FC2ブログ
11/9-10 三国峠越え
司馬遼太郎「峠」が2020年映画化予定らしい。
史実によると冒頭の雪の峠越えは碓氷峠とのこと。
それはさておき、全国あちこちに三国峠はあれど、真っ先に思い浮かべるのはここ、上州と
古志を結ぶ雪深き峠・・・

imarin単独
11/9  永井宿 9:10 - 三国峠 - 三国山 - 三角山 - 15:15 平標山の家 冬期小屋泊
11/10 平標山の家 6:15 - 平標山 - 松手尾根 - 10:30 二居

上毛高原駅からバスを乗り継ぎ永井宿へ。
何度もクルマで通り過ぎていますが、歩くのは初めて。街道ウォーカーの血が騒ぐ~
永井の集落は安倍頼時の家臣が拓いたとのこと、こんなところで「炎立つ」に出会うとは。

御本陣跡。公園になっています。
IMG_20191109_091758-COLLAGE.jpg

永井宿を過ぎてしばらく車道を歩き、旧三国街道へ。
やわらかな陽射しが赤や黄を透かし、落ち葉のにおい、土のにおいが。
幾多の往来を見つめてきたみちは、たどる者に語りかけてきます。

法師温泉からの道を合わせてからは、快適なみち。路傍の石仏は、何を見てきたのでしょう。
IMG_20191109_101258-COLLAGE.jpg

ゆるゆると高度を上げ、三国峠へ。
17号脇から上がってきたらしいハイカーの姿も。
IMG_20191109_120906.jpg

振り返ると、山肌を切るように通る17号。
反対側には、苗場スキー場。
今では想像もつかないかもですが、あちらにも幕末の歴史がひそんでいます。
IMG_20191109_122437-COLLAGE.jpg

三国山を上がり、快適な群馬県境トレイル!
今日幕営予定の平標山の家も見えてきました。
IMG_20191109_145236.jpg

平標山の家は先週で営業終了、2階の入り口から冬期小屋をうかがってみると、カワイイ女の子が一人いたので、
今日は小屋泊りにします(^^)
まだ水も出ているようで、水3Lとテントはムダな装備だったという・・・(^-^;

カワイ子ちゃんは私と逆コース、翌朝は5時出発とのこと。
こちらはほぼ下山のみ、ぐっすり寝てゆっくり支度をして外に出ると・・・
雪!!!
確かに予報では雲がかかっていたので、軽アイゼンとストックを持ってきて良かった(^-^;

まだ降ってます・・・
IMG_20191110_070229-COLLAGE.jpg

なーーーんにも見えないので、仙ノ倉は割愛、落ち葉にうすく積もった雪に何度となくコケながら、二居へ。
予定より1本早い各停で、帰京しましたとさ。


スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する

歴史と落ち葉の道
というような趣きですかね。"やわらかな陽射し、落ち葉のにおい"の旧三国街道から三国峠、ここから半日分登って平標へ、実に渋い。平標山の家、朝の雪、この時期であればこそでしょうし。
「ぐんま県境稜線トレイル」は谷川岳から三国峠を経て白砂山へ、稜線の長さ国内最長(約100km)、2018年8月完成、とありますね。気になる。
maru | URL | 2019/11/18/Mon 08:53 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 世田谷山友会会員ブログ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈