FC2ブログ
岩木山
IMG_20171008_072224.jpg

『津軽富士』といわれる、岩木山に行ってきました。


岩木山
青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山。
標高は1,625mで青森県の最高峰の百名山。
山容が円錐形であることから津軽富士の別名がある。


岩木山の登拝行事は【国指定重要無形民俗文化財】に指定されている。
旧暦7月末日に村落内の先達に伴われて出発し、数メートルにもおよぶ御幣・幟を捧持。急斜面の難所を経て、錫杖清水で身を浄め、種蒔苗代で豊凶を占い、山頂に達して奥宮に御幣・御神酒などを奉納して8月1日の御来迎を拝む。


【日程】2017年10月8日
【メンバー】 yasuyo(リーダー)、Kyoko(タイムキーパー)、Noburin
【天候】 快晴

【行程】
百沢ルートから嶽ルート
岩木山神社前バス停着7:48 ◆岩木山神社前バス停~8:00岩木山神社・登山口~8:27七曲~カラスの休場~鼻コクリ~9:14 姥石~9:55 焼止り避難小屋 10:15~11:10錫杖清水11:15~11:40 種蒔苗代~11:45 鳳鳴ヒュッテ 11:50 ~ 長平登山道分岐 12:42~12:20 岩木山山頂 12:55~ 長平登山道分岐 ~ 鳳鳴ヒュッテ ~ 岩木山八合目駐車場 13:40 →バス→嶽温泉

kP1110245.jpg
岩木山神社で安全を祈願し、登山届けをポストにいれて出発です


kP1110251 (1)
紅葉を含んだ色合いがいいなぁ~。快晴で気持ちのいい登り始めです


kP1110253.jpg
登山口です。注意書きが色々あります。


kP1110258.jpg

kP1110279.jpg

百沢ルートではひらけた所が少なく、先の眺望を楽しみにしながら登っていきます。


kP1110267.jpg

焼止小屋の後は急登の岩登りが始まります。岩は脆いところもあり慎重にいきます。
小屋通過後の登りが思いのほか過酷で、たまたま小屋でしっかり休憩をとっておいて助かりました。
(※トイレは物置きに見えてわかりづらいですが、小屋の中にあります)


P_20171008_103303.jpg

6~7月の大沢は残雪が多く危険な時期で上級者の同行が必要だとか。
大沢では6月~8月までミチノクコザクラが見られます。野生においては世界で岩木山にだけ咲く花なんだそうです。
是非見てみたいなぁ~(*^^*)




P_20171008_103640.jpg
沢登りになっていきます。わずかな沢音が心を癒してくれます。坊主コロバシを通過



P_20171008_104113.jpg

振り返ると眺望素晴らしい。
まもなく湧水の水場があるからがんばろう!



P1110286k.jpg

錫杖清水(標高1340) しゃくじょうしみずと読む。岩木山の山頂にもっとも近い湧き水です。
その美味しい湧き水を麓から3時間かけて汲みにくる人や楽なコースで登り山頂から下って水を汲み、登り返す人もいる。
勢いよく湧き出るその水は夏でも枯れることはないらしい。


P_20171008_114052_201710150915436bc.jpg
種蒔苗代

P_20171008_114207_20171015091545634.jpg

種蒔苗代の池の左を通り斜面を登っていく


P_20171008_114351_20171015091547e38.jpg
雄々しい

kP1110300.jpg

八合目スカイラインからの道と合流する。



kP1110301.jpg

鳳鳴ヒュッテ
鳳鳴ヒュッテは、高校生5名が冬山で遭難(4名死亡の惨事)した事を受けて1965年設置されました。
非常に老朽化しているが、コンクリートを積んで頑丈に作られており、今でも利用可能だそうです。
遭難に至る高校生の5日間をつづった本、『空と山のあいだ』が出版されています。
最初の数頁を読んだ後は読むのをやめられませんでした。



kP1110305.jpg

鳳鳴ヒュッテから岩だけがゴロゴロの急登、【一のおみ坂】と【二のおみ坂】を30分かけて山頂まで登っていきます。



kP1110312.jpg
頂上につきました~
ノブリン62座目、おめでとうございます\(^o^)/




P_20171008_121927.jpg



P_20171008_121930.jpg

頂上からは日本海・七里長浜から小泊岬も見えました。北海道はかすんでいます。
紅葉がすばらしい!!



Kyokoちゃんがバスの時間(本数少ない)とメンバーの体力を考慮し、下山時刻を設定してくれました。
昼食時間もそこそこに急いで下山開始。
Kyokoちゃんが先頭してくれて下山速度を調整、そのスピードに黙々と頑張ってついていきました。
バス発車時刻の5分前に8合目ターミナルに到着!!
津軽・岩木スカイラインをバスで下りました。



IMG_20171008_154453 - コピー

下山後は、名産の甘~~い『嶽きみ』というトウモロコシをほおばりました(^◇^)
すごーくあまいんです~♫
嶽温泉もとてもいいお湯でした。



岩木山、津軽富士といわれるその山はさすがに美しい山でした。
地元の方々が愛してやまないのがわかります。
東京を離れるときに本州で初雪と報道されていたので、白と緑と紅葉の3層になった岩木山を期待しました。
雪は融けちゃったけど、難所で滑ることがなかったので良かったんだと思います。
岩木山、大好きな山になりました。


◇~~そして夜行バスで東京へ。◆あずましゆっこ青森の旅◆は無事に終わりました~~◇
いろいろアドバイスをいただいて、ありがとうございました~!
(完)




スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

タイムキーパー(笑)
前日の奥入瀬恐怖体験を教訓にしました(^_^;)
岩木山は美しい紅葉とお天気にも恵まれ、最高でしたね♪
三日間とても楽しかったです、yasuyoさん計画等々ありがとうございました!
KYOKO | URL | 2017/10/15/Sun 15:44 [EDIT]
何年か前岩木山登りましたが、独立峰のため晴れてれば絶景のはずがその日は曇っていて視界がなく、今改めて素晴らしい景観だと納得できました。

美しいブログありがとうございます。
is | URL | 2017/10/15/Sun 16:04 [EDIT]
岩木山
こんなコースもあるんですね!
そして、すごい紅葉ですね!
さち | URL | 2017/10/15/Sun 16:41 [EDIT]
前日の奥入瀬恐怖体験?
例会でもサラッと流されましたが、今度、説教部屋、缶詰めでゆっくり聞かせてちょうだいね~
ao | URL | 2017/10/15/Sun 18:15 [EDIT]
maru
岩木山神社入口の鳥居に正対すると、岩木山が鳥居にすっぽりと入る構図なんですね。あえて、こちらかろ登るというのがいい。天気良しとは言え、画像が日本海までもすばらしい。
| URL | 2017/10/15/Sun 21:00 [EDIT]
あっ···
>aoさん
そのままさらっと流してください(笑)( ´-ω-)
KYOKO | URL | 2017/10/15/Sun 23:38 [EDIT]
すごいですね!
おつかれさまでした!
毎度のことながら、Yasuyoさんのリーダーシップ、それぞれの適正に応じた対応、すばらしいです。
わがままで単独行動を好む当方としては、まねのできない、すばらしい能力と思います。(タヌキは群れの動物のはずなのに・・・)
imarin | URL | 2017/10/16/Mon 20:00 [EDIT]
岩木山!嶽きみ!
かつて、弘前で2年半過ごしたことがあり、津軽人が岩木山に寄せる想いは分かる気がします。我が娘の七五三は、岩木山神社でした。
嶽きみは、本当に旨いですよね。初めて食べた時の感動は今も忘れられません。
良い山旅でしたね。
ken | URL | 2017/10/16/Mon 21:45 [EDIT]
きれい〜
岩木山行きたくなりました!
東北の山、いいよね。
綺麗な紅葉の写真、そうこうしてるうちに山はもう冬支度だね。
aya | URL | 2017/10/18/Wed 20:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈