FC2ブログ
(谷川連峰)仙ノ倉山北尾根
◼️日程:2018年3月31日(土)-4月1日(日)
◼️場所:仙ノ倉山(北尾根)~平標
◼️メンバー:maru(単)
<行程>
 3/31(土)晴 朝一の新幹線で越後湯沢、タクシーで登山口(毛渡橋)へ、
    毛渡橋08:00-09:20バッキガ平-10:10小屋場の頭-14:50仙ノ倉山-16:00平標(越え少し下る)テント
 4/1(日)晴 テント07:00-(松手山)-08:50元橋バス停、バスで越後湯沢駅へ

 過去2回敗退、3回目にして仙ノ倉に至る。過去の敗退はいずれも雪の状態を理由にしていた。自分の場合、かなり条件に恵まれなければ登れない山であることをあらためて思った。新雪深ければラッセルで負け、雪少なければヤブで負け、雪硬ければシッケイの頭の急斜面はロープなしでは負ける。奇跡的に恵まれたこの春の雪だったのだろう。
  麓から眺める山の遙けくも一歩を重ねて頂に立つ

①日白山からの仙ノ倉北面
・2週間前の「日白山イグルー山行」時の仙ノ倉北面
  右奥の仙ノ倉から左下端へ延びる「北尾根」、いつかあの尾根を登れるときがくるのだろうかと思った

②バッキガ平
・バッキガ平と背は日白山・東谷山の稜線
  コンクリ橋になる前の吊り橋の通過も難物だった、ここから北尾根への急登が始まる

③小屋場の頭
・小屋場の頭から稜線を望む
  過去2回はここまで(テント、雪洞)

➃シッケイの頭への稜線
・シッケイの頭への稜線
  雪庇崩落の怖れ、一部の急傾斜突破がポイント

⑤シッケイの頭
・シッケイの頭への登り
  ここと手前ピークの登りの急傾斜が難関、先行パーティー3人

➅ピックを刺して登る(ダガーポジション)
・ピックでの(ダガーポジション)登攀
  硬い雪面にステップは切れず、ピッケル・アイゼン、ロープが欲しいが
  
⑦仙ノ倉への雪原
・仙ノ倉への雪原
  シッケイの頭を抜けると突然に雪原が現れ、緊張から解放される
  先行2パーティーはこの雪原にテント

⑧北尾根を振返る
・北尾根を振り返る
  山頂直下はなだらかな尾根だが、右の沢(シッケイ沢)は山スキーヤーの憧れ、滑り出しは怖い

⑨仙ノ倉山頂
・仙ノ倉山山頂
  北尾根を登り山頂へ、縦走者が1名佇んでいた、遠く越後三山方面

⑩平標山頂(直下にテント)
・平標山頂
  雪がないのは風が強いということでもある、自分の最も好きな山

⑪平標から仙ノ倉方面(国境稜線)
・平標から仙ノ倉
  「国境稜線」はここから谷川岳へ続く

⑫松手山から平標
・松手山からの平標
  右手にヤカイ沢、今日も山スキーヤー多いだろう
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おめでとうございます(^^)
計画見て、今年は行ける!と思ってました。
それにしても、となりのおじさん?から、いまやレジェンドになってしまった⚪さん、敷居が高いなあ。。。
| URL | 2018/04/02/Mon 22:22 [EDIT]
三度目の挑戦
踏破おめでとうございます。一人で始めて一人でやり遂げる、感慨深かった事と思います。次の目標はいずこや?
ao | URL | 2018/04/02/Mon 22:26 [EDIT]
やったー
単独踏破おめでとうございます!
かっこいー ひゅーひゅー
maruさんがハナたらしながらあえぎながらぼやきながら登る姿が目に浮かびます。

行きたいところ尽きませんなー
うーさん | URL | 2018/04/03/Tue 12:59 [EDIT]
山ヤは、かくあるべし
maruさんのアルピニズムを感じますな。
full | URL | 2018/04/03/Tue 19:43 [EDIT]
浪漫
新雪深ければ、雪少なければ、雪硬ければ、、、
その山に向かうまでにドキドキしますね。
yasuyo | URL | 2018/04/04/Wed 00:25 [EDIT]
おめでとうございます!
maruさん、やはり単独踏破されましたね!
おめでとうございます!かっこいいです。
私もぼちぼちですが、憧れの山、憧れのルート目指してがんばります。
aya | URL | 2018/04/04/Wed 09:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ