FC2ブログ
四十八滝沢 冬沢登り?
2015年1月25日
三ッ峠 四十八滝沢
メンバー:Full,imarin,なべちゃん,ao

去年の豪雪で敗退したリベンジです。Full、ナベ、チーム、ao、imarin、チームで遡行します。肝心の大滝は上部の岩が露出していて、我々の技量ではとても登れません!当然、巻ますが下山時眺めると大滝を入れ三段になっており、二段目が結構良さげに見えました。我々は三段目からのトライでした。この後三ッ峠山と御巣鷹山の中間部を目指しますが結構な雪と斜度でヘロヘロです。先行者二名がラッセルトレースを付けてくれていたので大助かりでした。車に戻ったのは18時過ぎと約11時間とタフな遡行となりました。核心の大滝その上部を登ったら左岸の尾根にあがり下山道を探してエスケープもありかもしれません。
by ao




早めに入渓します。我々には気持ち良い、簡単な小滝が結構あり、楽しめます。

P1250014_convert_20150126162100.jpg



大滝です。残念な形状です。あとから来た二名は右側を登ったそうです。

P1250015_convert_20150126162114.jpg




巻いて三段目です。Fullチームは中央からaoチームは易しそうな右から登ります。

P1250011_convert_20150126163440.jpg



上がって来るFull、評論できる立場ではありませんが、いい角度でアックスが振られているように見えます。

P1250024_convert_20150126162133.jpg




なべちゃん、アイゼンこそ立爪ダブルですが右手にはピッケル、左手には時代遅れのCUNPのバイルです。下から見ていた二名チームに散々批評されたそうです。初めてずくしではしょうがありませんね~(笑)

P1250028_convert_20150126162149.jpg



その上に手頃な滝が散見されるが~

P1250030_convert_20150126162202.jpg




最後で追い越して行った二名チームのトレースは三ッ峠山に直接に上がる方向であった。歳の差が出る、きつい詰の登りだ

P1250033_convert_20150126162215.jpg
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

手頃な氷瀑でマルチの練習には良いのですが、いかんせん下山が長い。ヘッデン下山は避けたかったけど…。
あと、ギアの収納を考えさせられた登攀でした。
full | URL | 2015/01/27/Tue 17:09 [EDIT]
アイスは楽しい
1月25日、霧積に行ってきました。2年ぶりだったけど、楽しかったです。アイゼンの蹴り方角度、アックスの振り方、フリーまがいの振り、スクリューの入れ方、いろいろ勉強になったので、今年はもう一度行きたい。写真ありがとうございます。いつも楽しく読んでいます。
元会員kawa | URL | 2015/01/28/Wed 15:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈