fc2ブログ

(志賀高原)岩菅山・鳥甲山

■日程:2020年9月19日(土)-9月21日(月)
◼️山域:(志賀高原)岩菅山、鳥甲山
◼️メンバー:imarin、u-san、maru
■行程
9/19(土)曇り・霧、JR長野駅からバスで志賀高原山の駅(乗継ぎ)発哺温泉
   -ゴンドラで高山植物園へ、11:00発~寺小屋峠~ノッキリ~岩菅山13:50(避難小屋泊)
9/20(日)曇り・霧、小屋06:15発~裏岩菅山~烏帽子岳~笠法師山~13:10切明 
   切明温泉にて休憩後(和山地区)「宿泊山房もっきりや」へ(泊)
9/21(月)曇り・雨・曇り、ムジナ平06:20発~10:20鳥甲山~13:10屋敷
   (デマンド)バス-見玉-(バス)-越後湯沢

 いずれの山もなかなか行く機会のないところ、また二山続けてとなると、アプローチ・下山後の準備がかなり手間いる。
 どちらも「200名山」とのことだが、数年前まで“破線”だった部分も通る今回の行程は、やはり歩く人は少なく道はかなり荒れている、というよりは踏み跡が固まらずステップが定まらないという感じか。(岩菅山)烏帽子岩の下り、(鳥甲)屋敷山鞍部からの下りは、傾斜強く、ところどころぬかるみ、かなり手強かった。
 3日間とも、概ね霧と小雨、“なだらかな尾根で素晴らしい展望”とはいかなかったが、岩菅~切明、南から北への鳥甲は、霧、小雨の中をもくもくと、足もとの秋の花、見上がれば紅葉、山宿のことなど、岩菅避難小屋、切明の山宿は話題尽きず、充実の山旅でした。(maru)

ゴンドラ終点「高山植物園」から歩き出す、冬はスキー場
1高山植物園

寺子屋峰を経由して岩菅山へ、霧となる
2寺子屋峰

秋の花やいろんな実
3花

岩菅山からわずかに眺める
10岩菅山

岩菅山頂 寺子屋峰方面
岩菅山頂(20200919)

頂上直下に避難小屋、向こうは焼額山
11岩菅山避難小屋

ストーブ、整備されています、ありがたいです
12岩菅避難小屋

裏岩菅山の方が高い、ここまでの日帰りがほとんどのようだ
13裏岩菅山

岩菅山からの長い縦走路
登山道整備作業の方に会う、登山者は我々だけか
14岩菅山縦走路1
15岩菅山縦走路2

切明への下りから大岩山を遠望、登山道はないようだ
下ると晴れるはよくあること
16鳥甲山(遠望)

川底からの熱水と川の水がうまく混じればよいが
17切明温泉

”来るなら来てみろ”宿「もっきりや」
18宿泊山房「もっきり」
19宿房の朝食

切明から鳥甲山への登り
20鳥甲山登り
雨の中の鳥甲山頂
21鳥甲山頂

鳥甲から下山、七転七起擦り傷付き
22鳥甲山下山
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いや~、

3年越しの岩鳥、なかなかでした(^-^;
下りの悪さはワースト1、イナバウアーに尻セードでボロボロ、擦りむいた?と思ったけど幸いどこもケガせず。
こういうハンパ?なヤマのほうが難易度高くて面白かったです。
憧れの鳥甲、切れ落ちた登山道を楽しめなかったのでリベンジしたいと思う一方、あの下りは躊躇するなぁ・・・

渋いですね~

もっきりやでの無礼講宴会の写真が欲しかったな~(笑)
まるさんに四の字固めを極めるimarinさん、ギブアップか聞くうーさん、みたいな(笑)

秋ですね

お天気はアレでしたが雲に見えかくれする稜線がきれいですね~。お宿も渋い。
「鳥」が付く山だけに気になる···
またご一緒してください!

No title

とりかぶと山とは、またまた秘境シリーズのいい山をねらいましたね。
先を越された。行く夏を惜しみ、厳しい冬の到来をまえに贅沢な
山村でのいととき。sh
世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード