FC2ブログ
ようやく土曜日に高気圧が来ることになったので、赤岳に行ってきました。

3月2日(土)
ルート:
美濃戸口~美濃戸~南沢ルート~行者小屋~地蔵尾根~地蔵の頭~赤岳天望荘~赤岳山頂~文三郎尾根~行者小屋~赤岳鉱泉~北沢ルート~堰堤広場~美濃戸~美濃戸口

メンバー:gaku

去年の2月末に赤岳に行ったときは午後から天気が下り坂の予報だったので文三郎尾根の往復に変更したため、今年はやはり地蔵尾根を登ってみたかったので行ってみました。

美濃戸口から美濃戸までは、例年よりも雪も凍結箇所も少なかったですが、車で行くなら4WD+チェーンは必要だと思います。
また美濃戸から南沢ルートは全面凍結でしたので、チェーンスパイクがおすすめです。
DSCN9986_convert_20190305212329.jpg

登っていくと南沢大滝への分岐あたりから雪が予想以上に積もっていました。
DSCN9990_convert_20190305212430.jpg

木曜日、東京は雨でしたが、八ヶ岳はまとまった雪になっていたようです。
DSCN9994_convert_20190305212652.jpg

高気圧がこのエリアのほぼ真上に来ているため、快晴で風もほとんどありませんでした。
DSCN9999_convert_20190305212625.jpg

行者小屋でアイゼン、ピッケルを準備。
これから向かう赤岳と、クライマーの人達。
DSCN0005_convert_20190305212750.jpg

最初の取り付きは手すりが出ていたため、楽でした。
雪は締まっていて、とても良くアイゼンが効きました。
DSCN0007_convert_20190305212828.jpg

この一か所だけ、アイゼンの前爪+ピックで登る必要がありましたが、傾斜も高さもそれほどではないため、問題なしです。
DSCN0011_convert_20190305212916.jpg

地蔵尾根を上から見た感じです。
DSCN0022_convert_20190305213002.jpg

横岳方面もトレースはありました。
DSCN0030_convert_20190305213207.jpg

中岳・阿弥陀岳方面も雪はしっかりついていました。
DSCN0040_convert_20190305213240.jpg

山頂前の最後の登りです。全体を通して雪質は素晴らしく、サクサクとしたアイゼンの感触を楽しみながら登れました。
DSCN0046_convert_20190305213322.jpg

山頂も-10℃でしたが、少し風が吹いている程度で暖かく感じました。
DSCN0059_convert_20190305213355.jpg

権現岳と南アルプス方面も、雪が積もったようです。
DSCN0061_convert_20190305213541.jpg

北アルプス方面。
ちょうど赤岳の主稜を登ってきたクライマーの人がいました。
DSCN0088_convert_20190305222132.jpg

下り始めも雪が積もっていましたが、南側のため雪が緩んでいてアイゼンがやや効きづらい雪質でした。
DSCN0096_convert_20190305213902.jpg

一日を通して、良い雰囲気です。
DSCN0117_convert_20190305214225.jpg

文三郎尾根も40cmくらいの積雪がありました。
DSCN0129_convert_20190305214323.jpg

赤岳主稜も数パーティが楽しんでいました。
DSCN0133_convert_20190305214432.jpg

階段は全て雪に埋まっていましたが、トレースがあるため歩きやすかったです。
DSCN0146_convert_20190305214510.jpg

行者小屋でアイゼン・ピッケルをしまって再びチェーンスパイクへ。
北沢コースも美濃戸まではかなり凍結しているため、滑り止めは外さないほうが良いと思います。
DSCN0164_convert_20190305214627.jpg

良い天気を待った甲斐があるとても素晴らしい一日に恵まれました。
またこの木曜日の降雪+金・土曜日の放射冷却=良い雪質というパターンも良い勉強になりました。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

晴れ男
天気の読みが何時も良いですね~!


ao | URL | 2019/03/07/Thu 11:41 [EDIT]
ほんと
すごいですよね~。
今度、気象の勉強会をお願いしたいですね~♪
full | URL | 2019/03/07/Thu 12:19 [EDIT]
aoさんへ
特別なことはせずに、高気圧が来たら山に行っているだけですね…
gaku | URL | 2019/03/07/Thu 19:36 [EDIT]
fullさんへ
僕が知っているのは
①だいたい2500mの標高までは、ふもとの街の天気予報とおおむね同じ。
②それ以上の標高の山は冬は高気圧が山の上に来た日と、次の日(高気圧の速度による)以外はきちんと晴れない。
というだけなので、とても講師なんて出来ないですよ…
多分、高層天気図とかが読めれば、もっときちんとした知見があると思います。
gaku | URL | 2019/03/07/Thu 19:43 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈