FC2ブログ
白毛門から巻機山へ
(上越)白毛門~巻機山
 30年ほど昔の地図には夏道として載っているJC~巻機山は、今や残雪期のみ歩かれている。
 雪の状態、天候、メンバーなどに恵まれ、見極めが甘ければ走破はおぼつかない。
 2年前の5月、巻機山から南下しようとして米子頭手前で、あまりのヤブの深さに断念。
 青空の下で、また来れるだろうかと思った。
 今回は白毛門から北上、3日間の日程と心強きメンバーが、前2日の悪天を飲み込み歩ききることができた。
 雪の壁、新雪に隠れたクレバス、崩落しそうな雪庇、ヤブ漕ぎ、ときに霧で先が見えずコンパスで方向確認、
 土合駅から白毛門、朝日岳を経て巻機山、清水まで約約24kmであった。 
    白毛門朝日を越えて巻機へ2年越しての雪の回廊
    巻機へ続く山波竜のようその背に乗りて雪を漕ぎ行く

コース:土合~白毛門~朝日岳~檜倉山~柄沢山~巻機山~清水
日時:2017年4月22(土)~24(月)/テント泊
メンバー:maru、ao、imarin、nishi、aya(5名)

4/22(土)土合~白毛門~笠ケ岳~朝日岳の南(テント)
  ・曇り、ときどき晴れ間、小雪ちらつく
 前日(4/21)新宿22:20発(ao車)、関越経由で土合駅へ24:30着(仮眠)
 06:00発、東黒沢橋を渡れば直ぐに白毛門の急登が始まる。
 イワウチワを愛でる余裕もなく、頂上近くになって雪壁様の傾斜。
 雪は柔らかくアイゼン付けずにキックステップで続く、白毛門に至る(11:00)。
 対岸の谷川岳はガスの切れ間に見え隠れ。
 笠ケ岳を越え、避難小屋で休憩、この日は朝日岳手前の稜線上の少し風避けられる場所でテント(15:00)。
 夜中に薄く積雪。

4/23(日)朝日岳~JC~大烏帽子山~檜倉山~柄沢山の南(テント)
  ・曇り、霧深く小雪ちらつく、夕になって晴れ間出る
 06:00発、朝日岳は深いガスの中、目出帽にフードは冬山仕様。
 間もなくJC(ジャンクションピーク)、露出している方向指示に従い清水峠への道と分かれ、先ずは北東へササ藪を下る。
 前日我々を追い抜いて行った単独行者と交差、前日に檜倉山でテント泊も、この日の悪天で引き返し。
 大烏帽子への急登もガスの中、傾斜強いは分かるが高度感なし。
 檜倉山山頂部は草原状の幕営適地のようだが、ガスの中コンパスで方向確認に忙しい。
 越えて、柄沢山との鞍部へ下降、晴れ間が出、遠望できるようになって見えたものは、
 鞍部から柄沢山への登りにかけての巨大な雪壁の崩壊、最大の難所となる。
 雪壁トラバース、尾根に出てヤブ漕ぎ、おそるおそるの通過だ、日によって状況が変わるだろう。
 鞍部を越え、少し傾斜の緩くなった斜面にて(15:30)、雪面をならしテント。
 ブロックを積んだが、夜中風がテントを鳴らす。

4/24(月)柄沢山~米子頭山~巻機山~清水
  ・快晴
 早朝には風止み、ガスも消え、雄大な雲海、この日終日快晴となる、06:20発。
 見上げた柄沢山は、左側面の雪庇崩壊の隙間を素早く抜ける、 回り込むと直ぐに雪原となり、北方に初めて巻機山を確認。
 ここから米子頭山経て巻機山へは、これまでと大きく異なり、ゆるい雪原とヤブを漕いでの優しい尾根歩きとなる。
 ついに巻機山に至る(11:30)。
 避難小屋(完全に雪に埋没)上で、巻機山に向かい、練乳かき氷。
 桜坂はまだ雪の下(15:00)、少し歩いてタクシーで六日町へ、JRで土合へ、車で帰京。
  (記/maru)

042201仮眠の土合駅出発
4/22 仮眠の土合駅を出発(奥の待合室は閉鎖されている)、先行者1人あり

042202白毛門への登り
4/22 白毛門への登り、後方に土合

042203白毛門への登り
4/22 白毛門への急登、雪柔らかくアイゼンなしでキックステップ

042204ブロックをなだめすかし
4/22 崩落しそうなブロックをなだめすかしルートを探る

042205微かな雲間の対岸に谷川岳
4/22 わずかな雲間の対岸に谷川岳(西黒、マチガ、一ノ倉、幽の沢)

042206笠ケ岳から避難小屋
4/22 笠ケ岳を越えて避難小屋(4~5人利用可)

042207霧の中の白毛門あたり
4/22 霧の中の稜線を行く

042301朝日岳
4/23 さながら風雪の朝日岳

042302JC
4/23 JC(ジャンクションピーク/馬蹄形縦走路との分岐)

042303JCから下る
4/23 JCからの、霧の中、先が見えない中での急降下、もう引き返せない

042304ササやぶを踏み越え、掻き分け
4/23 ササやぶを踏み越え、掻き分け

042305柄沢山への鞍部(最大の難所)
4/23 柄沢山への鞍部、雪壁トラバース、巨大なブロック崩壊の側を進む(最大の難所)

042306柄沢岳南にテント
4/23 柄沢岳南にて雪面を作りテント

042401雲海の朝
4/24 霧が上がって雲海の朝

042402柄沢岳へ登る
4/24 柄沢岳へ登る、気温高く雪はゆるい

042403柄沢岳への登り
4/24 柄沢岳への登り

042404柄沢岳からついに巻機を望む
4/24 柄沢岳頂上からついに巻機山を望む、確信

042405米子頭近くから巻機へ
4/24 米子頭近くから巻機山へ、2年前の撤退がなつかしい

042406巻機から振り返る
4/24 来たりしを巻機山から振り返る、竜の背のごとし

042407巻機からニセ巻機へ
4/24 巻機山からニセ巻機へ、空中散歩

042408巻機からの下り
4/24 巻機山からの下り

042409芽吹き近いブナ林
4/24 芽吹き近いブナ林


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

最終日のピーカン
思わぬ、寒さと強風に苦しめられた二日間!最終日の天気は、神様からの、ご褒美だったのでしょうか?少年M,imarin、の計画に参加させていただき、ありがとうございした。
ao | URL | 2017/04/27/Thu 07:54 [EDIT]
おつかれさまでした
○さんと二人だと呑んだくれてしまうのですが、充実した食事のおかげで回避することができました(^_^;) みなさん、重い荷物を担ぎ上げていただき、ありがとうございました。
imarin | URL | 2017/04/27/Thu 09:54 [EDIT]
ありがとうございました
皆さんに助けられっぱなしの3日間でした(⌒-⌒; )
自分はいっぱいいっぱいで眺めている余裕もありませんでしたが、こうやって振返ると見事な景色で、感慨深いです。
いずれまたチャレンジしてくなる、そんな経験をさせて頂きました。本当にありがとうございます。
にっしー | URL | 2017/04/28/Fri 08:07 [EDIT]
雲海の朝
Wow!雲海の朝の景色!すごい\(^o^)/
自分が見ていなくても感動してしまいます。
moricyan | URL | 2017/05/09/Tue 00:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈