FC2ブログ
南アルプス 信濃俣河内 
最終日:22日 茶臼岳頂上にて

P1010158_convert_20150928103027.jpg




メンバー:Full、ナベ、ao
日程:9月19日 東京~畑薙第1ダム 沼平ゲート前 仮眠
      20日 沼平ゲート6:10~吊り橋7:15~入渓8:40~三俣10:00~オリタチ沢出合先BP15:00
      21日 BP7:15~第2ゴルジュ7:40~第3ゴルジュ11:00~竿出し~西沢13:00~竿出し~1800m左岸BP15:00
      22日 BP6:15~沢型終了地点8:10~稜線9:30換装~茶臼頂上11:00~登山口16:00~ゲート16:40
 
畑薙ダムから仁田岳の稜線に出る、長大な沢である。三つのゴルジュを含み、水量により遡行難度が大きく振れる沢の様である。
 18日までの雨量が累計100ミリオーバーの今回、三俣まで三人でのスクラム渡渉を何度も繰り返したと事を考えると、とても平水とは言えないような気がする。三俣までは釣り人(15人)や沢屋(1チーム5人)に出合ったが、それ以降は前方にも後方にも人とは合わず、我々だけで独占出来き、しずかな沢を満喫出来た。
沢中は至って順当だったが、田中陽希に茶臼小屋で出合い、Fullちゃんが足の爪を痛めたり、ナベちゃんがスマホを落としたり(すぐ後ろの御夫婦が拾ってくれた)、とどめは車のバッテリーが上がっていた(泣)色々大変でした



初日 三俣より先の第1ゴルジュに入る。水は結構冷たく、流れも速い。

P9200054_convert_20150928103121.jpg



なるべく水線通しで行こうとする。

P9200057_convert_20150928103106.jpg




冷えた所為か足が攣り始め、なるべく巻く事に、しかし巻ききれず懸垂で川床へ降りる。

P9200086_convert_20150928103155.jpg


第1ゴルジュを抜けて5m滝、第1の核心。水流手前の壁を登る。

P9200072_convert_20150928103137.jpg


右斜上する姿勢な上、ホールドがあまり無い。ナベが空身で上がり、ザックを上げてくれた。

P9200074_convert_20150928151049.jpg






オリタチ沢出合い先に広がった河原があり、そこをBPとする。FUllちゃんの持って来た「スダチ」と焼いたシイタケが抜群に旨かった。

P9200089_convert_20150928103226.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村


二日目以降に続く
21日:二日目



短い第2ゴルジュの始まり。水流は激しいが、壁際をへつっていける。


P9210094_convert_20150928103304.jpg




フェルト靴のなべは苦労している。

P9210097_convert_20150928103352.jpg


出口が核心。写真右の岩の上に上がるのだが、肝心なところにホールド、スタンスが無い。振り返って見た出口。

P9210101_convert_20150928103407.jpg




第3ゴルジュに入る。迫力ある2段6m滝 右側が簡単に巻ける。

P9210106_convert_20150928103422.jpg


5m滝

P9210127_convert_20150928103504.jpg



1800m左岸のBP、人数分のお魚をつまみに最後のお酒を味わう。もちろん「スダチ」をかけて喰らう!

P9210131_convert_20150928103528.jpg



22日:三日目

3連続の滝、左を上がれる

P1010140_convert_20150928103551.jpg


P1010147_convert_20150928103620.jpg


その上に出てくる滝、右を簡単に巻けるが、登りたい症候群Fullちゃん、なべは直登する。なべ曰く「ヌメッテいて厳しいかった」と

P1010143_convert_20150928103605.jpg


最後の滝9m。広田さんの記録では水流左ルンゼを上がったと書いてあったが、とてもそんな気にならない。手前左に入ってくる支沢から大高巻をする。安全で早かった。

P1010149_convert_20150928103636.jpg




地形図を読み、水の多い沢を選び最後に沢型が無くなるまで詰める。源流のポーズをと無茶ブリにナベちゃんのポーズ。その後に撮ったポーズは、とても公表出来ない!右に入り、歩きやすい針葉樹林帯の灌木帯を抜け、最後にちょっと
だけ這松を漕いで、右に仁田岳からの縦走者を見ながら登山道にでた。


P1010155_convert_20150928160840.jpg



最後の「畑薙大橋」、40数年ぶりにこの下山ルートを通った。「やれやれ峠」とは良くつけたものだ~

P9220162_convert_20150928103702.jpg
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

爆釣!信濃俣河内
岩魚を存分に堪能できましたが、沢自体はなかなか厳しかった・・・。
なにげに、初めの吊り橋が怖かった。
陽希さんは、上河内岳に行くところだったみたいですね。

full | URL | 2015/09/28/Mon 17:18 [EDIT]
うわ!
バッテリー上がり、避けたいNo.2かも、でも他のクルマがいたのかな?
ちなみに避けたいNo.1は、「家の鍵をなくす」。
おつかれさまでした。
imarin | URL | 2015/09/28/Mon 21:42 [EDIT]
水にも負けず、寒さにも負けず
野趣あふれる山行、最高でしたね。雨が降らないだけ、良かったのではないかと思います。ビニールシートの天幕、焚き火に岩魚とすこしのアルコール、考えただけでも身震いするようです。茶臼岳の頂上では、爽快な気分だったでしょう。
それにしても、「40数年ぶりに通った」とは凄いですね。御年60数才だと思われるのに、頑強な体に、尊敬します。手本にして見習わなければと、思います。Great job!
元会員kawa | URL | 2015/09/29/Tue 15:16 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈