fc2ブログ

沢(下ノ沢遡行)からの会津駒ケ岳

メンバー:サワラビ篠原会長、ao
日程:9月29日

28日:夜発~尾瀬桧枝岐道の駅仮眠
29日:竜ノ門駐車場6:15~源六郎沢出合8;30~登山道13:30~会津駒ヶ岳14:00~駐車場16:00

何時かは、天気の良い時に沢から会津駒ケ岳の頂上を踏みたいと思っていました。東北の入門編と言われる沢ですが、関東の優しい沢ばかり行っていた、たるんだ身には、なかなか厳しい遡行となりました。沢は3つのゴルジェから構成されており、前半2つのゴルジェは、滝も少なく、巻も割と簡単で、やたらゴーロ歩きが長く感じます。ただ、ゴーロ歩きはピョンピョン行ける感じではなく、何気に滑りと大きめな岩で慎重に行くゴーロでした。核心の滝が連続する第3ゴルジェですが、登れない滝を巻きに入いると、曲り竹の密藪で沢と平行に巻けず、ついつい直上させられ大高巻してしまいます。結果ほとんどの滝を巻いてしまいました、沢に復帰出来たのは、奥の二俣手前と、お粗末な結果です。「巻は小さく巻け」って言いますが、ゴルジェ帯での沢復帰は難しいです!
水を追いかけ沢型を詰め、20分ほど藪漕ぎし、登山道手前の池塘に飛び出ますが、稜線の草紅葉と紅葉が綺麗で苦労報がわれました。

10・肴サ拈convert_20201003160516



I・托シ抵ス肴サ・_convert_20201003160733





8・浩convert_20201003160706



IMG00016_convert_20201003160911.jpg



IMG00017_convert_20201003160932.jpg



IMG00018_convert_20201003160947.jpg



IMG00019_convert_20201003161001.jpg


IMG00022_convert_20201003161026.jpg



IMG00024_HDR_convert_20201003161042.jpg



IMG00027_convert_20201003161102.jpg



IMG00029_convert_20201003161122.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

鉄人コンビ

駒登山口からの登山道の東側に沿う駒の小屋へ突き上げる沢ですね。
もう水も冷たかったでしょうに、ササは深いですね、
お二人計で1××歳とか、さすが鉄人コンビ。
「巻きは小さく」っても、それができりゃあ、ってことでしょうが。
草紅葉、紅葉で、これが今年の「草鞋おさめ」だったでしょうか。

いいですね♪

桧枝岐にはよさげな沢がたくさんあるので、行ってみたいです。
ついでに、五十嵐さんちで、おいしいごはんをいただきたい(^^)
どなたか冬の大嵐山、行きませんか。

秋の会駒

会津駒ヶ岳は好きな山で何度か登ってますが、こんなステキな沢があるんですね。
お二人すごいな~、いいな~、いつか行ってみたい···(^^;

No title

大きな滝ですね~、水量もありそうで!
藪漕ぎもおふたりはへっちゃらなんでしょうね。
しのさん、いつかまたご一緒したいです。(^^)
世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード