FC2ブログ
9/7 ウルトラ・ライト・沢? 奥多摩・倉沢谷
この週は数ヶ月前から湯檜曽へ行く計画だったのに、天気予報がよろしくない。当然沢は中止、ジムかな~というところへ、「カイチョーのために、前ノリで倉沢谷へ行くぞ!」というao先輩のメール。小雨の中しぶしぶ(?)集合、しかも涼しい中「あえて」の泳ぎ沢です。

メンバー:カイチョー、ao先輩、○茂さん、Miyaさん、Fullさん、imarin

ということで、奥多摩湖で宴会。
P9060002_convert_20130907204124.jpg

倉沢谷は日原川を蕎麦粒山のほうへ入って行く沢。林道に沿っているので、いつでもエスケープ可能、釣りヤさんもたくさん入っています。沢登りよりもウォーターウォーキングで知られているようで、広くて深い釜を持つ滝がいくつもかかります。

で、いきなり泳ぐ!3名は巻き。
P9070005_convert_20130907204347.jpg

全体的に水量多め、これ以上多いとキツイかも?というところも。
P9070009_convert_20130907204458.jpg

ライフジャケット着用で、安心のカイチョー。
P9070014_convert_20130907211117.jpg

どの滝も直登を試みるFullさん。結局ここは右が正解。
P9070026_convert_20130907211345.jpg

最後は堰堤のトンネルを抜けて終了。
P9070038_convert_20130907205003.jpg

入渓点までは林道でらくらく。
P9070041_convert_20130907211624.jpg

正味3時間弱の、ウルトラ・ライト・沢ですが、水量が多いので、夏の暑い日にはピッタリかも。ただ、この日は気温が低く、後半は体が冷えて巻くメンバーが増えてしまいましたが・・・
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

泳ぐのは嫌だなぁと思っていたのに、沢に入ったらオンモードになりました(笑)
核心は、帰りの台湾料理屋でしたね。腹がはち切れるかと思いました…。
full | URL | 2013/09/08/Sun 09:33 [EDIT]
行く予定が直前に会議が入ってしまい、ダンネンでザンネンでした!
is | URL | 2013/09/08/Sun 13:05 [EDIT]
核心の台湾料理に、(飯・麺)セットで参加しなかったのと、
後半の滝、寒くて泳ぎに参加しなかったのと、
どちらが罪深いだろうか。
やはり、ダンネンはザンネンだ。
maru | URL | 2013/09/08/Sun 18:14 [EDIT]
・・・。
前半から、あまり泳ぎに参加しなかったのは罪??(-_-;)
だって、冷たいんだもん。
imarin | URL | 2013/09/08/Sun 19:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈