fc2ブログ

不帰ノ嶮(かえらずのけん)

2020年9月22日(祝日)
メンバー akiko, yone, 他2名(ガイドさん含む)

不帰ノ嶮(かえらずのけん)という、北アルプスの白馬岳と唐松岳の間にあるキレットを歩いてきました。
キレットは Ⅰ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰の3つの峰から成っており、Ⅰ峰とⅡ峰の間が最も危険だそうです。ここを登りで行くか、下りで行くか、でルートが変わるのですが、今回はより安全な、危険個所を「登る」白馬から唐松へ抜けるルートを、ガイドさん付きで歩いてきました。

連休を堪能するということで、
19日(土曜日)蓮華温泉泊 (移動日)
20日(日曜日)白馬大池山荘泊 (歩行時間約3時間)
21日(月曜日)天狗山荘泊、ガイドさんと合流 (歩行時間約6時間半)
22日(火曜日)天狗山荘-不帰ノ嶮-唐松岳-八方スキー場 (歩行時間約8時間半)
という、ゆったりした日程での縦走を楽しんできました。

5時半頃、夜明け。
image0 (5)

image1 (3)


朝6時過ぎ、天狗山荘を出発。
快晴。劔がドーンと見えている~~。
image0 (7)


まずは「天狗の大下り」 ザラ砂の急斜面を気を付けながら下りる。
途中、長いクサリ場もある。
滑って転ぶと面倒なことになりそうで、下りは気が抜けない。
image16.jpeg

image3 (4)

image15.jpeg


さぁ、ここからⅠ峰を登ります。
先に上っている2人組のうちの1人が怖がっていてなかなか進まない。
怖がったらますます怖くなって身体がすくむから、ここはもう肝をすえて進むしかない。
image1 (5)


Ⅰ峰はトラバースから始まります・・・。
image9.jpeg

image8 (1)


Ⅰ峰を登りきるとⅡ峰がドーンとそびえたつ。
image7 (2)


Ⅰ峰からⅡ峰の間には、クサリ場がいっぱい。
下が見えててちょっとグラグラする梯子も渡ります。怖くない、怖くない。
image0 (10)

image5 (2)


確かに下るより登る方が気が楽かも。
image10.jpeg

image12.jpeg

image4 (1)

image2 (3)


Ⅱ峰からⅢ峰の間のハイライトはちょっとだけハングした壁をつたって登ります。
体重移動しながら慎重に。
image3 (2)


Ⅲ峰からは唐松岳目指して気持ちのいい稜線です。
image2 (6)


唐松岳、はい、到着~~。
image0 (8)


おまけ。
蓮華温泉はとても風情ある露天風呂が4つもあって楽しいところでしたよ~~。
image3 (3)

image2 (4)

image4 (2)

image5 (3)








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

天気、スリル、最高!

不帰から帰って来ました~!天気の良い時に最高の縦走でした~!
結局フリーソロでの一般道が一番怖いって事ですかね~?

フリーソロ?

ではないんでない?
あてにならないビレイの方が、よっぽど恐い。
支点がしっかりしてるから、不帰ノ嶮は程々の緊張感があって楽しいよね~♪

No title

私の知人もさんざんクライミングするくせに、表ミョーギとかいやがります。
ロープなしで行くのはコワイそうな。高いところが好きな人は問題ないのですが(^_^;)
それにしても、これだけゆったりスケジュールで行けるなんて、うらやましい!

勇気はなまる

「天狗の大下り」勇気いるね!!ザレの下り怖そう・・・。
でも唐松岳への稜線きもちよさそーーー
標高の高いところの温泉、はいりたいなぁ~🎵

クライミングと違って…

ロープの確保がないだけでなく、
ザックも邪魔だし、靴も重いから、身軽さが全然違いますよね。
グレートとしては5.6くらいかと思いますが、高度感と不安感がスリリングで楽しかったです!
あと、ザレの下りは怖かったです…。この長いザレの下りでの怪我がけっこう多いらしいです。
世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード