FC2ブログ
千丈に萌え、甲斐駒に燃え
南アルプスに行ってきました
山初心者の女子3人にとっては、初めての3000メートル越えとなる記念すべき山行となりました。

【日時】 2017年9月23日(土)~24日(日)
【メンバー】 miyaちゃん(リーダー)、nahoちゃん、nonちゃん、yoneちゃん
【ルート】 
23日
奈良田駐車場から05:30発バス=6:15着、広河原6:50発=7:15着、北沢峠。 
北沢峠~馬の背~仙丈ケ岳~小仙丈ケ岳~北沢峠
24日
北沢峠~仙酔峡~駒津峰~甲斐駒ヶ岳~駒津峰~双児山~北沢峠
北沢峠15:30発~16:00着、広河原16:40発~17:25着、奈良田の里温泉~帰京。


9月23日(土曜日) : 仙丈ケ岳
仙丈ケ岳は、山ガイドの竹沢長衛が女性用に登山道を整えたという話を最近NHKがとりあげたこともあり、女性に大人気の山だそうです。バスのガイドさんによると、南アルプスの女王とも呼ばれているとのことでしたが、その呼称に全く恥じることのない素晴らしい美人さんでした。少し紅葉が始まっていたこともあり、その山肌はちょっぴり恥ずかしがり屋のお嬢さんのようで、登らせていただきながらもその可愛さに萌え萌え~♪ テンション上がりっぱなしでした。


テント設営後、8時過ぎ、北沢峠を出発。
出発


夏に北アルプスに登って以来、お花が気になるのですが、今回はお花はほとんど見ることができず、時々トリカブトを見かける程度でした。
トリカブトFullSizeRender (1)


お花の時期は終わっていましたが、紅葉が始まっていました。
紅葉


色づき始めたハイマツの絨毯をくぐり抜けてゆきます。
ハイマツ


誉れ高い南アルプスの女王、仙丈ケ岳の美人っぷりに魅せられます。
カール


山頂手前の千丈小屋でなんと!お友達と仙丈ケ岳に登ってらしたakikoさんのPartyにお会いしました。
akikoさんとは夏の北アルプス以来の再会です。
下界では2駅隣に住んでいてもにお会いすることはないのに、北アルプスと南アルプスで会えるなんて素敵なご縁。


頂上に近づくにつれ、テンションもMax。 ついついマイムマイムを踊ってしまいます。
頂上前マイムマイム


そして、ついに登頂。 初の3000メートル越え。
仙丈ケ岳、3033メートルです。
あまりの感動にこっそり涙していたメンバーもいたようで・・・。
看板


山頂に、ちょっと好みのタイプの岩があったので、そこで記念撮影。
気分最高潮。
頂上


富士山もくっきり見えています。
ちょうど1日前にシタカンダルの3人組アイドルがお鉢を巡っていたのだ!ということを後から知ることとなります。
左手には世田谷イケメンズが登らなかったことで世界的に有名になったオベリスクもよく見えます。
富士山


あまりの気持ちのよさに山頂でゆーっくりお昼をとり、写真もいっぱい撮って堪能。
食事


さて、仙丈ケ岳山頂をあとにし、小仙丈ケ岳に向かいます。
大好きな仙丈ケ岳をバックに記念撮影、パチリ。
千丈バック


ここからは、南アルプスの女王、千丈姫の美人っぷりをご堪能ください。


この岩肌に吸い付くように生えている葉っぱが可愛く紅葉している様は、なんとも色っぽいではないですか。
カール2


ガスすらもベールの如く着こなす優雅さ。
山肌


全体が紅葉している時期はもちろん素晴らしいですが、緑が残る中での紅葉の始まりは、初々しい可愛さです。
美人千丈2


あー、美しい! 萌え萌え~~♪
美人千丈3


千丈大好き! 幸せだ~~。
万歳


そしてテン場にて一泊。 山友会の名のついたテントを張っているからには周りの人に迷惑をかけることのないよう気をつけよう、と心に誓い、
テント


ちょっと寒いので、その会の名前のついた4テンの中にて夕食。
nahoちゃんとnonちゃんに任せっきりの夕食は素晴らしくて!楽しくって!1日の疲れもすっかりふっとびました。
7時半に筆者は〇さん寄贈のソロテンに引き上げて早々就寝しましたが、他のメンバーは盛り上がったハイテンションでしばらく話がつきなかったようです。 
(後でわかったことには、実は翌日リーダーはお腹の調子がよろしくなかったらしいです)

夕食



24日(日曜日)  生岩天国の甲斐駒岳
全国に駒ケ岳を名乗る山は20座を超えているそうですが、その中で一番高いのが甲斐駒ヶ岳です。「山恋ひ」という本では、作者の宇野浩二が甲斐駒ヶ岳のことを「山の団十郎」と絶賛しているとのこと。それくらい男前なお山です。
岩好きにとってはセクスィーすぎる生岩天国に燃え燃えの1日となりました。


朝4時起床、5時出発と約束していたのに! すっかり準備完了で4時半にソロテンから外に出てみると4テンは電気すらついていない・・・、そこから皆様を起こして出発準備をして・・・、2日目は6時出発となりました。


甲斐駒様は、千丈姫とは打って変わっての石だらけ岩々の男っぷり。
ひとつひとつの石が岩ガキっぽくないですか? 
岩好きだし、牡蛎好きだし、岩ガキ好きだし、生岩好きだし!
わーい、楽しい~~。
甲斐駒出発


お天気も最高。景色抜群。6合目から見えるこの山は何だ?
地図を見て、ノコギリ山だろうと判断。
駒六合目


美しい岩のゴツゴツが続きます。
至福~~~
甲斐駒様


岩々している中でも、かなりタイプの岩。
燃える~~
2好みの岩


これまた、セクシーな岩に支えられながら渡ります。
幸せだぁ~
好みの岩


分岐点から「直登ルート」と「巻きルート」に分かれます。
「直登ルート」を行きたい岩好きなメンバー2名に直登ルート選択を許してくれたリーダー、ありがとうございます!!
大喜びの姿を「巻き道ルート」から撮影してくれました。
甲斐駒様3


直登ルートはガンガンズンズン岩登りが続きます。
楽しすぎて楽しすぎて!!!!
時々簡単には持つところや足の置き場が分からない岩場もあったりすると、
「おっと、どうする?自分??」なんて声を出して考えながら楽しみました。
岩登りの楽しさって、結局「なんでもあり!」なところ。
で、冷静に見渡すと、実は掴みどころも足の置き所も満載なことに気づくところ。
ちっちゃい掴みどころを掴めるようになりたいならば技を磨けばよい。
結局人生もそうなんじゃない? なんて、ちょっと哲学的に楽しめるところ。

甲斐駒様2


甲斐駒ヶ岳の頂上のお隣には大国主命が祀られていらっしゃいます。
大国主命


いえい、甲斐駒ヶ岳登頂成功!!
甲斐駒山頂


帰りは巻き道の方を通って帰りました。
白い砂地が続く中、滑らないようしっかり下山しました。

直登から牧道へ


下山後、午後3時にはテントも撤収。北沢峠からバスに乗って奈良田駐車場までもどり、源泉かけ流しの奈良田の里温泉「女帝の湯」にて、とろとろぬるぬるのお湯に浸かって汗と疲れを流しました。

最後に、
この山行の1週間前に仙丈ケ岳にご一緒するはずだったのに台風のためご一緒できなかったMさん、Kさん、isさん、
仙丈ケ岳、行ってきました。ご一緒できずに残念でしたが、すごくすごく美人さんのお山でしたよ~~。
そして、今回風邪で急遽参加とりやめになったyukiちゃん、
風邪は治りましたか? 千丈・甲斐駒ご一緒できずに残念でした。本当に素晴らしい山なので、是非行ってみてくださいね~~。


追記: コサックスクワットとワンレッグデッドリフトについての考察


さて、楽しかった!楽しかった!と連呼する形のブログとなってはおりますが、実は、初日から足がつって苦労しました。登りはいいのですが、下りになると膝周りの筋に痛みが走り、「足のつりを緩和する漢方薬」を色々もらって、マッサージしながらの2日間でした。お恥ずかしいことに、甲斐駒ヶ岳からの下山の最後の1時間強はトボトボ歩きしかできなくなってしまい、メンバーの皆さんに先に下りていただいて撤収をお任せするというテイタラクでありました。
こんなにも足がつった理由として、酒の飲み過ぎを指摘もされましたが、多分ですが、コサックスクワットとワンレッグデッドリフトの方が罪深いように思っております。
振り返ってみると、この山行の1週間前に、full軍曹はじめとする諸先輩方々とクライミングジムにご一緒させていただいたのですが、その時、自分は「腕の力にあまり頼れない中、開脚状態で軸足を移すべく体重移動をする」ということが苦手である、というより出来ない、ことが判明し、脚力がないことを痛感しました。それを克服するようなトレーニングはないかとネットで調べて、コサックスクワットとワンレッグデッドリフト(これは実に名前が怖いですが、実際やることはそんなに怖くない)を始めたのであります。そのおかげで、今まで使われていなかった足の筋肉が鍛えられカチカチになってるな~~と思っておったのですが、これが、山歩きを始めた途端につり始めました。
今後は、新しいことを始める場合、少しずつ始めること。また、長い山行が控えているような時は1週間前からは無理はしないこと。リーダーから念を押されました。
メンバーの皆さん、とくにリーダーにはご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。今後は気をつけます。

私としては、今回、萌えて燃えて楽しんで楽しんだ山行の最後の最後の1時間を、痛い思いをしながら、次々と色んな人々に追い越され、頑張ろうにも頑張れないながらも、トボトボとでも少しずつ下山したこの経験をいとおしくありがたく思っております。足がつって、痛いよう~~痛いよう~~とトボトボトボトボ歩きながら、でもこんなにもゆっくりゆっくりしか歩けなくても、少しずつでも進んでいくことが分かったし、ゆっくりしか歩けないから見えるものや聞こえるものがあって、皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたが、いい経験をさせていただきました。

コサックスクワットとワンレッグデッドリフト、けっこう効きますが、何事も急に頑張りすぎてはいかん、という考察でございました。


(終わり)
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

また登りたい!
yoneちゃんお忙しい中ブログありがとうございました。
あの感動がまた甦ります😊
金曜夜、土砂降りの中車で出発し、朝まで雨が降っていたのに。。
晴れ女パワー発揮!見事に晴れました!初の3000m超えの山、本当に感動の連続でした😃
空の青さに合わせるように、全員のザックが青でした😁
メンバーのみなさんありがとうございました(*^^*)
naho | URL | 2017/09/28/Thu 12:44 [EDIT]
美女軍団に囲まれ
何と羨ましき事!宮様の所以です。コサックスクワットとワンレッグデッドリフト、名前からして凄そうです。両方とも、最高の天気に恵まれたから良しとしますか?ソロテントは宮様用ではなかったんだ~。
ao | URL | 2017/09/28/Thu 14:10 [EDIT]
南アルプスの女王
仙丈ケ岳は思った通りの山のようですね。
だいじょぶ、紅葉真っ盛りにじっくり、ゆっくり、まったり会いに行くので。
is | URL | 2017/09/29/Fri 03:52 [EDIT]
なんか、いつも宮様がいい思いしてるのが、納得いかないないなあ。
imarin | URL | 2017/09/29/Fri 06:29 [EDIT]
筋トレした後、しっかりケア(ストレッチ)することが大事ですね♪
full | URL | 2017/09/29/Fri 07:06 [EDIT]
秋ですね~
空が真っ青!!
紅葉が始まる大地との感じがなんともいえないですね!
わくわくしちゃったなぁ~♫
yasuyo | URL | 2017/09/29/Fri 07:40 [EDIT]
空の青さ、雲、岩、紅葉
最高のコンディションですね(^_^)v
ここまで登ればもうどこでも行けますね。
yoneちゃんのブログを見ると岩ってsexyなんだって思えてくる、違う視点が楽しいです(^。^;)
お疲れさまでした。
kitchan | URL | 2017/09/29/Fri 07:58 [EDIT]
いいな〜いいな
青い空に紅葉が、とてもきれいです。10/14に行くつもりだったけど、仕事状況で行けなくなり。。。このブログでエアー山行にして、来年の楽しみにします〜
kikuchan | URL | 2017/09/30/Sat 19:43 [EDIT]
ステキ過ぎる
青空も、紅葉も、生岩も、ご飯もステキ過ぎます。
少しずつでも進めば、いつかゴールに到着する、本当ですねー!
今回は涙をのんで断念しましたが、ますます、行きたくなってしまいました〜
yuki | URL | 2017/10/01/Sun 10:26 [EDIT]
みなさんお疲れさまでした!
みんな素敵な笑顔。
甲斐駒いいですよねー。あー、また行きたくなる。
aya | URL | 2017/10/04/Wed 08:07 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈