FC2ブログ
玉川水系滑瀞谷 小常木谷
日程   :2014年7月27日(日曜日)
メンバー:さわらび あっちゃん、司君、Full,ao

前日のお気楽WWに比べ超大変でした。沢の前半は暗くやたら長い変哲もない渓相です。「置草鞋の悪場」からは連続する結構難しい滝達が待ち構えています、Full、司君のクライム力で突破出来、感謝!感謝!です。午後から雷雨予想の為、核心部を終えた岩岳沢からエスケープします。尾根直前で雷鳴が響きます、もうダメかと思っていると「高木ブー」の気まぐれか?どっかに居なくなってしまいました。やっと尾根らしい所へ出ますが登山道がありません、しょうがなく岩岳方面へ尾根をたどると、何とその尾根の向こう側に登山道が付いてました、どうやら尾根の西側をトラバース的に付いていた様です。皆の詰め上がりや下山の速度について行けず、とうとう出合いからのあとわずかな登りで両足痙攣です~(悲)。皆に30分も遅れてやっと車に到着でした。
水量が少ない場合は余慶橋からすぐ入渓し、帰りも再び沢靴に換装してでも川を下った方が楽だと思います。
by ao



兆子の滝(10m)

P7270072_convert_20140728134243.jpg




左壁をFlllちゃんが登る。上の大岩で右に体の入れ替えての登攀になる。

P7270073_convert_20140728134258.jpg





上の木でビレーポイント。川床に降りる為汚いロープがフィックスされてはいる。短いが懸垂の方が確実

P7270077_convert_20140728134310.jpg





その上の癒し系小滝。こんなのばっかしだと良いのだか~

P7270081_convert_20140728134327.jpg





「不動の滝」右を巻くと次の5m滝まで巻いて懸垂になるらしい。我々は左を巻いて滝口に出た。あまり良くは無い

P7270082_convert_20140728134346.jpg




4m+14mの名も無き大滝 下段4mは簡単に上がれる。

P7270085_convert_20140728134404.jpg




上の14m。司君発進。岩が外傾していて微妙な登りを強いられる。スリングが掛かっているが結構古く、使うのも怖いが~


P7270086_convert_20140728134423.jpg



「ねじれの滝8m、10m」

P7270089_convert_20140728134441.jpg


下段は司君がリード。左から水流側へ登る。滝口左壁下にハーケン1本のビレーポイント有。

P7270091_convert_20140728142010.jpg


上がって来るあっちゃん、さすがによどみ無く上がってくる。

P7270092_convert_20140728134455.jpg



その上段、ビレーしてたので写真を撮れなかった。Fullちゃんリードで眩く見える左クラック沿いを上がる。前半部にビレーポイントが無いのでカムを決める。上部にはハーケンが結構打ってあったが、最後の滝口に上がるのが結構怖い。
水流左も登れるらしいが見た目、全く無理っぽい。

P7270094_convert_20140728134509.jpg

今回は登攀力のある二人のおかげで遡行出来た。自分がリードなら命がけの「巻、巻」になっただろうな~(笑)。
遅れて迷惑をかけたり、力不足を思い知る苦い沢の思い出になった。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

久しぶりの山歩きは、足に堪えました…。
ジムに行く機会が多かったので、登攀力が少しついたかな。
ねじれの滝上段は、楽しかったです。
full | URL | 2014/07/28/Mon 16:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈