FC2ブログ
会長と行く葛根田沢・・・からの岩手秋田県境縦走
もう一ヶ月以上前の山行ですが、会長とのプチ冒険記をアップしたいと思います。

■日程
 2018年7月26日~29日(25日夜発)
■行程
 26日:滝ノ上温泉~北ノ又沢手前(幕)
 27日:北ノ又沢手前~八瀬森山荘~八瀬森~曲崎山~大沢森~大白森山荘(幕)
 28日:大白森山荘~大白森~小白森~田代平山荘~乳頭山~乳頭キャンプ場(幕)
 29日:帰京
■メンバー
 会長、nisshii、kyoko
■装備他(備忘録)
 30mロープ
 mont-bellのサワークライマー(ラバーソールの沢靴)
 シュラフなし、シュラフカバーと防寒着(薄手のダウン)

去年に引き続き会長を夏山にお誘いしたところ、岩手と秋田の県境に素敵な沢があるとのご提案が。
当初は岩手山と秋田駒ヶ岳を縦走しよう、という計画でしたが、何だか暑そうだしなぁ・・・
涼しそうだし、じゃあ沢で!というノリで、沢登り+縦走という贅沢プランに決定です。

沢は数年ぶりという会長と、沢初心者2名・・・しかも初めてのお泊まり沢。大丈夫なのか・・・?

25日夜23:30、池袋のバス停に集合。
3列シートの快適な深夜バスで盛岡へ向かいます。

7:00盛岡駅に到着。
7:44発の田沢湖線に乗って雫石駅へ。雫石駅から滝ノ上温泉まではタクシー移動です。(\7,000)
※昔は雫石駅から滝ノ上温泉までバスがあったようですが、今はないようです(たぶん)

滝ノ上温泉のすぐそばにある地熱発電所から出発です!

IMG_4448.jpg

前のめりに入渓したポイントは・・・ちょっと早かったようで、次々現れる堰堤に阻まれる。
張り切りすぎました。。

P1120369.jpg

堰堤を巻くたびに藪こぎ、、いきなり1時間ほどロスしてしまいました。会長、藪でさっそく腕時計を紛失する。どうやったらw
やっと沢らしくなってきました。水がとてもきれいです。

IMG_4465.jpg

P1120374.jpg

大ベコ沢のナメ滝で記念撮影。
まだ余裕です。

P1120379.jpg

このあたりではずっと雨が降っていなかったようで、水量は少なかったようです。
地形図とトポで現在地確認。

P1120383.jpg

会長の身軽さにはビックリ!

P1120388.jpg

葛根田沢は棚状になっているところがたくさんありました。
右岸と左岸の間がとても深いところもあり、うっかりしていると岸に取り残されます。

P1120389.jpg

最初の藪こぎで時間をロスしたこともあり、だいぶ遅れ気味。。
でもここで少し長めの休憩、会長が持ってきてくれた流水麺でランチです。4人分をペロリ。
冷たくてとってもおいしかったです。麺とつゆ合わせて約1kg、会長ありがとうございました(^^;

IMG_4478.jpg

流水麺で元気になったら出発です。
もう13時近いのでがんばらないとキャンプ予定地まで着けません。。

P1120392.jpg

会長はあわよくば八瀬森まで抜けるつもりだったようですが、初心者2名はたぶん沢で泊まることになるだろうという予想。

P1120395.jpg

登れそうな滝はちょこっと登ったりして、ひたすら歩きます。

IMG_4482.jpg

P1120403.jpg

そしてようやく葛根田大滝!
写真だと分かりづらいですが、大きな滝でした。(2段15m)
ニッシーがまき道を偵察し、無事全員滝の上まで登りました。

P1120410.jpg

滝の上からのぞく会長。
押すなよ、押すなよ

IMG_4492.jpg

北ノ又沢出合まで行っておきたかったのですが、少し手前にキャンプ適地を発見。
今夜はここをお宿にします。

P1120417.jpg

焚き火の前でご飯を作ります。この日はスパム×ピーマン×きくらげ炒めと豆サラダ。
ご飯は1日2合ずつ炊きましたが、ちょっと足りなかったかな。。

IMG_4505.jpg

快適なキャンプ地で乾杯☆
翌朝のテント内の悲劇を知る由もなく、早めに就寝となりました。

IMG_4495.jpg

翌朝。
目を覚ますとテント内は蚊の楽園と化してました・・・。(テントのベンチレーションが全開だった)
わたしだけ顔や手を数十箇所刺されていました。。
会長とニッシーは人間の血が流れていないのだろうか・・・

朝は簡単に雑炊で済ませます。

P1120420.jpg

ニッシー、張り切ってます。

P1120423.jpg

朝6時に出発。
登れそうな滝の手前で早朝から腰まで水に浸かる。
この後、メンバーは次々にお腹を壊し、「腹くだしの滝」と名づけました。

P1120428.jpg

IMG_4507.jpg

しばらく行くとかなり大きな滝が。
ここの手前で支流を左に行かねばならないのに、見落としてしまいました。(かつてaoさんもここで間違えたようです)

P1120435.jpg

分岐まで戻ってしきりなおし。
ここを左に行きます。

IMG_4510.jpg

この後はわりと順調に登って行きました。
1日目と違って、高度をかせぐ感じになります。

P1120439.jpg

IMG_4516.jpg

お風呂みたいな穴(ポットホールというらしい)がいっぱいあって、とてもきれいです。

P1120446.jpg

ラスト15mの滝。
ニッシー途中まで登って偵察するも、ちょっと無理そうだったので巻くことにします。

P1120451.jpg

巻き道は危険な箇所もありました(滝の上をトラバースしたり)。
最後は藪こぎの末変なところに出てしまい、懸垂で下りることに。懸垂習っていてよかったです。。

ほんとうに大変なのはここからでした。(余裕がなくて写真はありませんが)
懸垂で下りたところから沢筋に戻るルートを取ればよかったのに、沢筋に戻らず早めに積め上がったがために、1時間半藪こぎするハメに。。
永遠に藪こぎするのかな、と思い始めた矢先・・・

P1120453.jpg

急に美しい湿原にポン!
ここは天国?死んだのかなと思いました。

P1120455.jpg

お花畑を歩きながら、会長「うーん、八瀬森はもう少し先かな。もう一回藪に入るかな」
時間は既に11時すぎ、この日も予定時間よりだいぶ遅れています(八瀬森山荘に10時前くらいに着くイメージでした)
また藪ですか・・・とどんよりしていると・・・?

IMG_4523.jpg

なんか見えた!

P1120458.jpg

幻かと思いましたが、11:20八瀬森山荘に無事到着です♪♪やったー♪
ここで沢装備から縦走装備に変えたり、お昼を食べたりして1時間ほど休憩を取りました。
八瀬森山荘は広くて快適。ここで初めて登山者(ペアルックのおじさん)2人に会いました。

IMG_4525.jpg

ここからこの日のお宿、大白森山荘までまだ3時間半かかります。
八瀬森山荘は水場ありとのことでしたが、雨が少なかったせいか、水溜りみたいな微妙な水場でした。。
沢で汲んでおけば良かったです。

P1120460.jpg

縦走路はとにかく暑かったです。。そして倒木あり、藪ありとかなり荒れていて、なかなかコースタイムどおりにも行きません。
午前中の沢で心身共にだいぶ疲れていましたが、縦走路から見えた美しい森の風景にだいぶ癒されました。

IMG_4529.jpg

P1120462.jpg

熱中症気味になりながらも、17:30なんとか大白森山荘に到着。
この避難小屋の内部の写真を撮り忘れましたが、1階に薪ストーブとベンチ、トイレがあり、2階が寝床になっていました。
とてもきれいに整備されており、夜は置いてある毛布をお借りしてグッスリ眠ることができました。

P1120469.jpg

3日目、田代平山荘を目指して出発です。
最初は荒れた登山道を行きますが、やがて湿原に出ます。

P1120470.jpg

さすがは会長のチョイスしたルート、お花畑ときれいな湿原に感動しました。

P1120473.jpg

IMG_4539.jpg

昨日の疲れを引きずりながらアップダウンを繰り返し、

P1120486.jpg

田代平付近です。
曇っていますがここも湿原になっていて、とてもきれいです。

田代平山荘で泊まる予定でしたが、ここでハプニング(?)
水場があると全員が思い込んでいたのですが、実は水場はありません。。
たまたま近くにいた地元の人に聞いたところ、沢筋に下りたところで汲めるかも、とのこと。
見に行ってみたものの、とても下りられそうなところではなかったので(クマの水飲み場らしい)、あきらめることに。。

P1120490.jpg

とりあえず空身で乳頭山に登り、この日は乳頭温泉に下山することにしました。

P1120506.jpg

東北の山は森の風景がとても美しいです。
秋田駒ヶ岳まで縦走したいと会長はねばっていましたが、翌日の天気も悪そうなのでまた今度ですね。

IMG_4554.jpg

なんだかんだ、この日も下山は16:30となりました。

IMG_4560.jpg

乳頭温泉は土曜日ということもあってどこも予約でいっぱい。
バスで少し行ったところにある休暇村乳頭温泉キャンプ場で泊まることとなりました。

P1120513.jpg

キャンプ場はきれいで快適に過ごせました(コインシャワーあり)
2日ぶりに広げた会長のテントが、わたしの血を吸った蚊の死骸でいっぱいだったこと以外は・・・。

P1120514.jpg

翌日は温泉に入って東京に帰りました。会長ご希望の混浴ではありませんでしたが・・・

今回、初めての泊まり沢・沢からの縦走ということで、心配性なわたしはだいぶ不安でしたが、会長のおかげでハプニングあり・冒険ありの楽しい山行となりました。反省点もいろいろ・・・。

同じ沢初心者なのにほぼリーダーだったニッシー、いろいろ相談させていただいたり道具を貸してくださったaoさん、ありがとうございました!

葛根田沢はうわさに違わず美しい沢で、また訪れたいと思いました。
来年も行きましょうね♪

(by kyoko)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

冒険王、会長!
藪フェチの会長を先行させてはいけない事がわかりました(笑)
きっと労山事務局も待ち望んでいただろう、ブログアップ、ありがとう!
ao | URL | 2018/09/01/Sat 19:17 [EDIT]
90分の藪漕ぎって・・・
きれいな湿原にでてよかったね~~(^o^)/
90分の藪漕ぎはきついわぁー!!
前回の例会で聞いていた山行報告が、映像でみれて面白かったです。
なんだかんだ楽しそう♪ 会長との旅はやはりエキサイティングですね(^^)/
yasuyo | URL | 2018/09/01/Sat 20:18 [EDIT]
東北の山
東北の山は行ったことが無いのですが、人が少なそうで良さそうですね。
蚊は、何故か刺される人、刺されない人がいますよね…👍
gaku | URL | 2018/09/01/Sat 20:51 [EDIT]
うらやましい~
東北の沢は奥が深い!
今年は年頭に計画したバリがひとつも行けてない、行いの悪い私に比べ、沢数回めで行けるなんて~! 天気との相性も実力のうちか?!葛根田、いつか行けるだろうか…
imarin | URL | 2018/09/01/Sat 20:54 [EDIT]
会長の体力恐るべし
会長は年の離れた若い方と、同行しても平気なようで感服します。100歳は越えて元気な姿が想像されます。東北は山小屋がとても綺麗です。5年前に行った時は松川温泉に降りて温泉に浸かり盛岡にバスで帰りました。
kawa | URL | 2018/09/01/Sat 22:51 [EDIT]
血を吸うのはメスの蚊だけなのに、何故kyokoさんだけ襲われたのでしょうね(笑)
朝まで寝ていられたのが凄い‼
ken | URL | 2018/09/02/Sun 09:51 [EDIT]
何故、蚊にさされるか?
天才少年の研究結果では、足裏の常在菌量の個体差らいしいですよ~、
会長はほぼ毎日、家周辺で刺されているので(訪問した人は良く知ってる)、耐性があるのでしょう!
ニッシーは~?KYOUKOちゃんの意見で正解かな~(笑)
沢泊では、虫よけか香取線香は持参しましょう!
ao | URL | 2018/09/02/Sun 12:47 [EDIT]
足が
相当臭いってことですかね···!?

みなさまコメントありがとうございます。
aoさんと労山のためにアップしました(笑)

北ノ又沢にも行ってみたいな~!
みなさま、来年ぜひお付き合いください♪
KYOKO | URL | 2018/09/03/Mon 18:41 [EDIT]
素敵な景色!
素敵な景色ですね✨
薮漕ぎは大変そうですが、充実している感じが、写真からも伝わって来ます!
楽しそう🎵
しかし、蚊!!私もよく刺されるのですがなんとかいい方法があるといいのですが。。ハッカ油で、練り香水でも作るときくでしょうか。。。
おでん | URL | 2018/09/05/Wed 06:27 [EDIT]
蚊対策
天才少年によると足裏をウェットティッシュ(アルコール入り)で拭くと、少し良いらしいですよ~!
ao | URL | 2018/09/05/Wed 07:20 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ