FC2ブログ
大菩薩 泉水谷 小室川谷
7月30日(土曜日)~31日(日曜日)
メンバー:Full,ao

水の豊富さで有名な小室川、例年よりは少ないと思われるが、十分に楽しまさせてもらった。今回はうっかりと言うか、トラブル続きで、反省が多い沢行となった。

その①
入渓点(林道に標識あり)を見落とし、林道を3Kも上流に行ってしまった。(大黒茂出合いの偵察と思うしかない(笑)
その②
蛇抜沢手前の2段「10m」の巻を大高巻にしてしまった。簡単に巻けるはずだったのだが?
その③
大菩薩嶺から大黒茂左俣左岸尾根を下り、大黒茂林道に出たとこまで良かったが、大黒茂林道から小室川巡視林道に
入り込み、途中から引っ返した
その④
とどめの一撃。12時間の歩きで、疲れはて、三条新橋の戻ったら、愛車ボクシー君が右後部にぶつけられ破損していた。
でも、当て逃げではなく、連絡先の置手紙があった。日本人の素晴らしさを感じる出来事だった。








なんて事だ!こんな立派な標識を二人して見過ごすなんて~。おかげで入渓は11時と「最長不倒距離」マーク!(笑)

P7300087_convert_20160801144532.jpg





小滝が出始めるが、どれもへつったり、右、左で上がって行く。

P7300089_convert_20160801144549.jpg






7m滝、左から上がり、水流に足を突っ込んで上がる、見た目ほど水流は強くない。

P7300091_convert_20160801144603.jpg







余裕のよっちゃん!Fullちゃん。

P7300092_convert_20160801144619.jpg






S字峡は泳いで突破。懸垂は無し。小室淵手前の8mCS。右を泳ぎへつり、CSの下に取りつく。空身で、下がっているスリング頼りに上がる。その上も、ちょっとしたボルタチックなとこ

P7300095_convert_20160801144635.jpg






流れに負けそうになるが、ホールドは多い。

P7300096_convert_20160801144651.jpg







小室淵が見えて来た。ここも泳げば、簡単に上れる。

P7300101_convert_20160801144713.jpg







15時には中ノ沢先のBPポイントへ到着。入渓時間から考えると上出来。左岸上に特上物件あり。

P7300104_convert_20160801144733.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村


二日目に続く~
雨乞いの滝。左ルンゼ途中から滝口に向かって巻く。

P7310110_convert_20160801144748.jpg




4段40mのナメ滝。2段までは問題無く上がる。3段目からは左を巻き気味に上がる。確かに4段目右は滑りそう。

P7310112_convert_20160801151044.jpg





問題の2段10m滝。遠目から見ると滝右側はとても登れそうに無かった。ほぼ滝の真向いから2ピッチ上がり、4ピッチのトラバース。1時間半の大高巻(笑)


P7310116_convert_20160801144805.jpg




丁度上部滝口に降り立った。自分たちで出した結論で、安全に巻けた事は良い!と悔しまぎれの言い訳をする

P7310117_convert_20160801144821.jpg





一度伏流水となりるが、また簡単な滝が二つほどで出来る。

P7310119_convert_20160801144838.jpg




空の色が青く出ていないのが残念!「空に向かって行くの様が素敵」と知り合いのブログで見た事がある。良い表現だ!
でも、おじさんにとっては、長すぎて、少しバテ気味でペースが上がらない!

P7310121_convert_20160801144857.jpg





いきなり人の中に出てくる、違和感はあるけど、登山道に出るのは単純にうれしい!


P7310124_convert_20160801144913.jpg




尾根登山道から、地形図頼りに大黒茂左俣左岸尾根を下り、大黒茂林道に出た!40分のヤブ漕ぎ。後は、とことこ林道を歩くだけだったのに~、切り替えし道をそのまま右に行ったおかげで、えらい時間を食った。

P7310127_convert_20160801144955.jpg




泉水谷林道に出ました。順調に降りれば2時間弱で尾根道登山道から下れる。間違わなければ断然早い

P7310134_convert_20160801145015.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

お疲れさまでした
釣りの沢に行ったつもりでしたが、全く釣れませんでした。
それ相当の腕が必要なようです。
始終、ルートファインディングに苦戦した沢旅でした。
文明の利器って凄いなと思いました。
full | URL | 2016/08/01/Mon 19:55 [EDIT]
昨年行きましたがいい沢ですよね!ただ我々も釣りの方はボウズでした笑
組長 | URL | 2016/08/01/Mon 21:49 [EDIT]
夏は沢登りが一番
いよいよ夏本番です。7月30〜31と東黒沢と湯檜曽川に会の沢訓練に行って来ました。2年ぶりの沢登りは格別でした。夏は暑い岩より沢水が一番ですね。
元会員K | URL | 2016/08/04/Thu 15:46 [EDIT]
気持ちよさそう
お疲れさまでした。
でも、きれいな水、自然堪能ですね。
登山道へでたときホッとする気持ち、良いですね。
また沢へ行きたくなりました(≧∇≦)b
kitchan | URL | 2016/08/05/Fri 10:41 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈