FC2ブログ
GW・北鎌尾根
P5040113_convert_20140507104938.jpg

北鎌尾根からしか見えない、子、孫、曾孫の槍達



メンバー:Full,ao
日程  :5月3日~5月5日
    :3日上高地6時~北鎌沢出合い3時30
    :4日出合い3時40分~コル6時~独標10時~槍頂上4時20分~ババ平8時30分
    :5日ババ平~上高地~東京

GW後半、水俣乗越から北鎌尾根へ行って来ました。難しい所はあまり無いのですがとにかく体力と雪山基本歩行が大事の尾根です。Fullちゃん曰く「雪上訓練の最終試験場みたい」だと・・・来た以上、合格するしかないのだが~(笑)。独標で会ったガイドから「5日は荒天になるから今日中に抜けなよ~!」とのアドバイス、北鎌平でのキャンプはあきらめ16時間以上かけて最後は夢遊病者の様にババ平まで下山しました。5日は仲間が多くいろんなコースに入っているはずなので二人で心配してましたが皆さんそれぞれ無事に下山されたようでほんとに良かったです。
尾根を行動していたチームは全部で6チーム、10人程だと思います。尾根上でキャンプし、先行した3人組がつけてくれたトレースで皆、大助かりでした。又尾根上で色々とお世話になった方々にこのページを借りて御礼申し上げます。





遠くに燕~大天井の尾根が、今日歩いているんだろうな、なんて思いながら~、コルから下のピークが見える


P5040093_convert_20140507101211.jpg




天狗の腰掛から見える独標、どうやって登ればいいんだ?と考えてしまう。良く見ると上部雪田に人がいる


P5040094_convert_20140507101225.jpg




結果、夏の直登ルートと同じ2ピッチ。行って見れば上部雪田も簡単な斜面だった。


迢ャ讓咏峩逋サ繝ォ繝シ繝・convert_20140507101526




手前の雪稜 アップダウンを繰り返しながら独標に近ずく。


P5040099_convert_20140507101257.jpg



最初のピッチ ルンゼの雪が緩み始め、片足が流れる。本当に心臓に悪い


P5040101_convert_20140507101315.jpg




2ピッチ目行くFullちゃん、夏はノコギリ状の所だ、雪が付いていると割と簡単に思える。


P5040103_convert_20140507101330.jpg





やっと独標を越え、少し休憩を取る。前を行くガイドチームの三人越しに見える槍がきれいだ~


P5040104_convert_20140507101349.jpg





もうすぐ槍の取り付き


P5040114_convert_20140507101407.jpg




1ピッチ目、2ピッチで上がれる。そんなに難しくは無いのでフリーで上がってた人もいたが、雪が付いていると高度感が半端無いのでビビり症の自分はロープを出して上がった。祠の裏に飛び出るのは同じ


P5040118_convert_20140507102734_2014050711464820f.jpg




頂上に上がった直後は無人だったが少ししたら小屋からハイカーが上がって来たので写真をお願いした。


P5040120_convert_20140507101429.jpg


中間部を天気に恵まれ、何とか終える事が出来たが、ババ平に着いたときは疲労困憊で夕飯が食べられ無いほどだった。
変わらない食欲と酒欲を持っている相方をうらやましく感じた(笑)
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

AO隊長、ありがとうございました
念願の、残雪期北鎌尾根でしたが、体力・気力とも限界(越えていたかも)の山行でした。
お役に立ったのは、8.3mmのダブルロープだけかも。
来年は、のんびり定着プランにしたいです…。
full | URL | 2014/05/07/Wed 12:46 [EDIT]
思い出
正月に湯保から八歳の子供と登ったことを思い出しました。
何時までも残る山行です。
| URL | 2014/05/07/Wed 14:52 [EDIT]
風の又三郎
雪と北鎌尾根、どの画像も絵になっている、やはり日本アルプスの華のルートですね。出会いからババ平まで風のように駆け抜けた2人、やるなー、これからどこまで行くんだろう。
maru | URL | 2014/05/07/Wed 23:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈