FC2ブログ
5/20 ボウズクリ沢 敗退
ヘタレimarinです。敗退の沢での失敗談をレポートします。
(ヘタレの由来って、なんなんでしょうね? へ、たれる?へたれる?)

imarin+他1名 西丹沢 ボウズクリの沢 敗退

そもそもなぜここを選んだかといえば、いくつか候補を挙げた中で「どちらかといえば濡れない沢がいい」という消極的な理由から。個人的には、ネットで情報をとりすぎてしまうと、そこをなぞるだけになってしまってつまらないので、地形図とトポと核心のみ確認。結果、そもそもバス停がよくわからん。(バス停の名前が変わっていた)

仲間に教えてもらいつつ(?)入渓。

P5200004.jpg

Closeしたキャンプ場の奥に、ボウズクリの滝。
P5200009.jpg

下段のウィークポイントは右側。でも人があまり入らないらしく、ヌメリあり。巻が多いとのことでビブラムを履いてきましたが、滑るので写真の位置から左へトラバース、右岸にあがりました。
上段20mは左から巻くとのこと。が、本来もう一段上がってからの左巻きだったので、トポの記述に悩み、どうルートをとるか??最初に選んだところは急登のザレザレで悪い。登れなくはないけれど・・・とルート変更。滝の際のブッシュを登り、どうやらルート復帰。

その後もとにかく足場が悪く、岩も引っ張るとすぐとれるくらいモロイ。信用できるのは樹木のみ。ロープを出し、「木があればダイジョウブ」会長の名言を思い出しつつ登ります。

見た目より斜度もあり、足場も悪い。
P5200014.jpg

ザレ場はチェーンアイゼン+ロックハンマーで歩いていましたが、岩場が見えたので外したところ、その前にザレのトラバースが・・・外すのが早かった・・・ざざーーーーと滑り落ちながらトラバース。ギアの取り外しのタイミングを間違えました(-_-;)

さらにその先をリードしていた同行者が、いきなり落下!
足場の悪いところで支点工作準備中の出来事。木に巻いたスリングにノーマルビナ+クローブヒッチでセルフ、少し降りようと緩めたときにビナが回ってしまったらしく、テンションと同時にスリングからカラビナがはずれて落ちたとのこと。前の支点から2-3mのトラバース後の支点だったので、落下距離が短く大事にはいたりませんでしたが、ザックのウェストハーネスをしていなかったので、背中をすりむいていました。

こういうときは敗退に限る!
巻いた20m滝と次の3段の滝を見て、懸垂開始。

3段滝。
P5200017.jpg

ロープは30mだったので、4連続懸垂下降。足場の悪いなかでの懸垂セット、これはこれで良い練習になりました。
登りも下りも、どうやって安全に効率よくロープを使うか、どの木を使うかなど、身体は疲れなかったけど頭が疲れた(^_^;)
敗退からは学ぶことが多く、充実した1日になりました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 沢登り・キャニオニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ご無事でよかった!
生還お疲れ&良かった。
さすがimarin
状況を見極め、安全に対処したこと
さすがです。
無謀な僕はこのような場合切り抜けられるか心配です
kitchan | URL | 2018/05/25/Fri 22:03 [EDIT]
迫力あるレポート!!
映像でも充分斜度を感じます!
読んでいてドキドキしちゃいました~
引っ張るとすぐとれる岩って・・・・(>_<)(よかった!ご無事で)
でもでも、ボウズクリの滝、とっても魅力的ですね。
美しくて写真にみとれてしまいます。

yasuyo | URL | 2018/05/26/Sat 11:21 [EDIT]
(^_^;)
ヘタレなだけなんですが(^_^;)
滝観賞にすら行けませんでした。
imarin | URL | 2018/05/26/Sat 19:47 [EDIT]
imarinさんでも
こんな恐ろしいことがあるんですね~。。
不確定要素が多いから楽しい反面、危険もありますね。
読んでいて勉強になりました!
KYOKO | URL | 2018/05/28/Mon 20:27 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ