FC2ブログ
赤岳 
1月から新しく世田谷山岳会に入りました大江です。
皆さんからおすすめされたので、少し前になりますが他の方の投稿を参考に人生初のブログをアップしてみました。

日程:2月24日(土)
工程:美濃戸口→美濃戸→行者小屋→文三郎尾根→赤岳山頂→地蔵尾根→行者小屋→赤岳鉱泉→堰堤広場→美濃戸→美濃戸口

雪山二年目で昨年は蓼科山、東・西天狗岳・唐松岳に行っていたので、今年は赤岳に登りたいと思っていましたが、1月に一泊で行ったときは風が強すぎて硫黄岳に変更していました。
日暮れが5:30ごろになってきたので、朝5:00に出れば12時間はあるので行けると思い、行ってみました。


まずは南沢を行きます。1月に比べると所々雪が溶けていて、春の訪れを感じました。

DSCN9802_convert_20180316211905.jpg

行者小屋に着くと赤岳が見えましたが、雲がものすごいスピードで流れていました。アイゼンをつけながら同じタイミングで上がってくれる人を待ってみましたがいないので、まずは稜線まで行ってみることにしました。

DSCN9804_convert_20180316212103.jpg

雪は少なめでした。

DSCN9814_convert_20180316212318.jpg


稜線に出るとそれほど風が無かったため、上を目指しました。

DSCN9826_convert_20180316212437.jpg


山頂は風が強く、気づいたらウールのマフラーが凍って板のようになっていました。

DSCN9821_convert_20180316212509.jpg


クライミングで上がってきた人と阿弥陀岳。

DSCN9822_convert_20180316212601.jpg


権現岳は少し晴れていました。

DSCN9832_convert_20180316212727.jpg


下りは地蔵尾根の予定でしたが、山頂で会った人が地蔵尾根の上部の風がものすごかったということだったので、文三郎尾根の往復にしました。

DSCN9833_convert_20180316213237.jpg



クライマーも数名取り付いていました。

DSCN9840_convert_20180316212823.jpg


行者小屋から赤岳鉱泉、北沢ルートで帰ります。

DSCN9853_convert_20180316213015.jpg


アイスキャンデーも1月に比べて、だいぶ溶けてきていました。

DSCN9854_convert_20180316212918.jpg


北沢ルートの美濃戸の手前で全凍結のところがあったため、今はもう溶けているかもしれませんがチェーンスパイクも持っていくと良いと思います。14:30に美濃戸口に帰ってこれたので、良い一日になりました。

DSCN9857_convert_20180316213116.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

岳ちゃんの今後に期待
とりあえず、さくっと赤岳主稜やろうぜ♪
full | URL | 2018/03/16/Fri 22:19 [EDIT]
単独行
寒かったですね~!阿弥陀頂上とエール交換予定だったのに~
一人で強風に耐えアイゼンを軋ませ、頂上を目指す!カッコイイです。
ao | URL | 2018/03/17/Sat 09:07 [EDIT]
健脚!
美濃戸から日帰りしちゃうんですね、すごいなぁ~
わたしはご褒美がないとムリだぁ(´・ω・)
KYOKO | URL | 2018/03/17/Sat 22:10 [EDIT]
来たれ若人
山友会的には若人なので、今後のご活躍を。
imarin | URL | 2018/03/18/Sun 08:39 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ