FC2ブログ
惣岳山生の彷徨
2012、11/11
メンバー jun. is


前回の惣岳山地図読み山行が途中敗退してしまったことへのリベンジと検証を兼ね、再度同じコースを歩いた。
国土地理院の25000分の1地形図に点線で載っているルートであるが、実際には途中から道は消えていて沢沿いの倒木の中を縫うように歩く。
逆に地図には載ってない新しい作業道があったりしてそれをルートと思って辿っていくとまったく違ったところに導かれたりする。


教訓① 国土地理院の地形図はデータが古いものも多く、疑ってかかる必要がある。
教訓② 人間の思い込みは怖い。
教訓③ 道なき道では地図と方位磁石が生死を分ける。
教訓④ 道がなくなったらまずは尾根をめざす。尾根には概ね登山道がある。
教訓⑤ たとえ土砂降りでも地図を読む。濡れて見えないときは方位磁石で確認。
                                           
今回の山行は学ぶところが多く、求めてもなかなかできない実体験を通して多くの教訓を得ることが出来た。is


惣が山頂
惣岳山山頂。リベンジ達成!

006.jpg
沢沿いの倒木地帯。もはや道はない(前回)


分岐
山頂から沢井への下山道。左の方が分岐らしいが歩いた形跡もなくほとんど分岐と認識できない。


route (2)
赤ー最初に通ったと「予想された」ルート
緑ー2回目に反対側から辿ってみた。黒の部分で分岐が見つかるはずだったが見つけられなかった。
青ーどこで迷ったのか検証のため前回と同じルートを辿る。
オレンジー作業道から外れ、地図をもとにひと思いに尾根まで出たら正規のルートを発見。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

道なき道「
高度計もあるといいね~!!
ao | URL | 2012/11/18/Sun 14:44 [EDIT]
プロトレック
ありますが、信頼性はどうなんでしょうか。
is | URL | 2012/11/18/Sun 21:05 [EDIT]
地図とコンパスが基本ですね
尾根筋を外れて左へとそれていったのが敗因のような気がします。「教訓」通り、踏み跡がないところでは尾根筋を確認するのが大切だったと思います。
T | URL | 2012/11/18/Sun 23:06 [EDIT]
今回
いろんな体験ができ、ハプニングのためかえって有意義な山行になりました。
is | URL | 2012/11/19/Mon 07:53 [EDIT]
いいね!
地形図大好きで、カキコしてでかけるのですが、フツーの山行ではあまり使わなかったりします。奥多摩とか丹沢とか、ある程度土地勘のあるところで、練習しておきたいな~。
imarin | URL | 2012/11/19/Mon 12:39 [EDIT]
やりたい!
道なき道を地図とコンパスとツェルトと少々の食料だけを頼りに3日間生き抜く・・・なんて許可されないだろうな、きっと!
is | URL | 2012/11/19/Mon 13:02 [EDIT]
またやりますか!
プチ・ビバーク。
imarin | URL | 2012/11/19/Mon 13:52 [EDIT]
この間氷川キャンプ場前夜祭の翌日、車で惣岳という所まで行きました。
シダクラ沢の近くにある山ですか?昔私もシダクラ沢から下山して、迷った記憶ありです。
さち | URL | 2012/11/19/Mon 13:54 [EDIT]
メイン
は地図読みがいいな~。で目的地は道なき道の先の温泉なんて・・。ドカナ
どういう訳か惣岳山、近い距離内に二つあるみたいで今回一番近い駅は御嶽ですね。
is | URL | 2012/11/19/Mon 14:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈