FC2ブログ
10/2-5 槍・穂高縦走(前編)
縦走をし始め、この稜線を目の当たりにすると誰もが行ってみたくなるコースではないでしょうか。
今年は行くぞと決めてはいたものの、4日間連続した晴天を待って今まで引っ張ってしまいました。が、そろそろ小屋仕舞ともなる時期です。
台風一過の晴天を期待つつ、平日ど真ん中に休みを取って行くことに( ´ ▽ ` )

日程: 2018年10月2日(火)〜5日(金)
場所: 北アルプス/槍・穂高
ジャンル: 無雪期縦走
メンバー: nisshii, kyoko

工程:
1日目) 新穂高温泉 〜 滝谷出合 〜 槍平小屋(泊)
2日目) 〜 千丈乗越 〜 槍ヶ岳 〜 飛騨乗越 〜 南岳小屋(泊)
3日目) 〜 長谷川ピーク 〜 北穂高小屋 〜 北穂南峰 〜 涸沢岳 〜 奥穂高岳 〜 穂高岳山荘(泊)
4日目) 〜 ザイテングラード 〜 涸沢小屋 〜 横尾 〜 上高地BT


NIS20181002_0002.jpg

新穂高温泉より入山。初日は槍平までと、距離も短く高度も上げないので、のんびりと8:45の出発です。


NIS20181002_0003.jpg

林道をだらだらと歩き、滝谷出合まで。この日の核心w 渡渉地点を探します。
台風が去ってまる1日たっているので、増水しているというほどではありませんが、ここで引き返した方もいたようです。

NIS20181002_0004.jpg

渡った場所はこちら。定点カメラがあるところの少し上流です。 


NIS20181002_0006.jpg

出合のところを過ぎれば、すぐに小屋が見えてきます。風でなぎ倒された木々が多く、樹林帯は少々荒れ気味。

NIS20181002_0007.jpg

入り口に「小屋閉め直前SALE!」の張り紙がw

NIS20181002_0008.jpg

中はこんなで、ランプがいい感じです。電気だけどw

この日ここに泊ったのは我々含めて小屋5名、テント1組だったかと。さすが平日。
人気が少ないので、なんだが寒かったです(笑)

NIS20181002_0011.jpg

明けて2日目。この日は行動時間長めなので、5:30に行動開始。


NIS20181002_0012.jpg

左手、奥丸山が朝日を受け始めます。


NIS20181002_0013.jpg

天気が良いので、槍へのルートは千丈乗越に上がり西鎌尾根に合流。
ここまでの登りがややきつめですが、早く稜線に出るので双六や裏銀座方面がよく見渡せます。


NIS20181002_0016.jpg

穂先が近づいてきました。

NIS20181002_0018.jpg

9:00 AM。人もまばらなので、一気に山頂まで登ってしまいます。

NIS20181002_0019.jpg

NIS20181002_0021.jpg

誰も居ない山頂。贅沢です!!

NIS20181002_0022.jpg

NIS20181002_0023.jpg

ちゃっちい槍が置いてあったので、手に持ってみました。ただの矢印ですか。。

NIS20181002_0024.jpg

北鎌尾根!いつか登れるかしらねー

NIS20181002_0025.jpg

良い天気でしょ。しばしうっとりとしてみますが。。

NIS20181002_0026.jpg

今回はここがスタートみたいなもんなので、先を急ぐとします。

NIS20181002_0028.jpg

大喰岳まで来ました。なにげにここからの景色がすばらしい。

NIS20181002_0029.jpg

左手。常念はじめ、パノラマ銀座の稜線。

NIS20181002_0032.jpg

前方。これから向かう穂高連峰が見え始めます。

NIS20181002_0033.jpg

中岳まで来ました。

NIS20181002_0034.jpg

南岳までの稜線と穂高。

NIS20181002_0036.jpg

南岳山頂。

NIS20181002_0037.jpg

後方の槍ヶ岳も遠くなりました。

NIS20181002_0039.jpg

足下には本日のお宿。南岳小屋です。
槍からここまでは徐々に高度を下げるので、後半でもそれほどきつくないですね。

NIS20181002_0040.jpg

1:00 PM。小屋に到着。

NIS20181002_0042.jpg

中はこんな感じ。どこもキレイですねー
ちなみにこちら、小屋閉めSALEはやっておりませんでした。

NIS20181002_0043.jpg

時間がたっぷりあるので、小屋のまわりをウロウロしてみます。
獅子鼻展望台からキレットを見下ろすKyoko。

NIS20181002_0046.jpg

夕暮れのテン場から。

心配なのは翌日の天気。
3日目以降は崩れる予報もあったので、ここで下山しないといけないかもなとも。。


後編に続く
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

北穂滝谷
南岳からの北穂北面(滝谷)の画像って目にすることあまりないんですが、天気良く鮮明でいいですね。何回か通過してますが、いずれも天気悪いときで、本当はこんなふうに見えるんですね。「夏山」最後の日々でしょう、澄んだ空気の下、楽しかった、が伝わってきます。
maru | URL | 2018/10/08/Mon 22:18 [EDIT]
次回は?
北鎌からだな~!
ao | URL | 2018/10/09/Tue 11:21 [EDIT]
そうなんです!
楽しかったんですよー!!
北鎌も行きましょう〜♪
にしー | URL | 2018/10/09/Tue 22:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ