつづら折で、気持ちよく登る事が出来ました。地図のコースタイムでは鞍部から、烏帽子岳まで30分となっています。

P6240053_convert_20120626224004.jpg
稜線に出る手前で後ろを振り返る。

P6240054_convert_20120626224055.jpg
あれは頂上ではない。

稜線に出るとピークが見えます。あれが頂上かと思いましたが、下山してきた人が「頂上はあの先だ」と言っているのが聞こえました。

P6240066_convert_20120626224213.jpg
これが烏帽子岳頂上!

実際その通りで、先のピークに登ると「ウヘー!」という距離に頂上がありました。地図上では稜線は平坦に見えますが、実際は心理的に疲れる登りでした。

P6240068_convert_20120626224242.jpg
烏帽子岳頂上で一枚!

小憩の後、下山にかかります。鞍部(分岐)で小休止。大集団がいたので、その前に出発。分岐からは殆ど平坦な道をルンルンで下ることが出来ました。

P6240070_convert_20120626224347.jpg
カラマツ林

途中のカラマツ林も堂々とした感じで良かったのですが、針葉樹(螺子植物)というのは、どこか不気味な感じがする、ということでyam-jさんと一致!

P6240074_convert_20120626224424.jpg
途中の花、もう地蔵峠は近い。

地蔵峠(湯の丸高原)に着くと、祭は終わっており、又大集団を運んできた大型バスも、出発した後でした。殆どが湯の丸山往復だったようです。
さて下見の次の目的、それはハイキング後の温泉探しです。事前に調べたところでは、鹿沢温泉、新鹿沢温泉しかなく、そこは上信越道とは逆方向! どうしたものかと思っていたのですが、yam-jさんがもっと広域で探してくれていました。
そこは上信越道を渡った先の、あぐり温泉こもろ、と言う所。

P6240079_convert_20120626224516.jpg
あぐり温泉こもろ! 素晴らしい!!

この温泉は市営のようで、入浴料がたった500円、今までのバスハイクでも最大級の広さで、施設も大変綺麗でした。又、温泉からの眺めが素晴らしい。下見の成果が沢山あった山行となりました。
皆さん、城西地区連盟主催のバスハイクは、まだ先ですが、素晴らしいハイキングになること請け合いです。是非参加してください。

さて温泉入浴と一杯やった後、yam-jさんの車で帰京、彼は途中で眠くなるかもしれない、と言っていましたが、車の中では、映画談義に話が弾み、眠気を感じることなく帰ることが出来ました。
日本の女優で誰が好きかと問われ、高嶺秀子さんと答えると、これは二人とも一致。




















スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

あ”~
癒し系温泉ハイクに行きたい~
imarin | URL | 2012/06/27/Wed 19:45 [EDIT]
ウヒャー! さっチャン有難う!
6月24日でした。とほほ
kazu大先生 | URL | 2012/06/28/Thu 00:21 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈