fc2ブログ

荒川水系滝川 豆焼沢

日程  :6月29日、30日
メンバー:幸さん、YOUさん、FULL,ao

滝の連続する沢でした,写真もどれをアップするか迷うほどでした。トポにも載ってない滝が多く、その多くが結構な滝で、巻も多かったです。入渓から終了まで飽きる事無く、遅めの入渓で沢中1泊が正解でした。久々の焚火は心地よく沢登を満喫出来ました。




「ホチの滝」前衛の滝 左壁を上がる

P6290007_convert_20130702131247.jpg





その滝を上がったとこ

P6290009_convert_20130702131456.jpg






次の滝


P6290013_convert_20130702131341.jpg





キャー流される~、幸ちゃん大ピンチ!!

P6290015_convert_20130702132924.jpg





「ホチの滝」 写真でが見えないが上に雁坂大橋が架かっている。左を巻くが上がったとこに巨大なパイプから水が流れていた。少し興ざめする。この後も木材切出し用ワイヤーがあちこちに残っていて少し残念だった


P6290017_convert_20130702133007.jpg




「トオの滝」、作業道を使って左側から巻く

P6290027_convert_20130702131612.jpg





「大滝!」キター!!左側を巻上がるが大岩に立ちふさがれる、大岩を左巻が正解らしい、右を巻いたが結構渋い

P6290051_convert_20130702133105.jpg




大滝の上部は右高巻、結構足に来た時分やっと天場着、川床からほんの少ししか上がってない、ちょっと心配

P6290061_convert_20130702131731_20130702140644.jpg




翌朝、さあ~出発だ!、盛大に燃えてた焚火も燃え尽きた

P6300063_convert_20130702133145_20130702140645.jpg



BPからほどなく両門も滝に着く、右ナメ滝を登る。この沢のハイライトともいえる

P6300067_convert_20130702134258.jpg


ナメを上がる、ヌメッテはいないが水流がきついので慎重に上がる


P6300069_convert_20130702134351.jpg





ラス前のゴルジェ帯、簡単に登れるが水を被る

P6300078_convert_20130702131946.jpg


最後のゴルジェ。詰めはガレガレだったので途中から左に逃げ、ヤブ漕ぎも無く鹿さん道をたどり登山道に出た

P6300081_convert_20130702132051.jpg


/>



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なかなかいい沢でしたね。
水量の少ない時期に、また行きたいですね。
焚き火ができて、本当によかった。
今度は着替えをもっていきます。

おいしそうな名前に反して、なかなか迫力のある沢ですね。
みなさん、楽しそー(^○^)

いいなぁ・・・

とりあえず沢用ロープ買わなきゃ。自分から誰も誘えない・・・

いい沢でした!

みなさん、ありがとう!

ワイヤー

所々にある工事用のワイヤーが気になりましたが・・・・・
世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード