FC2ブログ
北鎌尾根より槍ケ岳 2010年9月 (水俣乗越から)
日程;9月17日~19日
メンバー;カズちゃん、ao
コース:
17日上高地5:15~大曲10:47~北鎌沢出会14;00~北鎌のコル17;14
18日北鎌のコル5;50~独標取り付き(直登ルート)7;45~独標9;12~P15レリーフ12:28~槍ケ岳取り付き13;35~槍頂上14:25

「北鎌尾根」この魅力ある名前の響き!山を目指す者としては一度は行ってみたいものだと思う。今夏西穂~槍ヶ岳を終え槍の頂上から北鎌尾根に魅了され今回の山行を計画したカズちゃんの誘いに、そろそろ「一丁上がり」の近い自分が「中〆」としてうん十年ぶりにここをやろうと思っていたのは大げさに言えば運命としか言い様がない。
どうせやるなら人のいない尾根狙いで連休前に入山。狙い通り尾根を独占する事が出来た。しかし天狗の腰掛手前のザレ場の危ないトラバースに突っ込んでしまったり、P15の子尾根を無理くり登ったりとまだまだ未熟さを露呈してしまった。全体としてはネットで書かれてるそのままだが半端無い浮石には少しびびってしまった。大きい物は机ほどのものからホールド、スタンスはすべて疑いながらの行程には消耗させらえた。ピークを出来るだけ踏む事を念頭に歩いていたのだがピークの先がどう見ても切れ落ちているふうに見えていても先まで行って見ると簡単に降りれたり逆に本当に切れ落ちていたりとカズちゃんと二人で行ったり来たりで本当に面白かった!?巻き道は結構踏まれており尾根ルートは風化が進み、全体の印象としては夏季の縦走路としては終焉を向かえつつあるような印象を持った。総論として、天候の好し悪し、信頼出来るパートナーの有無、山そのものの経験値の高さ(危機管理の高さ)などが必須の尾根なのだろう。尾根における遭難のほとんどが単独行である。ルー・ファイを間違えて、戻るのも面倒と「行け行け」で突っ込んで行く!結果事故る、それを初歩的ミスと人は言うだろう!でもそれは行って見るとよく分かる!そんな尾根なのだ。相方に感謝!ao


天狗の腰掛より独標を差すカズちゃん

P9180039_convert_20100920192927.jpg



独標頂上より槍ケ岳遠望(北鎌尾根が続く)

P9180051_convert_20100920192337.jpg

その他の写真は下記クリック
写真

独標360度動画(byカズ)
動画1

槍頂上直下第2チムニー動画(byアオ)
動画2


スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

この連休は久しぶりにおそうじ、テニス、お買いものと、下界を満喫。でも写真見たら、やっぱうらやましーーーーい!どのくらいの実力つけたら、こういうとこに行けるのかしらん??

imarin | URL | 2010/09/20/Mon 20:20 [EDIT]
aoちゃん、カズちゃんお帰りなさい!!
やっぱり速かったですね。
独標もピークを踏んだのですね。かっこいい!チムニーにはあぶみ残置されていなかったのですね。天気も守られて、〆山行の成功おめでとうございます!!
さち | URL | 2010/09/21/Tue 20:29 [EDIT]
幸ちゃんコメントありがとう!さすがに槍頂上に上った時不覚にも涙がこぼれました。山を続けて良かったとしみじみ思います。これからも宜しくお願いいたします、
ao | URL | 2010/09/21/Tue 21:16 [EDIT]
お疲れ様でした。好天で良かったですね。
junn  | URL | 2010/09/22/Wed 15:14 [EDIT]
実は僕もあふれ出そうな涙をこらえるので必死でした、お蔭様で一生忘れられない山行になりました。

今度は雪のあるときに行きたいです!
カズ | URL | 2010/09/22/Wed 21:11 [EDIT]
えっ! 涙?? aoちゃんもkazu君も純情ですね〜! でもこれは北鎌が歴史的名ルートだからでしょうね! 先人に感謝!
kazu大先生 | URL | 2010/09/26/Sun 01:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈