FC2ブログ
鹿島槍ヶ岳 東尾根 2013年5月
P5030010_convert_20130507171242.jpg

二ノ沢の頭より鹿島槍北峰遠望





日程  :5月3日~5日
メンバー:FULL,ao

行程  :3日 大谷原7:45~東尾根取付点8:00~一ノ沢の頭11:40~二の沢の頭12:15
     4日 泊地4:30~第二岩峰5:50~第一岩峰8:00~北峰11:00~南峰12:10
        冷池小屋14:00
     5日 冷池小屋5:30~出合7:20~大谷原8:00

去年YOUさん、幸さんと行くはずだった、憧れの「鹿島槍東尾根」、FULLちゃんの協力を得て、何とか行って来れました。二ノ沢の頭を僅かな差で一番乗し、最高の天場をGET、翌朝1番で出発、前日40分ほど先の岩根で泊まった屈強なソリストが付けてくれたトレースを辿り北峰まで先行できました、感謝!!。第二岩峰は取付から完全に抜け切るまで1時間かかり、お待ちになっていた他パーティの皆さん申し訳ありません。北峰に上る頃から風とガスが強くなり冷池までずっと北風に叩かれ続け、その日の下山など到底無理な状況でした(私はですがね~)。去年、当日下山できたYOUさん、幸さんの強さに敬服です。岩でのスキルの差がその後の体力の違いに出ていると感じました。雪稜歩きは経験則でなんとかこなせたが、ちょっとしたクライミングでもシステム基本なので経験値の低さ故、戸惑いが多くて、反省の多い山行となりました。無事下山出来たのは相方のおかげです。
byao



二ノ沢の頭 後ろには第二岩峰、第一岩峰。夜半から強風が吹き殆ど睡眠は取れなかった。

P5030013_convert_20130505220332.jpg



ジジイと爺ヶ岳(byFull)。こちら側の頂上は尖っていて若者だな。

P5030016_convert_20130505223652.jpg


登って来た東尾根、下でもテント張っている。一ノ沢頭過ぎで、先行していた、東京の某山岳会2名チームの内、1名が雪を踏み抜き、捻挫したみたいで這いずって撤退して行った。

P5030017_convert_20130506072121.jpg



明日へ




4日 
第一岩峰手前 ここらでもムリムリ幕を張れるが、風が吹くと恐そう。

P5040034_convert_20130506072445.jpg




第一岩峰。雪で埋まっているのか?正面に見えるルンゼをソリストが上って行く。念のためロープを出したが、ダブルアックスが良く効いて、あまり必要は感じなかった。

P5040032_convert_20130506071028.jpg




2ピッチ目をリードするFullちゃん。すぐ下には信大医学部生とOBの京都雪稜の2人、久留米のチームが続く。

P5040036_convert_20130506071103.jpg





核心の第二岩峰、到着!屈強ソリストがソロシステムで上がり終わっていた。スゲーな~!


P5040039_convert_20130506072524.jpg


1ピッチ目をリードするFullちゃん、中央チェックストーンが核心だ、左岩壁に小さなL字型くぼみにアイゼンを引っ掛け、胸の辺りまでせり上れるが、左のガバに届かない!苦しい紛れにA0とか言うレベルで無い、酷い上り方で何とかクリアー(恥)


P5040041_convert_20130506072746.jpg






北峰へ、その後は体力勝負の雪稜歩きが延々と続く!苦しいが最高の時だ!!


P5040047_convert_20130506072825.jpg



ヨーロッパアルプスみたいな景色だ・・・行った事無いけど~(PhotobyFULL)

DSC_0095_convert_20130506085051.jpg







北峰到着だ、やったね!! 少し無理目の山行だったが何とか上れたね~!!これから天気は悪くなるばかりで後方のチームが心配になる。


P5040049_convert_20130506073040.jpg





その他の写真

スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

AO隊長のおかげで
鹿島槍 東尾根、まだ自分には厳しすぎました。無事に帰って来れたのは、ひとえにAO隊長のおかげです。ありがとうございました。
初日の出だしで、シュルンドにはまり足を捻挫したと思われる人が、ガイドらしき人にザイルで引っ張られるのを見て、ビビりました。
第二岩峰のチョックストーンのところで、ハンドホールドが探せず、パニクりました。
その後の雪稜歩きも、両側切れおちていて、緊張しました。
色々な課題が残る山行でしたが、冬毛の雷鳥と朝焼けの鹿島槍を間近に見れたことは、
嬉しかったです。
full | URL | 2013/05/06/Mon 11:40 [EDIT]
おつかれさまでした!
すごいですね~!お二人の実力をもってしてもキビシイなら、私は一生ムリだな~
imarin | URL | 2013/05/06/Mon 12:04 [EDIT]
e-402憧れの雪稜
意志さえあれば必ずチャンスがありますよね。
二の沢の頭まで、早いです~。
私は冷池に着いた時にヨレヨレで、小屋泊まりしたかったです。
今年は第2岩峰も上の雪稜もGWとは思えないくらい雪がありますね。
大変そうだけど、楽しめたでしょう!
さち | URL | 2013/05/06/Mon 14:15 [EDIT]
エンジョイ雪山
おお~!行ったのですか。冬山気分楽しめましたね。
GW前半の悪天(降雪、雪崩等)で、今年のGWの北アルプスは、通常の4月前半くらいだと感じました。想定は気温と風は3月後半の八ヶ岳でした。実際はもう少し穏やかでした。
去年の第一岩峰1ピッチ目は草付きで、面白くなかったです。今年は雪壁でいいですね。
自分たちのコブの登攀の着雪から、今年の東尾根はさちさんと「第二岩峰の核心は棚に雪が付いていて、残置ハーケン左上の棚がみつからず苦労するだろう」と話していました。当たりですか?
しかし、自分たちも、マジでGW前半に決行しなくてよかったです。
you(動物写真家) | URL | 2013/05/06/Mon 19:23 [EDIT]
aoさん、fullさん、名コンビで春の鹿島槍、お疲れ様でした。
狛江のマッチャン | URL | 2013/05/07/Tue 12:36 [EDIT]
やりますなー
 雪のナイフリッジに谷底から湧き上がるガス、越えれば稜線を吹き荒れる風、それでもふと見上げれば5月の青空、そしてロープの先はいつも頼もしいパートナー、どの画像かもそんな世界が見えますね、いいねー。
 同じ時期に、いろんな山で皆が歩いてたってことで、これも素晴らしい、感謝。
maru | URL | 2013/05/08/Wed 06:34 [EDIT]
すごいです!かっこいいです!
かよ | URL | 2013/05/08/Wed 12:52 [EDIT]
GW前半の爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳。これは冬山です(^^;

http://www.youtube.com/watch?v=4F2PESVbEj4
you(動物写真家) | URL | 2013/05/16/Thu 09:34 [EDIT]
GW前半の爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳。

http://www.youtube.com/watch?v=4F2PESVbEj4
you(動物写真家) | URL | 2013/05/16/Thu 09:35 [EDIT]
今日気づいたけど、
捻挫したのは、もしや緑山岳会の人では?ガッコー仲間が一緒に登っていて、相方がケガをしたようです。
imarin | URL | 2013/05/30/Thu 14:16 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈