FC2ブログ
紅葉ど真ん中! 八幡平~岩手山の旅
岩手紅葉狩りの旅

■2018/10/13-14
往路:10/12 夜行バス(新宿→盛岡)
復路:10/14 新幹線(盛岡→東京)
10/13:一日目:八幡平 茶臼口から
10/14:二日目:岩手山 焼走り(やけはしり)登山口からピストン
■メンバー:sh,miya-chan,sumomo,taichi,うーさん(CL)

3月から半年にわたり山行計画のトップに鎮座していた、「秋の岩手紅葉狩りの旅」、やっと実行です。。

10/12 22:00 バスタ新宿4F待合室集合。
うーさんは早朝にバスタ内のロッカーにザックを預け、
シゴトと宴会をこなし、ほろ酔いでバスタへ。

金曜日22:00のバスタはごったがえし。
ひっきりなしにバスの出発アナウンスがあり、各地に旅立ちます。
待合エリア一角にコンビニがあり、アルコール飲料も売っていますが、待合エリア内での
飲酒は禁止。外に出れば飲めます。

22:50 バスタ発 翌6:10盛岡駅着
willer express リラックス4列シート  まずまず快適です。横幅は狭い。

6:10 定刻通り盛岡駅到着。空気が澄んでいます。北方に岩手山が堂々とした姿を見せます。
レンタカー屋があくまで時間があるので朝食を済ませます。

7:00 レンタカーでまずは八幡平に向かいます。一般道で一時間程度。
八幡平エリアにかかるといよいよ紅葉です。

山道を高度を上げ標高900-1,000mあたりが紅葉真っ盛りです。
とろとろ走っていると、後ろに大渋滞ができてました。すんまそん。

9:30 茶臼口登山口駐車場に車を停め、出発。
   眼下に広がる紅葉を愛でながら出発です。
PA130080.jpg
PA130085.jpg

一日目は八幡平までの約3時間ハイキング。
紅葉のトンネルを楽しんで、と思っていたら、紅葉終わってるし、眺望あんまりよくないしで
ちょっと単調な歩きが続きます。

と、トイレはまだか!と悶々とする頃に、どーんと八幡平に入りました!
おーみごと!大失言大湿原ですな。
PA130093.jpg
PA130094.jpg
PA130095.jpg

避難小屋に駆け込み、トイレを済ませ、いざ山頂。百名山だったんですね。
20181013115350_IMG_0057.jpg

12:50のバスで下ります。駐車場まで10分\250。

車に乗ってさらにくだり、御在所温泉あたりで真っ盛りの紅葉を堪能。
PA130104.jpg
PA130096.jpg
PA130098.jpg


途中、「八幡平ハイツ」で温泉。汗を流します。

この日は、岩手山の焼走り(やけばしり)登山口近くの国際交流村
キャビン村に泊まります。
途中で買い物を済ませ、いざキャビンへ。
二段ベッド・八人部屋・トイレ・キッチン・暖房・ふとん付き。快適です。
20181013164610_IMG_0078_2.jpg

ばんごはんはすきやきだー  sumomoねぇさん製。
20181013164556_IMG_0076.jpg

たまごはおひとり様二個! シメのうどんは四人で二玉。
うまい!

翌日は、標高差1,400m、コースタイム10時間をピストンした後に東京まで帰ります。
時間に余裕をもって、3時半起き、4時半行動開始の計画とします。
寝るか。トイレに。。。。
誰もいないハズのトイレに鍵がかかってます。おいおいおいおいおい
どうやら誰かがどうにかして鍵がかかってしまった模様。
たいちが、がちゃがちゃやりますが、だめです。
「すいません、トイレに鍵が」とフロントに電話を。
「10円玉でこうやってあーやって、、、」なんと、開きました!

「10円玉でトイレのカギを開ける方法」を知りたい方は、たいちさんまで。

翌朝予定通り3:30起床し、各自食事を済ませ、登山口に向かいます。車で2分。
満天の星空です。いいね!

4:40 真っ暗な中行動開始。
一時間ほど歩くとうっすらと明るくなってきました。
おーーーーーーーーーーーーーー
紅葉きれいではあーりませんか。
PA140109.jpg
PA140113.jpg

06:20 第二噴火口跡からは眺望良し!荘厳な朝ですね。
PA140116.jpg

しばらく歩くと樹林帯を抜け、富士山的な火山灰の上を歩きます。
ずりずりと足元が滑り歩きづらい。

08:15 ひーこら言いながら、平笠不動避難小屋(1,772m)に到着。
山頂付近 1,800から上でしょうか、ガスがかかっています。気温も下がっています。
小屋で補給をして休憩です。

さて、いざ山頂を目指します。
上空を雲が通り抜けます。どうでしょうか。
すれ違った人に聞くと「頂上めっちゃさぶー、眺望ナーシ」の情報。むむ

ほどなく外輪山の縁につきます。「めっちゃさぶー、眺望ナーシ」ながら、
動きの速い雲です。ふわっと明るくなったりします。
めげずに頂上に向かいます。
09:10 山頂キター。どんぴしゃのタイミングで雲が切れました。
PA140127.jpg
PA140128.jpg
PA140132.jpg


ブロッケン現象も。うつってないけど。
自分の目には、こんな感じでオーラが見えました。
まんなかに変な人
20181014091008_IMG_0114.jpg



お鉢巡り決行です。
一気にガスの中に突入し、風も強まります。
「さぶー」と言いながら、一めぐりし、そのまま避難小屋まで下ります。
10:05 避難小屋でゆっくりとランチを済ませます。
予定よりだいぶ早いので、下山後に風呂に入れそうです。

途中、登りには気づかなかった見事な紅葉に囲まれます。すばらしい。
PA140138.jpg
PA140144.jpg


登山口に近づくと、上からはっきり見えていた溶岩流の「ふち」を
歩きます。「焼走り溶岩流」というやつです。
特別天然記念物ですわ。不思議な光景です。
PA140150.jpg

13:00 登山口に戻ります

ゆっくり風呂に入り、ゆっくり盛岡駅に向かい、飯でも食うか。
焼肉か?冷麺か? 
悩んだ末に選んだ店は「大阪王将」。
なんでやねん。

初めての東北登山は楽しい仲間と見事な紅葉に恵まれました。
また行きましょう。

文責:うーさん
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Wonderful.
素晴らしい、信じられないぐらいな景色と良い山旅、いつか同じ行程で行ってみたいと、強く思いました。Great Job.
kawa | URL | 2018/10/23/Tue 11:32 [EDIT]
山スキー&スノーシュー
で行こうよ~
imarin | URL | 2018/10/27/Sat 08:05 [EDIT]
確かに、鎮座してましたね
来年も行きましょう〜よ〜〜、美味しそうな紅葉と温泉とお酒
kiku | URL | 2018/10/29/Mon 23:35 [EDIT]
焼走り熔岩流
焼走り熔岩流、超興味あります~
ブロッケン現象もみていい山行でしたね-!
ちなみに、山行あとの餃子は焼肉とおんなじくらい美味しいよね~~(^^)/
yasuyo | URL | 2018/11/03/Sat 09:37 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ