FC2ブログ
果て無き イグルーへの道 ~さらなる高みへ~
3/10-11で計画し、天候懸念により中止となった「日白山にっぱくさんイグルー行」。

例会でmaruさんから「3/17-18でリベンジするぞ」と募集するもいまいち盛り上がらず。

「行ったろうやんけ」と集ったのは・・・
・プロフェッサーmaru
・永遠のアイドルtommy
・前のめりのaya
・さすらいのうーさん

■2018/3/17-18
■新潟県湯沢町 日白山にっぱくさん
  二居~東谷山ひがしやさん(イグルー泊)~日白山~二居(周回)

明大前駅前 6:00集合。
天気よさそうですね、とテンション上がりまくるも・・・
いきなりの環八渋滞でテンションだだ下がり。。。
こちとらただの山行じゃねぇんだよ。イグルー(もしくは雪洞)なんだよ。
シゴトがあるんだよ。遊びじゃねぇんだよ。とぶつくさ言いながら渋滞を抜け、
二居の駐車場に着いたのはもう10:20。行動開始は10:40でしょうか

どぴーかんです。
昨年は一日目天候悪く、全く見えなかった稜線が今回はくっきり見えます。
P3171650.jpg

テンションmaxにてがしがし登る。
P3171676.jpg
P3170071.jpg

去年イグルー(もどき)を造った場所はいつの間にか通り過ぎ、
13:30 東谷山山頂へ。うおー、絶景!
P3170080.jpg
P3171720.jpg

しばし見とれた後、「お、そうそう、シゴトシゴト」
ちょっと戻った斜面の適地を建設場所と決めます。

maru「ぼちぼちやりますか」
うー「そうですね」
maru「うふふ。スノーソーです」「去年はやみくもに積み上げたんですか」
うー「まーそーとも言えますねー 野性のaoさんリーダですから」
maru「それはだめでしょ。まずはブロックを切り出しましょう。えぇっと。大きさは。。。」
がさごそ。結局またネットから拾った「さるでもできるイグルーの作り方」を
見ながら作業開始だ!ここまでは去年と一緒だぞ

前のめりのayaはテンション・パワーmaxで、掘る!切る!積み上げる!
プロフェッサーmaruの指示は的確だ。
P3170083.jpg

お、去年とはちょっと違うぞ。そこそこしっかりしたブロックが切れてるぞ!も、もしや・・・

掘る、ブロックを切る、積み上げる。
掘る、ブロックを切る、積み上げる。
掘る、ブロックを切る、積み上げる。
掘る、ブロックを切る、積み上げる。
maru&ayaで内側から作業を進める。
おー積み上がってきたぞ。去年とは明らかに雪質が違い、ブロックは安定している、、、、
P3170085.jpg

しかし、、、、、か、壁が高くなってきたぞ。この壁は収束し、「屋根」になるのか!?
もしくは昨年同様、収束せずに「屋根なし不法占拠のバラック」になるのか・・・

いつしかmaruさんの表情から余裕が消える。「だめかな。。。
しかし、ここからがmaruさんの「レジェンド」であった。
「ブロックは切り出すのではない。削り出すのである」maru語録
切り出した雪片をそのまま使うのではなく、成型する。
こ、これは!東大寺の大修復のドキュメンタリーで見た、宮大工の
シゴトである。丁寧な仕事ぶり。頭が下がります。
ayaも立派な左官職人になってきました。丁寧な積み上げ技術が光ります。
徐々に壁が狭まり、屋根っぽくなってきた!
P3170088.jpg
P3171739.jpg

この間、tommyは。。。。
「イグルーできないだろうから、雪洞でも掘るか」と、がしがし掘り進めるが、
そうそうに「腰いてー」とか言って、途中で飽きて、めっちゃさぼっている。

うーさんは。。。
イグルーの中でシゴトするmaru&ayaを救出すべく、
外側から掘り進め、誘導路(エントランスね)を確保。
無事にイグルーが出来上がったとして中で寝れるのは二人。
その二人はがんばったmaru&ayaだよね。
つーことはうーさんの寝場所は・・・tommyと雪洞か!
tommyが飽きて一人分位の広さしかない雪洞をあわてて拡張工事に走る!

そうこうしているうちに、
レンガ職人maruと左官職人ayaコンビの見事な連携により。。。。
ついにイグルーの壁は収束し最後の1ピースが最頂部に設置された。
イグルー完成だ! 我々は勝ったのだー 宴会だー
P3171746.jpg
P3170089.jpg
P3170090.jpg

しかしここで終わらないのがmaru。
「内部の拡張工事を進めれば四人寝ることができるのだ」

鬼神と化したmaruさん怒涛の勢いで中を掘る、掘る、掘る。

つ、ついに、四人が寝ることができるイグルーが完成。
・外壁は素朴さを保ちつつも、威厳が感じられるモザイク仕上げ。
・四人の荷物持ち込んで寝ることができる広大なリビング。
・テントのように座って背中に壁が迫り猫背になる事もない安定かつ垂直な壁。
・立って着替えることもできる余裕の天井高約2mを確保。
・無数の換気口を備え、通気性抜群。

IMG_20180317_165559.jpg
IMG_20180317_175141.jpg

やったやった!宴会宴会!
tommy&うーはさっさとイグルーの中にもぐりこみ、宴会体制。
いえーい、かんぱーい。ayaも合流。

鬼神maruは・・・  まだスコップを離さない。
エントランスの拡張&バリアフリー工事にいそしむ。
こ、この人は・・・ここに住みつくつもりなのか・・・
一夜限りのねどこに美学をそそぎこむ姿に心を打たれつつ
tommyとうーさんはかまわず酒を飲むのであった。

maruさんの気が済んだところで、みんな揃って宴会。
わいわい飲んでます。天井を見上げ、どや顔が止まらないmaru&aya
「やっぱりね、成功の秘訣は、ブロックの切り出し方なんですよ。
ちゃんとね、形を作るんですよ。やみくもはだめですよ」

IMG_20180317_180935.jpg
IMG_20180317_175441.jpg
IMG_20180317_180925.jpg
P3170105.jpg
P3170103.jpg

わーわー言って夜も更けます。

05:00起床
それはそれは荘厳な朝。
P3180112.jpg
P3180113.jpg
P3180116.jpg
P3180127.jpg

ラーメン食って、行くべい。
「もうイグルー作ることもないんだろうな。見納めだな」
感慨にふけり、立ち去りがたいmaru&aya
この後、衝撃の光景に出会う事も知らず。。。

東谷山山頂 ぱのらーま
P3180129.jpg
P3181783.jpg
日白山山頂 ぱのらーま
P3181795.jpg
P3180129_20180321083847a0e.jpg

360度 山しかみえましぇん。

昨年はピストンでした。
今回は周回します。

絶景を惜しみながら、稜線を下ります。
おや、鞍部に何かこんもりしてます。
「お、イグルーだ、どれどれ、見てやるか・・・」
近づいてきました。
「こ、これは・・・」全員絶句。

荘厳な、威厳のある佇まいのイグルーです。
我々の作った「何か」とは全くの別物です。
P3181806.jpg
P3181807.jpg
P3181804.jpg

こっちのイグルーわれわれの何か
竪穴式住居
堅牢もろい
美しいおもろい
計算根性
建造物堆積物
ブロック30個レンガ300個

イグルーの横には「石切り場」が整備されています。
雪質もきめが細かく、密度が十分ありそうです。
一抱えもあるようなブロック数十個で構成されています。
我々のはぼこぼこのレンガ数百個積み上げました。
内装も見事です。壁面下部は外側にきれいに拡張され
荷物を置けるようになっています。


エントランスと頂上には質素でありながら威厳のあるオブジェまで
設置されています。


maruの目が輝きます。
敗北感を感じながらも、既に向上心・挑戦精神が沸き上がっています。
「来年もイグルーを造ろう。奥が深い」 (さっきはそんなこと言ってなかった)




名残を惜しみながら、下山です。
途中、まばらな樹林帯の急斜面を下ります。
「ひゃっほう」 tommyはシリセード

P3181832.jpg
P3181817.jpg

にわか確保練習もやりながら、思いのほか眺望の良い斜面を楽しく下りました。


「あのイグルーを、我々が作ったことにしようか・・・」とかせこい事を言いながら
四人の「イグルーらしき何か」の旅は終わるのであった。

文責:うーさん




にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

このままでは終われない
日白山、イグルー作り、完璧イグルー拝見、私にとってはどれも初めてのことで、感心し、図らずの課題もでき、すばらしい山でした。
雪ブロックは「作る」こと、「われわれの何か」では終われない、待ってろよ~。
maru | URL | 2018/03/21/Wed 09:41 [EDIT]
ドラマチックな
最後に答え合わせがあったんですね(笑)
いやでも、厳選されたメンバーの解決力とやり抜く力あってこそ。
天気も申し分なく、見れば羨ましい限りです。
ニッシー | URL | 2018/03/21/Wed 10:43 [EDIT]
オトナの雪遊び
イグルーだと先に穴掘って、圧縮された雪を切り出したほうがいいのかしらん?来シーズに期待!
それにしても、そもそも雪洞でカイチョーとししゃも食いたくて入会したのに、まだ叶わず・・・
imarin | URL | 2018/03/21/Wed 12:58 [EDIT]
頭の出来違いか?
さすが、maruさん!いやこれも去年の失敗した先駆者の成果と思いたい(笑)
丸さんの得意の「雪隠」は?
会長、やっぱりすぐ飽きるのね~(笑)
ao | URL | 2018/03/21/Wed 14:28 [EDIT]
素晴らしい団結!
ついにやりましたね!
おめでとうございます。

完成後の感想もお聞かせ下さい。
寝心地は?
寒さは?
換気は?
トータル的にはいかがでしたか?
kitchan | URL | 2018/03/21/Wed 22:02 [EDIT]
か・い・て・き
当日は全く風もなく、夜もあまり気温が下がりませんでしたのであまり参考になりませんが、、、
中はきわめて快適です。
テントで感じる風の影響は皆無です。
恐らく外気温の変化の影響も緩和されるでしょう。
一方、テントでは火を焚けばすぐに暖かくなりますが、イグルーではそうはいきません。
今回は暖房代わりに弱火で火を焚いてました。十分です。
通気性も抜群です。
完成までの経緯上、床は相当に踏み固められているので、平面仕上げをきちんとすれば、でこぼこや、場所によっての軟弱さはありません。
このあたりは、maruさんの内装仕上げのこだりのおかげでもありますが。

今回は好天下のんびり2時間以上かけて作りましたが、悪天の事態に、大きなブロックで40分で建設できれば、危機管理上もすんばらしいと思います。

えーと、いびきや歯ぎしりは同行者によります。今回は・・・
気になりませんでした。
それより私の夜トイレ頻度は改善すべき課題です。
うーさん | URL | 2018/03/22/Thu 21:05 [EDIT]
感動
うーさん、素晴らしい大作ブログ、ありがとうございます。ライブ感あります、伝わる気がします(^ー^)
収穫はイグルー建設地と石切場は別、雪質大事、ということですね(笑)
完璧イグルーとの遭遇、360度のパノラマビュー、ロープ訓練。思いがけずいろんなおまけ付きの山行。日白山、気に入りました♪
みなさま、ありがとうございました。
aya | URL | 2018/03/22/Thu 22:45 [EDIT]
イグルー
お疲れ様でした。
そして立派なのができましたね。城を見るまでは(笑)
気になったのは、最後の写真。
スタンディングアックスビレーではないですね。
グリップビレー?
確保になってないような気が・・・。
full | URL | 2018/03/23/Fri 17:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ