FC2ブログ
おとなの雪遊び
ぼーっと雪遊びしてんじゃねーよ、チコちゃんに叱られそうですが、
いい歳こいたおとな8人で行ってきました。

恒例高齢のイグルー山行
■メンバー:ao,maru(CL),miya,kitchan,imarin,nisshi,kyoko,うーさん(記)
■日程  :2019年3月9日~3月10日
■行程  :二居~二居峠~東谷山(泊)~日白山~二居

日白山(にっぱくさん)情報

早朝6時に新宿駅スバルビル(跡地)前集合。
スバルビルは取り壊されておりますです。
https://toshoken.com/news/13257

kitchanはスキーを担いで登場。このスキーが「軽い」か「重い」か・・・
神のみぞ知る。

快晴の下、新宿出発!首都高に乗り、一路関越道を目指せ!
・外環 渋滞です!
・関越 渋滞です!
google先生に聞け!という事でgoogle先生の難解な指示に従い、一般道を駆使し関越道東松山ICへ。
その後も高崎あたりでも渋滞にハマり。
ようやく湯沢を降り、二居の駐車場についたのが10時半。
ぼーっとせずにとっとと準備をして出発。

11:00
IMG_5896.jpg


どピーカン。日差しが強い。となると汗だくです。
何が悲しゅうて昼前に炎天下で雪の上を汗だくで歩いているのか・・・
あ、スキーをかついでいる、kitchan既にへろへろです。
IMG_5901.jpg

景色は抜群です。谷川ブルー。
IMG_5902.jpg
IMG_5919.jpg
IMG_5920.jpg


昼過ぎですから、ぼちぼち降りてくるパーティもいます。
「どちらまでですか?」
「泊まりです。仲間と、イグルーと雪洞で泊まります」
「おーーーーーーー、イグルーですか?去年もありました。立派なイグルー。あったよね、ね。」
「東谷山の手前のしょぼいやつでしたら、ぼくらです。日白山の向こうの立派なやつは別のひと」
「いやー、りっぱでしたよー、すごいなーって言ってたんです。
 お会いできるなんて感激だなー」
「いやー、ですかねー、むふふ(どや顔)」

そんなこんなで14:00 東谷山山頂直下の適地に到着。
昨年の設営場所と同じです。
IMG_5922.jpg

ぼーっとせずに、とっとと雪遊び開始。
イグルー班:ao班長,miyaさん,遅れてきたkitchan
雪洞班 :maru班長,imarin,nisshi,kyoko,うーさん

おさらい


2017年。 ao工務店による作品「バラックですが何か?」 
P3110114_convert_20170312215934_20190316103430f34.jpg

2018年。 maru設計事務所による作品「堆積物とわたし」 
P3170089s_20190316103431c85.jpg

さて今年のイグルー。
IMG_5931.jpg
IMG_5938.jpg
昨年の「とある人の立派なイグルー」を参考に、「石切場」を設定し
とにかく「きれいなブロック」を「削り出す」事にしたようです。
IMG_5943.jpg

おっさんたちがわーわーきゃーきゃーいいながらやってます。
ブロックだけでの屋根づくりを断念?し、人工物で「梁」をわたした模様。
IMG_5949.jpg

ブラックmaruさん「いかがなものか。昨年は雪ブロックのみの純正イグルーだった。人工物を使うのはいんちきイグルーではないのか!」
ao「技術革新と言ってほしい。」


途中、完成間近に、aoさんが外から壁を踏み抜くという状況もありましたが
なんとか完成。
IMG_5959.jpg


雪洞班
要件:5人が寝れて、8人で宴会ができる雪洞を掘れ。
IMG_5928.jpg
とりあえず2方向から掘り進めます。
IMG_5935.jpg
約一時間で貫通。
そこから奥に掘り進めて広さを確保します。
硬い半凍りの層もあり、苦戦します。
しゃがんだ状態で無心にスコップを繰り出します。
IMG_5947.jpg
「月が出た出た月がぁ出たぁ」炭坑夫の気分です。
「おらたちは、一生ここから出れないんだ、ほってもほっても雪なんだべさ。
おっかさーん元気かーい?」

汗だくで腰も痛み、足もつり始め、maruさんが灰になりかけた頃に、
「5人寝れるんじゃね?宴会もできんじゃね?」という程度のスペースを確保。
IMG_20190309_170825.jpg
IMG_5967.jpg

IMG_5962.jpg


うーさんimarinはとっとと自分のスペースを確保し、
勝手に飲み始めます。
maruさんは例によって「紳士のこだわり~わびさびの厠」の設営です。

イグルー班も合流し、宴会
乾き物、焼き物でちびちび飲みます。
恒例の鶏鍋。
IMG_5968.jpg
IMG_5969.jpg
IMG_5970.jpg


5:30起床
朝は「にゅうめん」するする入ります。
7:20行動開始。テントの撤収がないのでらくちんです。
二日目も、どピーカンの中、日白山に向かいます。あつー
P3100023.jpg
P3100024.jpg
IMG_5977.jpg
P3100031.jpg
P3100032.jpg
IMG_20190310_082557.jpg
IMG_5986.jpg
IMG_5988.jpg


山頂でスキーヤーと出会います。

今年は他には会いませんでしたが、トレースがしっかりついていたので、
土曜日 日帰りが多かったのでしょう。

maruさんから業務連絡です
3回の試行を経て、第一幕は終わりだ。
   次回より実践に入る!

とのことです。はい。
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

心が折れた!
最後の雪片一枚で天井も完成だったのに~、受け取る寸前に折れ落ち、連鎖崩壊発生!、宮様と二人、しばらく、立ち直れなかったな~(笑)
ザラメ雪とフカフカ雪の多重サンドウィッチ雪には参りました!
でも、新しい遊び(工作?)に挑戦するって、本当に楽しい~!
山友会は「山を遊び尽くす」を合言葉に、これからも楽しみましょう!
「少年M」が「ブラック」にいつの間にか成長した~?それとも正体を現しただけなのか?
ao | URL | 2019/03/17/Sun 08:30 [EDIT]
ぼーっと
雪を掘ったり運んだり···の繰り返しで、体がバキバキになりました。。(お前そんなに掘ってなかったじゃん、というツッコミもありますが)
あんなに準備して、予行演習?もしてたのに、イグルーって難しいんですね。
雪質とか天候、いろんな要素を考えながらあーでもないこーでもない、ってやるのが楽しいですね。
来年はイグルー班でチャレンジだ!
KYOKO | URL | 2019/03/17/Sun 09:49 [EDIT]
今回も、
ボーッと呑みに行きましたが、何か?
imarin | URL | 2019/03/17/Sun 21:14 [EDIT]
おつかれさま〜
うわー!今年もバラエティーにとんでますね〜。8人用寝床確保とは大変、後の酒肴が旨かったでしょうね♫
ブロック切り出し、今度こそ!
来年は行くぞ〜٩(^‿^)۶
yasuyo | URL | 2019/03/18/Mon 03:32 [EDIT]
白い畳
会HPトップのセンターにも採用された雪洞、一方の入り口から見た向こうの出口には、春の陽に向かい羽ばたき出でようかと銀マット、その側には、ここまで部屋を掃除し見送るようにスコップが、なんて”春一番が掃除したてのサッシの窓に・・・#♭”「微笑み返し」感じてしまうのは。画像すばらし。
イグルー、少なくとも本州・上越あたりでは「技術革新」流が正解と思います。
maru | URL | 2019/03/20/Wed 21:50 [EDIT]
↑キャンディーズのファンだったんかな。
まさか、南海ではないだろうから、3人のうち誰がお気に入り?スーちゃんあたりか?
imarin | URL | 2019/03/24/Sun 21:37 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈