FC2ブログ
荒川水系 大洞川 和名倉沢
日程;7月14日~15日
メンバー:マルさん、Full、ao

久々にマルさん参戦し三人で遡行します。泊装備の重さと異常な暑さで、バテバテです。この沢は滝が多く、綺麗な渓相ですが、巻が多く、今一テンションが上がりません。通lらず(ゴルジェの和名)先、2段40ⅿの強烈な巻が終わった先にある、優良物件で終了とします。2時間程遅れて杉労の5人が上って来ますが、先のBPを目指し上って行きました。
翌日は下山の暑さを嫌がり、BPから左岸尾根を上がり二瀬尾根を目指します。急登ですが、藪も無く1時間程で造林小屋跡に出て終了です。やはり泊りの沢は味わいが深く、楽しさ満点です。



P7140003_convert_20180722182307.jpg

入渓ポイントから左下に引っ張りこまれ、本来渡るべき吊り橋が上流に見える。出合いは対岸に見えている。




P7140004_convert_20180722182320.jpg




P7140010_convert_20180722182333.jpg

4m滝






P7140016_convert_20180722182346.jpg

弁天滝前の7ⅿ滝。この沢は釣り師が多いらしく、トラロープが多い。






P7140018_convert_20180722182359.jpg

弁天滝



P7140036_convert_20180722182412.jpg

通らずの巻終りに見えて来た2段40m滝。流石にデカい!!





P7140039_convert_20180722182426.jpg

40ⅿ滝上のBP、すぐ上にも広い場所があった。







P7150041_convert_20180722182631.jpg


造林小屋跡を偵察するマルさん、近くに沢があり、水場もあった。このすぐ上には二瀬尾根道がある。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

巻きが多かったですね
スギローの荒井さんに偶然出会いました。
山の世界は狭いですね。
full | URL | 2018/07/22/Sun 19:48 [EDIT]
むふふ、
○さん、予行練習ですかね。よろしくお願いしますよ~
imarin | URL | 2018/07/23/Mon 03:22 [EDIT]
泊装備で・・・
暑かったでしょうねーー!
滝を泊装備で登る・・・皆さんへっちゃらなんですね~
それにしても、水量が多くて迫力ですね(^o^)/
yasuyo | URL | 2018/07/23/Mon 07:14 [EDIT]
川の流れのように
山の上から水は流れてきて下流へ途切れることなし、木々は炎の中で姿を変えて気体になり山へ戻って行く、何も考えず見続けていてなぜ飽きないんだろう。
この二人がついていれば、どんな山でも行ける。
maru | URL | 2018/07/23/Mon 07:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ