FC2ブログ
かぐら峰(中尾根)、平標山(ヤカイ沢)[山スキー]
2015/3/28・29
山スキー:(苗場山)かぐら峰・中尾根、平標山・ヤカイ沢
maru、imarin

3/28(土)(苗場山)かぐら峰・中尾根
晴れ、暖かい
初夏を思う暖かい週末だった。
数日前のかなりのまとまった降雪が、柔らかな掛け布団のように国境の山を覆っていて、
青空と強い日差しの下、登って滑った。
早朝、東京駅から新幹線、越後湯沢からバスでかぐらスキー場へ。
不要な荷物はロッカーに、リフト、ロープウェイ等乗り継いで最終第5リフトの上へ。
ここからバックカントリーに入るが、有人のゲートが置かれ、
計画書の提出、ビーコンチェックを経て入山となる。
一旦稜線に出てから、中尾根のピークへ。
しばし遠くの山々の名を言いあった後、いざ滑降。
尾根から沢へかなりのシュプールがあるが、数日前の降雪が、
自分達にも自らのシュプールを楽しめる余地を十分残してくれている。
「コソ練」の成果が生きる。
下って、バスで一旦越後湯沢駅へ戻り、レンタカーで平標山登山口駐車場へ。(テント)
かぐら第5リフト終点上・ゲート11:00~中尾根ピーク~(中尾根)~13:30和田小屋
~14:30かぐら-(バス)→越後湯沢駅-(車)→平標山登山口駐車場(テント)

3/29(日)平標山・ヤカイ沢
晴れ後曇り、暖かい
夜半から朝にかけ、車10台ほどに。山スキー、ボーダー、登山者と3様。
ゆっくりと7時に出発、ヤカイ沢で何組かに追い抜かれながら、
左岸寄りの尾根近くを稜線めざしシール登行、稜線に出て少し行くと、
ハイマツ交じりの急傾斜があって、その下でスキーはデポ。
稜線に出てからは穏やかな尾根を山頂へ、仙の倉から谷川岳への稜線と北尾根がまぶしい。
デポ地点でスキーを履く、重くはあっても新雪は深い、ブナの樹林の間隔は広く、
自分のシュプールを振り返り、相方の滑りを眺めながら、雪の背に載るように滑る。
沢床の広い雪原に至る、両手を広げると、風が生まれ、
自分が何かに包まれていることを、再び平標に来れたことに感謝とともに思う。
登山口07:10~(ヤカイ沢)~11:50平標山頂12:10~(ヤカイ沢)~13:50登山口

DSCN0129.jpg
かぐら峰バックカントリーへのゲート
山行計画書とビーコンチェック

P3280008.jpg
かぐら峰「中尾根」ピークから上越国境稜線を眺める

DSCN0141.jpg
「中尾根」を下る

P3280012.jpg
お約束の

DSCN0145.jpg
(平標)ヤカイ沢を登る

DSCN0146.jpg
ヤカイ沢を詰め平標山への尾根を行く

Aフェース
平標山頂(1,984m/asl)
曇り空、微風、雪は多め

P3290025.jpg
お隣「仙の倉山」と左に北尾根

DSCN0155.jpg
ヤカイ沢上部ブナ林を下る

DSCN0159.jpg
沢床に近く心おきなく滑る



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

ありがとうございました
おかげさまで生還できました。
でも、まだまだ修行が足りん。
せっかくのヴァージン・スノーに描いたシュプールは美しくなく・・・
imarin | URL | 2015/03/31/Tue 09:10 [EDIT]
春風を切って
颯爽とシュプールを描き滑る二人の姿が想像出来ます。
良かったですね~!!
ao | URL | 2015/03/31/Tue 18:55 [EDIT]
計画書
一歩進んで、計画書を警察に届けると良いかも。
先週の北志賀竜王でのスキーパトロールの対応は今までと違っていました。
文芸部 | URL | 2015/04/01/Wed 08:21 [EDIT]
素晴らしい、山行報告
きれいな写真、文学的な文章、本当に完璧な山行報告ですね。
天気に恵まれ、ワンダフルな山スキーが楽しめたこと、お祝い申し上げます。
私はマチガ沢の雪上訓練で滑落停止、スタンディングアックスビレー等で
へとへとでした。スキーにクライミングと忙しいですが、頑張りましょう。
元会員kawa | URL | 2015/04/01/Wed 11:10 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈