FC2ブログ
青春18きっぷで行く伊吹山登山&関ケ原観光
夜行列車での山行で列車も登山も観光も楽しもうという贅沢な企画である。 
メンバーはM少年、taichi、kitchan

0時30分:小田原駅を列車は少し遅れて到着。中に乗り込む。
指定席に行くとなんと、子連れの外国人10名ほどが勝手に座っていた。全席指定席のこの列車に勝手に乗ってしまったようだ。駅員はどう対処するのだろう。
とりあえず客席から乗降口に移動した。でも列車からは降りる気配はない。
列車は定刻を過ぎても全く動こうとはしない。
強風と雨で静岡で運行遅延になっているようだ。
その間で貨物列車が何本も通りすぎる。
出発したのは1時間ほどしてからで、到着が、どのようになるか・・・

近江長岡駅着 まだ真っ暗
近江長岡には定刻の6時18分に到着した。
天気は曇り まわりには店一つない。
ちょっと誤算だった。登山口までは歩いて1時間ぐらい。
誰かが予約したタクシーが1台来たので聞いてみたが、このあたりは8時頃からでないとタクシーも来ないとのこと
結果、予約していた人に便乗させてもらい登山口へ。

8時前に登山口を出発、やがてスキー場へ。
振り向くと琵琶湖が見える。
山から見える湖の眺めは気持ちがいい。
P1070056_R.jpg 
 そして3合目の東屋で小休止。この先はまだ雲はとれず、雪の予感。
こういう時は当たるもので、6合目過ぎたあたりから霙、やがて雪になる。
頂上は強風が吹いており、早々に神社に避難する。
山頂到着!寒いいー!

風はやみそうになく、更に悪化しそうなので早々に降りることにした。
6合目避難小屋付近で雨に変わるも気温は低い状態。
残念ながら天気は回復せずで下山する。

本日のお宿はグリーンパーク山東。なんと登山口からの道を訪ねると、迎えに来てくれた。
日帰り入浴施設もあり、きれいな宿である。まったりと体を伸ばしくつろぐも、そこは夜行列車での旅。
あっという間に記憶を失う(記憶を失って朝になったのは僕だけ?)

翌朝はいい天気!
宿の窓から見える伊吹山は雪化粧をして素晴らしい。
山頂はかなり風は強そうだが、眺めは最高だろう。
これぞ伊吹山!

今日動けるのは午前中までで、列車に乗らなければいけない。
早めに宿を引き払い、関ヶ原へ。
初めてなのでまずは下見をかねて、松平忠吉井伊直政陣跡、東首塚、徳川最後の陣跡を巡る。
駅前に戻り、レンタサイクルを借り、名所を巡る。
本多忠勝陣跡、西首塚を巡った後、松尾山へ登る。一応登山。
松尾山へ

松尾山は小早川秀秋が陣を張った場所である。
関ヶ原の戦いの戦況が一変したのは小早川秀秋が西軍を裏切ったからなのはご存知の通り。
その眺めを見てみたかった。
松尾山頂より

山頂は関ケ原を一望でき、良い眺めだ。
徳川家康の最初の陣の桃配山、石田三成の岩尾山、寝返った小早川秀秋を迎え撃つべく陣を張った大谷の陣が良く見える。
松尾山を慎重に下って大谷の陣、岩尾山、そして決戦地を巡る。
決戦地

馬の代わりに電動補助付自転車は関ヶ原を疾走する。
12時ギリギリに駅に戻り、列車に乗る。

青春18きっぷの旅はこれからで、BOX席で一杯酌み交わし語り合う。
次はどこの山へ行こうか?
疲れたら、眠る。
何度か乗り換えて、20時ごろ東京着。
また行きたいもんだ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

青春
3世代の男共、それぞれの青春真っただ中!
「寒風の関ケ原勝どきの声と聞き違え」 逃山家
ao | URL | 2016/12/26/Mon 07:36 [EDIT]
寒かったでしょうね~
冬の伊吹山、湿った「伊吹おろし」の寒さたるや物凄いとききます。
列車旅での酌み交わし、いいですね~。
もりちゃん | URL | 2016/12/26/Mon 13:07 [EDIT]
いいなぁ
元祖歴女&元祖テツコとしては行きたかったなぁ。
えやはいぶきのさしもぐさ。
imarin | URL | 2016/12/26/Mon 13:15 [EDIT]
青春トリオ
初電動アシスト自転車の威力に調子づいて関ケ原を見分、青春18切符のせい?何故か"大きな空に梯子をかけて真っ赤な太陽・・・#♭"ってな昔のTVドラマの主題歌が頭の中でリフレイン、松尾山からの関ケ原の眺め「四方通じて交わり易く、天下の衆を得るに相応しき要地、これを衢地(くち)という」とはこのことか、で感激。雪の伊吹山とセットでなんともいい旅でした。
少年M | URL | 2016/12/26/Mon 22:55 [EDIT]
aoさん、もりちゃんさん、imarinさん、コメントありがとうございますm(__)m
ほんと楽しかったです。
まだ書足らないことありますが、お会いしたとき話しますね(^_^)b
少年Mさん、また企画しますので行きましょう(^^)v
kitchan | URL | 2016/12/27/Tue 06:39 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈