fc2ブログ

伝説ふたたび。 秘湯赤湯 山菜山行

『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』

この問いに、ここまでシンプルに答えたものがいるだろうか。

『おいらtommy。
狛江から来て、赤湯まで、山菜採りに行くんだお。』

DSC_1190.jpg
ですね。

むかーしむかし、
さんゆうかいのじーさんばーさんたちが、
やまおくに山菜を採りに行ったそうな。
奥へ奥へと入ると、ひなびた温泉宿があり、
採った山菜をてんぷらにして食らったあげくに
露天風呂だ混浴だ、とそれはもう大騒ぎ。だったそうな。

世田谷山友会に伝わるそんな「伝説」を
「令和の時代に再現するのだ」と編成された探検隊。

いろいろあって、当日を迎えたのは9名

■メンバー:kitchan リーダ
tommy,ao,nissy&kyoko,imarin,yukichi,chiho,うーさん
■日程:2022年5月21日~22日
■行程:苗場の林道~赤湯温泉山口館 往復


苗場近辺某所の林道付近某所にてtommyの山菜教室。
P5210070.jpg
DSC_0109.jpg

「tommyさん、これはいいやつ?悪いやつ?」
「食べればわかる」
いやいや、食べる前にわかりませんかね・・・

コシアブラ発見。
とりつくtommy
HORIZON_0002_BURST20220521094835106.jpg

群がるハンターたち。
HORIZON_0001_BURST20220521094707057_COVER.jpg
DSC_1187.jpg

あーだこーだと言いながら、なんだかんだでかなりの収穫。
山菜

収穫に満足し、赤湯に向かいます。
P5210075.jpg

荒れた林道を経て、急な山道を越え、2時間半。
P5210078.jpg
P5210080.jpg
P5210079.jpg
61FA2852-82BF-4376-8D56-D5A37778C481-10497-0000029E3936B8D8.jpg
8F201BC3-2609-4017-8B70-67D915A57D32-10497-0000029EFBC4ECCA.jpg


赤湯温泉 山口館
52B7256F-40A3-42D5-B9C3-916E6673761D-10497-000002BBE9640892.jpg
HORIZON_0002_BURST20220521140647023.jpg
0D49B8DF-1C3D-4CF5-BAD0-8A37A8CF2522-10497-000002BC80F25CFB.jpg

http://akayunaebasan.sakura.ne.jp/
*****ホームページから抜粋*****
越後湯沢の山奥、赤湯温泉は明治30年に開湯されました。
古くは湯治場であったそうで、新潟県小千谷真人村の福原彦三郎氏が経営を始め、その後御親戚の田中壮平氏、山口千代松(上左写真/中央 白髭の人物)と経営が移り現在に至ります。
山口館は苗場山登山道半ばの山小屋として営業しております。清津川の最上流部に位置し、その河原に現在三カ所の泉質の違う野天風呂があります。

赤湯へは現在の車止めからは歩いて林道四十五分、登山道一時間半の行程です。
この登山道は鷹ノ巣峠と呼ばれる古くから歩き継がれた峠道です。

雨具、着替え、ヘッドライト等登山の用意と、体調、天候、時間の確認をしっかり判断の上いらして下さい。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

*************

新館の2部屋を割り当てられました。
他には12名の若めの団体。

天気がよければ河原でバーベキューですが、
あいにくの雨。
軒先で火を焚いても良い、と言っていただけたので
早速始めます。
IMG_0124.jpg

いつもながら、でるわでるわ。酒池肉林。
DSC_1206.jpg
P5210084.jpg
P5210088.jpg

山菜は天ぷらに
P5210096.jpg
P5210098.jpg

aoさんの古希お祝いも。
2022_0521_16170100.jpg

ひとしきりのみくいのあとは露天風呂。
P5210106.jpg
IMG_2938.jpg
IMG_2939.jpg

河原の解放感
適度な湯温で、出られない。
2022_0522_04280000.jpg
P5210107.jpg





朝になるとまた始まる・・・
DSC_1210.jpg

朝からかきあげ

DSC_1212.jpg
からの温泉
IMG_0717.jpg


堪能しつくして、山口館を後にします。
2022_0522_08462900.jpg
2022_0522_08560800.jpg
3D88289D-CC43-47B6-9340-8A05A09178C3-10497-000002D269BD1706.jpg


駐車場に戻り、片づけを始めてるのに
「あ、あ、あ、あそこの崖の下に、う、、う、うど! うど!」
おちつけtommy
IMG_0728.jpg


「しょうがねぇなぁ」と楽しそうにロープを出すaoさん。
IMG_2956.jpg
IMG_2958.jpg


うれしいtommyとやれやれのaoさん
IMG_2961.jpg


新たな伝説を残して、今日はこんくらいでかんべんしといたるか。

文責:うーさん


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

山菜、バンザイ☆

山菜と温泉をしこたま堪能し、充実した2日間でした。ありがとうございました!
恥ずかしげに胸元を隠すtommyさんのお姿がいじらしい···
コシアブラ美味しかったな~

何故にサバ?

傑作、傑作。
笑わせていただきました。

全て最高だ!

楽しかったですね!
美味しかったですね!
癒されましたね!
お疲れさまでした。

山菜の目

面白かった〜
コシアブラ美味しかったなあ
昨日の低山で気づけば山菜の目で周囲を見ていました(°▽°)

食べ専

なので、来年はもう、忘れてると思います(^-^;
トミーさん、末永くご指導くださいませm(__)m

更なる伝説へ

再びの伝説は規模も内容も大きく奥深いものだったようですね。
山菜の天ぷら、露店の風呂、味わいありますね。かりっと上げては旨いが、適度の温度で上がれない違いが雰囲気出ていておもしろいです。世田谷のゴーギャン達よ、次の伝説作りへ向かえ。
aoさん、「古希」おめでとうございます。これからが「山」は面白いんじゃい、そう仰ってる表情いいですね。この”アオダケ”の手ぬぐいは、お手製ですねきっと、素晴らしい。

青竹かあおだけ(きのこっぽい)?

そうです、ゆきち君のオリジナル作品です。
山人生の節目を祝ってもらって、うれしいやら照れくさいやらで、お酒が進んでしまいました。
来年も是非山菜ツアー(露天風呂付)を企画して欲しいものです。
今回、ナオさんや言い出しっぺのFULLちゃんが居なかったのが
少し心残りでした。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
世田谷山友会のプロフィール

世田谷山友会会員

Author:世田谷山友会会員
東京都下北沢を拠点に活動しています。個人の山行活動を応援し技術向上と安全で楽しい山ライフを目指しています。

最新記事
最新コメント
過去記事はこちら
カテゴリ
記事検索
リンク
当ブログのQRコード
QRコード